MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
07/17 2009
 日経が、月曜日朝刊の一面トップでスクープ扱いとして最終版のみに突っ込んだ、サントリーとキリンの統合交渉(最終版でないと他社に漏れるため)。他社はもちろん都議選の結果が一面トップなわけだけど。

 最初は、「飛ばしかな」と思った。記事を読むと「少人数の統合検討チームに指示した」程度の話しかなく、具体的な話がなにも書いてないし、統合の検討くらいいつも裏でやってるものだから。産業部の食品担当記者の焦りが見えるようだった。

 ところが、翌日にはサントリーの社長がちゃんとしゃべってくれたおかげで他社も追いかけたから、これはもしかしたら社長賞じゃないかな。悪くても編集局長賞。

 こういう「放っておいてもいずれ発表されるニュース」を、発表される前に、かつ他社より先に、記事にする、というのが日経記者の「社内でもっとも評価される仕事」です。東京銀行と三菱銀行が合併します、普天間基地返還へ、も社長賞。

 こんなスクープをいくら報じても、社会は何もよくならない。一ミリも前進しない。こんなのはジャーナリストの仕事ではない。自分がやらないと埋もれてしまう話を調査報道するのがジャーナリストの仕事である。だから、MyNewsJapanが載せている記事はすべて調査報道。それしかやらない。

 それでも、マスコミのサラリーマン記者たちは、毎日毎日、社内的な評価を勝ち取って部長にのしあがるために、そして地方支局に飛ばされないようにするために、サントリーとキリンの役員宅の前で役員のお帰りを待って、「社長から統合交渉についての報告を受けましたか」とぶつけ、反応を見る。この土日に最終確認のために両社担当の記者が走り回った様子が目に見えるようだ。

 私にはこの仕事はできない。意味がない仕事だから。「日本投資家新聞」に就職したのなら諦めるしかないが、社長はジャーナリズムだとか言っているわけでね。日経に残っていたら、こういう合併話を、キャップとして責任ある立場でやらされてる年次だから、精神障害を起こして廃人になっていたかもしれない。

 ようは、既存の新聞社というのは、株価が動くインサイダー情報をとるために膨大な手間ヒマをかけているわけだ。ホント、くだらない。株情報屋さんに成り下がっている。堂々と人に言えるような仕事じゃない。そんなことしてて、何か、やりがいあんのかねぇ。

■誰も幸せにしない統合
 ところで統合の件ですが、サントリーとキリンは全くカルチャーが違うから、絶対うまくいかないと思う。サントリーは、非上場で独自の魅力的なカルチャーを持っているのに、その強みがなくなるのは本当にもったいない。

 官僚機構みたいなガチガチのキリンと、やんちゃで「やってみなはれ」の自由な社風を持つサントリーは水と油です。足して2で割ったら、それぞれの強みが消えて普通のつまらない会社になるだけ。日立とかNECとか丸紅みたいな「一通り何でもあるけど無難で特徴がない」幕の内弁当みたいな会社になるか、いつまでも統合できず内部分裂が続くか。社員にとっては、どっちもハッピーではない。

 投資家にとっては、生産・流通・営業・販売などの統合を強引にやればコストメリットがあるから短期的には利益が増えるが、市場は競争が減っていいものが生まれなくなるから、中期的に縮小すると思う。

 消費者にとっては、競争がなくなって、似たようなブランドは統合されて商品の選択肢が減るわけだから、得な話はひとつもないです。3社のうちで圧倒的なシェアを握った段階で値上げもしやすくなるだろうし。朝毎読の新聞3社みたいに、証拠を残さないで闇カルテルも結ぶだろうし。

 公取はこの統合を認めてはいけない。ビールは税金が高いため規模の経済が必要で、今後の新規参入がほぼ不可能な市場だから、統合を認めたら、企業を怠けさせるだけです。

サントリー
キリン

 
02:31 07/17 2009 | 固定リンク | コメント(2) | アクセス数(1014)


07/14 2009
 都議選の民主大勝は予想どおりだったが、驚くべきは、政権与党の公明党が公認23人全員が当選してしまい、解散前より1議席伸ばしたことだ。「麻生政権への逆風」で自民が大敗したのは間違いないにもかかわらず、同じ麻生政権を構成している公明党は、逆に議席を伸ばした。これは予想外だ。この意味するところは大きい。

 つまり、公明党の支持者は、どのような政治をされようが、その成果に関係なく、とにかく公明党の候補者に機械的に投票するのだ。これは、政治の成果ではなく、宗教的理由で投票していることを証明している。まるで政教一致のイスラム国家である。

 これは、自由投票式議会制民主主義の欠陥である。投票するか否かが自由だから、今回の都議選は高めでも投票率54%。40%台が当り前だ。つまり一般の有権者は2人に1人しか投票しない。だが、創価学会信者は全員投票にいって公明党に入れるから、一票の重みで考えれば、事実上1人2票持っていることになる。

 この弊害を解消するためには、たとえばオーストラリアのように、投票を義務化すればよい。無宗教の人たちも必ず投票する制度にすれば、特定宗教団体の弊害も薄まる。とにかく公明党の組織票問題は放置しておくべきではない。「幸福の科学」の幸福実現党みたいな政教一致の動きが加速してしまう。

 なお、今回、民主が勝った一因は、鳩山由起夫党首の献金問題についてマスコミがあまり報じなかったことも影響していると思う。鳩山は個人資産を政治団体に回すことで、相続税を脱税できる。上杉隆氏が指摘しているように、政治団体は相続税を払わなくてよい制度になっているからだ。そのあたり全く指摘しないのは、マスコミも政権交代を望んでいるということだろうか。

 
03:48 07/14 2009 | 固定リンク | コメント(3) | アクセス数(602)


07/12 2009
 新しい街歩きはエキサイティングだ。iphone片手に探検する。例によって歩き過ぎてしまった。両足裏のマメが痛いので休養日を作り、記事執筆の傍ら出張用PCのitunesで音楽を聞こうとしたら、なんと再生できないことが分かった。

 自宅のPC経由でアップルストアで買って、出張用PCにコピーしてきた服部克久の「自由の大地」や「自然紀行」が、認証が通らないとかで聞けないのである。エラーメッセージは「5台以上のコンピュータを認証することはできません」と出る。そもそも私は2台しか持っていないのだから、この理由はありえないのだが。

 そこでアップルに質問をしようとしても、受け付けるメルアドがない。これがまずネット企業として致命的だ。客をカネヅルとしか見ていない。サイトで調べると、日本国外では使ってはいけないことになっているのが原因らしい(にもかかわらずエラーメッセージではそう表示されないから客を混乱させている)。

販売規約
日本国内のみの販売
iTunes Storeからのお客様によるご購入は、日本国内のみで行われており、その他の地域では行っておりません。お客様は、提供地域外からサービスの使用、または使用の試みを行わないことに同意されたものとします。アイチューンズは、これが遵守されていることを確認する技術を使う場合があります。

http://www.apple.com/legal/itunes/jp/terms.html#SALES

 これには心底、ビックリだ。アップルってグローバルブランドだと思っていたが、1曲150円で正規に購入した客に対してこういう仕打ちをするとは。こうなると、「もう2度と買ってやらないよ」と心に誓うほかない。今後は、無料のライムワイヤーで徹底的に探すことにするよ。

 馬鹿な会社である。これは著作権者にとっても、音楽業界にとっても、アップルにとってもよくないことなのに、カネを真面目に払う人間を、より不便にすることによって、払う気を失わせるとは。

 結局、いま海外で聞けるのは、自分でCDからコピーした曲や無料でどこかからコピーしてきた曲だけになった。つまり、アップルの、この不便極まりない、グローバル化したユーザー行動を無視した自己満足な仕組みによって、結果的にユーザーの離反を招き、自ら音楽の無料化を進め、自らの首を絞めている構図であるが、この程度の簡単なロジックに気付かないのだろうか。

 5台までに制限するのはよい。それはまあ分かる。だが、国内でしか聴けないという条件は決定的だ。その規約を課された以上、海外で仕事をすることもある私は、もうアップルストアでは買うわけにはいかない。グローバルに移動する人は必然的に、アップルストアで曲を買わなくなっていくだろう。ジョブズって、もっと賢い経営者かと思っていたよ。

 
08:11 07/12 2009 | 固定リンク | コメント(0) | アクセス数(464)


07/09 2009
Tinyblogsimg_a20090709153730
ショッピングセンターの各入口にいちいちセキュリティーゲートがある
イスタンブルに来て2週間が経つ。昼間は街を歩き回り夜は読書と執筆・編集だ。テレビがないのもいい。風邪ぎみだった喉もよくなり、健康になった。海外に行くとよいのは、比較して日本を外から感じられるところだ。

■日本は平和だ
 予想外だったのはセキュリティーチェックの厳しさ。空港、ホテル、ショッピングセンターと、入口でいちいちセンサーを通さないといけない。地下鉄でも各駅の入口に1人立ってセンサーを持っている。このコストは莫大だ。

 調べてみると、トルコはつい1年前の7月、イスタンブール西部でゴミ箱に仕掛けられた2発の爆弾によって16人が死亡、100人以上が負傷した。多発するクルド人独立国家の樹立を目指す武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」によるテロと疑われている。2003年には、英国総領事館と英金融大手HSBCの事務所が自爆テロで爆破され、28人以上が亡くなった。

 このためだろうが、特に飛行機には最大限の注意が払われている。イスタンブルからチャナッカレというトロイ遺跡近くの街へ行くときは最悪だった。「電子機器には特に厳しい」などと言ってPCのカバーまで勝手に外しやがった。変換プラグを床に落とされ、キレそうになった。扱いが雑で、客だとは全く思っていない。犯人だと思ってチェックしやがる。いちいちベルトも外すが引っかかる。どうも自宅のカギが引っかかっていたようだ。両手を上げろ、動くな、と言われ犯人扱いだ。これが空港の入口と、出国時のチェックの2回もある。

 見ていると、メガネや小さいアクセサリーでも引っかかっている。そりゃ、確かに安全かもしれない、政府の威信にかけて飛行機だけは落としたくないのもわかる。だが、国をそんな危険な状態にして、旅行者を不快にさせるような国、2度と来るかよ、という感じである。911以降に米国に行った人もそう感じているはずだ。

 トルコはクルド人の移民に寛容だった。その結果だ、と言うこともできる。移民の受け入れは慎重であるべき、と改めて思った。

 これを見ると、日本でテロをやろうとしたら簡単そのもの、いつでもできることがよくわかる。新幹線でも国内線でも、駅でもホテルでも。それなのに起きないとは、日本はラッキーな国だ(政府が特段なにか手を打ってきた結果でもない)。

 
Tinyblogsimg_b20090709153730
アンカラがどうのこうのと表示されてつながらない
■言論規制
 テロと関係があるような気がするが、2か所のホテルで、無線LANからユーチューブにつながらなかった。有線LANでつながったホテルもある。画面表示は右記で、アンカラがどうのこうのと書いてるがトルコ語なのでよくわからない。日本でユーチューブを規制したらさすがに大変なことになるだろう。

Tinyblogsimg_c20090709155440
WiiFit。ソフトは日本並みの充実度。
■ソニーと任天堂
 ショッピングセンターを見てまわり、日本製が圧倒的に強いのはソニーと任天堂だ。ソニーはテレビ売り場でも目立っていたが、ゲームでも任天堂の次に強かった。任天堂Wiiは、ゲーム売り場を占有する勢い。トルコ人はNintendoが日本のメーカーだって知ってるのかな。

 約300店が入っている国内最大のショッピングセンターに行ったが、日本発の店はソニーだけで、欧米ブランドばかり。衣料品って世界ブランドが日本にはなかったんだ、と改めて思った。価格帯的に、同じ価格でもユニクロのほうが高品質っぽいので、十分勝てそうだが。やはり日本は、「ゲームと電化製品と車」の国なのだ。(といっても街中を走るのはルノーが一番多いようだ)

Tinyblogsimg_d20090709160106
日本では酒のつまみコーナーにあるような干しブドウや干し杏などがバラエティー豊かにおかずとして売られている。ヨーグルトをかけて食べる。朝食ビュッフェでは必ずある。
■日本食は健康だ
 羊肉は苦手なのでどうも馴染めない。この国は、脂っこいものや甘いものが多すぎる。魚はあまり食べないようで、スーパーでも売り場が小さい。貝類や甲殻類になると、ムール貝くらいしかみかけない。

 普段、米・餅・野菜・魚介類中心の私は正反対の環境におかれ、仕方がないのでパンとチーズとヨーグルトと果物でしのいでいる。この時期、スイカとメロンがおいしい。もっと魚介類を食べればあんなに太らないのに。

 特に、遊牧民出身のトルコ人は東方より小アジアに落ち着くまで混血を繰り返してきたため、顔立ちは整っているのに、30代以降の男女の肥満率はすごく、おばさんは全員巨体で歩くのも苦しそうだ。

 日本の基準だとスーパー美少女ぞろいなので、おまえら親子?と言いたくなる母娘連れが目立つ。男性だと30歳くらいから一様にはげてデブっている。日本食にしたらもっと健康な体型を維持できるのに、それでも彼らにとってはトルコ料理がおいしいのだろうか。和食のすばらしさを実感している。

 
16:18 07/09 2009 | 固定リンク | コメント(1) | アクセス数(887)



ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓