MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
12/14 2010
Tinyblogsimg_a20101213211659
 経営企画とかコンサルとかマーケティングとか、「仕組みを作る側」の仕事をしてる人が読むといろいろインスピレーションが沸いてくる本である。

 同じ出版社の名著『ロジカル・プレゼンテーション』みたいに架空のストーリー仕立てを多用するか、実際の過去に手掛けた事例をベースに(多少デフォルメしてもいいから)説明したほうが、分かりやすいと思った。

 少し概念的な話が多すぎて、腑に落ちないことが多かったからだ。その理由は、著者自身がしっかり説明してくれている。

 脳神経系では、「2つ以上の意味が重なりつながったとき」と「理解したとき」は本質的に区別できないのだ。(中略)シナプスに由来する特性として「つなぎを何度も使うとつながりが強くなる」ことが知られている。(中略)何度も情報のつながりを想起せざるを得ない「なるほどー」という場面を繰り返し経験していると、その情報を忘れなくなる。
 これは、まさに記憶や理解の本質だと思う。情報をつなぎ続けることが記憶に変わる。著者がそういうとおり、本書はストーリーや具体的事例が不足しているために、言わんとしてることが、具体的な我々の日々の生活や企業の経営課題と、イマイチつながらない。

◇ヤフー方式VSユニクロ方式
 実は、僕がなるほど、と一番思ったのは、著者がヤフーで働いていることについてだった。日本のヤフーという会社は、日本の検索&ポータル市場で独占的な地位にあるガリバー企業で、私が取材した限り、既存マスコミの裏部隊のような会社である。

Tinyblogsimg_b20101213211659
この図は分かりやすい。メモ入りは24枚。けっこう中身濃い本

 

 言ってみれば、ITの仮面を被った旧勢力。その競争力の源泉は、日本人の「習慣の奴隷」とでもいうべき性質にある。日本人は、一度慣れてしまったヤフーのトップページから離れられない.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。
Tinyblogsimg_c20101213211659
僕はいつも書き込みながら本を読んでるから、自由にデッサンできないといけない。よって電子書籍は、サブの保存用くらいにしかならない。

 
10:18 12/14 2010 | 固定リンク | コメント(0) | アクセス数(1088)


12/03 2010
Tinyblogsimg_a20101129184206
 自ら「自分は社会企業家だ」と名乗るような人は、ダメな奴である。経営者としてのスキルアップを怠り、自ら負けを認めているようなものだからだ。

 好きなことやってるんだから貧乏で当然だろ、みんなリスペクトしろよ、おれはあくせく稼がないよ、ラクだもんね、社会的意義があるんだからいいんだよ--どうしても、そういう胡散臭さが漂う。一言でいえば「逃げ」だ。

 以下、詳細に説明しよう。

 私は、いわゆる「社会企業家」や「社会貢献志向」について、『やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!』(光文社)という本のなかで、個人のキャリア形成の視点から、実現に向けた方法論を述べている(右記図参照)。

 どんなにやりたいことがあっても、経営という「修行」なくして、いきなり学生から突き進んだところで、労多くして実少なしだ、ということである。そこで、ビジネスモデル構築力と実現したい夢との、複線型キャリアパスを提示した。

■自己満足の世界に逃げるな
 まず、若者の社会貢献志向については、右肩上がりの時代の終焉と経済の成熟で説明できる。現在20歳の人は、右肩上がりの時代をまったく知らず、モノやカネが満たされた成熟社会しか知らない。

 そのなかで次に人間が求めるのは、マズローの欲求段階説のとおり、「自己実現の欲求」であり、それが企業への所属や昇進といった外部から与えられるものではなく、個人の内発的な動機を満たす社会貢献志向へと向かっているわけである。

 このようにして若者の「社会貢献」志向が強まると、サラリーマンにならず、アントレプレナーにもならず、自己満足的な社会貢献の世界にいきなり入る人が増える。それが近年の現象である。

Tinyblogsimg_b20101129184448
仕事のやりがいと報酬のトレードオフ曲線

 

 

■社会貢献とカネ儲けのトレードオフ
 ところが、社会貢献度が高い公共性の高い仕事は、そもそも軌道に乗せるのが難しい。本来なら政府や自治体が行うべき儲からない仕事を、ビジネスとしてやろうというのだから、儲かるわけがない。通常以上の経営力が必須となる。

 儲からなければ再投資できないから、事業は拡大しない。収入が低いから貧乏になる。「貧すれば鈍する」で負の連鎖にはまり、本来の目的も果たせなくなる。右図でいうと、右下である。

 逆に、公共性の低い仕事は儲かりやすい。最近のグリーやモバゲーを見ているとよくわかる。CMで「無料です」と言って貧乏人をケータイゲームに引き込み、ゲームに熱中させてアイテムを買わせ、ケータイ料金と一緒に請求して、カネを巻き上げる。どちらも、もともとゲーム会社ではなかったが、理念などそっちのけで儲ける方向にシフトした。右図でいうと、左上である。

 このように、社会貢献度の高さと報酬は反比例する。
 左上にいる人たちは、右下の人たちが「社会企業家」だと持ち上げられるのが面白くない。

 『週刊東洋経済』(2009年12月14日発売号)の特集「30才の逆襲」でも若者の社会企業家志向について議論され、サイバーエージェントの藤田晋社長がインタビューに答えて、「社会企業家は逃げてるように見える」と問題提起していた。

 堀江貴文氏もライブドア社長当時、「人をたくさん雇って納税しているだけで十分、社会に貢献している」と繰り返し述べていた。

 僕がよく着ている「GAP」のシャツはバングラデシュ製だし、ユニクロもグラミン銀行と合弁で、バングラデシュで現地向け低価格衣料の製造販売と雇用拡大を進めると発表した。やっていることはマザーハウスと変わりない。雇用拡大のインパクトはむしろ大資本のほうが大きいし、マザーハウスの商品は高すぎて現地の人は買えない。

 だから、マザーハウスの山口氏が「社会起業家」の『社会』という言葉に違和感を示すのは当然だ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

asahi.com『ウェブ論座』にも出した)

 
02:05 12/03 2010 | 固定リンク | コメント(0) | アクセス数(1470)



ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓