MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
01/03 2011
Tinyblogsimg_a20110103145736
渋谷のブックファースト
 年末に渋谷の本屋を徘徊したところ、10月に出した本が、最大手の紀伊国屋で売り切れ。マークシティの啓文堂でも売り切れ。ブックファーストは前の本がずいぶん売れたから担当者が分かっていたとみえ、まだヒラ積みだった。これは例外。

 たった2ヶ月余りで綺麗さっぱり、リアル本屋からはなくなるんだな、と実感した。ほかの六本木周辺の本屋3店ほども定点観測しているが、同時発売の『ちくま新書』5作品のうち、売れ残った3~4作品くらいが棚差しになったままで、僕の本だけは一向に補充されないのだ。5作品のうちで一番売れているのは担当者にも聞いて確認している。

 何が言いたいのかというと、本屋にはマーケティングの概念がなさすぎて、こんなことしてたら、とても生き残れないだろう、ということ。僕が本屋の経営者だったら、間違いなく逆にする。3ヶ月たって売れ残ってる作品は返品して、売れてしまった作品を補充すれば、売れる可能性が高いじゃないか。

 しかも、これはデータが全て個店ごとにあるわけだから、機械的に行うだけの単純作業である。マーケティングというほどのものでもない。限られた店頭のスペースで、売れた実績のある本を店頭にいれ、売れ残ったものと入れ替える。それだけ。

 正直、紀伊国屋クラスでさえ、同時発売のうち、僕の本以外の売れ残り作品だけはしっかり棚差しになっていた。啓文堂でも同様だった。これって、明らかに経営として間違っている。読者も書店も著者も、三方一両損。これじゃ、アマゾンの独壇場になって当然だ、とつくづく思った。ブックファーストだけは例外として…。 

 
15:01 01/03 2011 | 固定リンク | コメント(0) | アクセス数(2086)



ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓