MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
03/04 2014
Tinyblogsimg_a20140304052208
第1期の損益計算書(2004年)。設立は2月27日なので10か月決算。
 12月決算の会社は決算を確定して2月末までが税金の納付期限ということで、数十万円の消費税やら復興税やらを納付した。2期比較損益計算書は左下の通りで、無借金で毎年、法人税も納めている。

 2004年の第一期売上高が10か月で389万円、うち300万円が水モノの本の印税(最初の本が2万部売れた)という、超不安定な構成だったことを考えると、10年目でずいぶんと安定したものだ。

Tinyblogsimg_b20140304044609
第10期(2013年1~12月)とその前年の比較損益計算書。
 2004年は安定収入である会費売上が62万円だった。それが10年目の2013年は、3,959万円にまで伸びた。

 この1年は、出版も控え、とにかく経営基盤の安定を優先した。その結果、1年で1千万円強の会費収入を伸ばせた。

 当然、紙による収入は10万部ベストセラーがあった1,665万円→178万円に激減したが、紙なんてものは水モノで、本が売れるかどうかは、誰にも見通すことはできない。順番としては、基盤を強化するための会費増が先決なのだ。

 嫌がらせ訴訟にも負けないだけの弁護士費用も積み立った。5件くらいやられても何てことはない。自由な報道を続けるには、経済基盤が絶対的に不可欠なのだ。

 会員を2千人超にし、会費収入を伸ばし、それを自分の自由な取材費に加え、記者やIT開発者、取材先紹介者といった利害関係者に再投資することで記事を充実させ、また、新事業にも投じていくことで、安定成長を続けることができる。出版に時間を使うのはその次だ。

 記者への外注費は1200万円弱にまでなっているが、今年もどんどん伸ばしていく。今年は単行本の執筆、および、10周年記念の新事業にもチャレンジしていく.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。
 

 
16:58 03/04 2014 | 固定リンク | コメント(2) | アクセス数(2648)



ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓