MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
米国紙記者が語る「つまらない新聞が多量に売れる日本の不思議」
神林毅彦:フリージャーナリスト。ミシシッピ大学大学院ジャーナリズム学部修士課程修了。 著書に『ミシシッピを知ると矛盾大国アメリカが見えてくる』(解放出版社) 。 http://break.kyo2.jp/

 偽装され巨大化した発行部数、景品を使った拡販手口、記者クラブや産学癒着。世界のメディア界で異色の存在となった日本の新聞社を、海外メディアはどう見ているのか。米国のクリスチャン・サイエンス・モニターやオーストラリアのディプロマットを舞台に記事を書いてきたジャーナリストの神林毅彦氏に、率直に語ってもらった。神林氏は、日本で常態化している偽装部数が米国の新聞社で発覚したら「即刻つぶれるだろう」と言う。

【Digest】
◇給与水準より報道に生きがい
◇偽装部数の問題を取材
◇新聞社を批判できない大学教授
◇新聞を過信する日本人
◇パック・ジャーナリズム
◇記者クラブの廃止が必要

---かつて包丁を景品に使って新聞拡販をやった大新聞社がありますが、同じ事を米国でニューヨーク・タイムズがやればどうなりますか?

 銃で撃たれますよ(笑)。危険な時は、本当に撃っていいんですから。米国では、押し売りはできません。他人の意見を押しつけられるのを非常に嫌う国民性ですからね。

 日本の新聞社が採用してきた「押し紙」制度や景品を使った拡販などを見ると、新聞社には封建制度がそのまま残っているという気がします。また、真村さんの事件 に象徴されるような(新聞社と販売店主の)徒弟関係も、封建制度の名残でしょう。

---海外から来た記者は、日本の新聞をどのように見ていますか?

 日本で発行される英字新聞について言えば、彼らは日本の英字新聞を非常につまらないものに感じているようです。たとえばDAILY YOMIURIやJAPAN TIMESを読んで、彼らがもらす典型的な感想は、「これって、大学のカレッジ・ペーパーじゃないか」ということなんです。紙面の内容が貧弱なんです。推測ですが、調査報道が少ないこと、ワイヤー(通信社)のニュースやコラムが多いことが原因だと思います。

 また、日本の新聞は同じような記事が多く、情報が少ないのに、記者の給料が高いので、多くの外国人記者が不思議に感じているようです。

カレッジ・ペーパーとは、大学の学生が発行している新聞。規模の大きな大学では、月曜日から金曜日まで、週5回発行されることが多い。大学当局からは独立した編集権を持ち、たとえば特定の学部を批判することもある。

◇給与水準より報道に生きがい
『クーリエ・ジャポン』の7月号に掲載された米国紙の発行部数ランキング。日本の新聞社の発行部数がいかに異常かが分かる。
---専属でない場合、米国の新聞社の平均的な原稿料はいくらぐらいですか?

 安いですよ。長さにもよりますが、1000ワードぐらいの記事で、1本300ドル前後が相場です。しかし、そんな安い原稿料でも競争が激しいのです。原稿料をそれほど気にしないライターも少なくないと思います。わたしも含めて記事を発表する喜びの方が大きいようです。

 クリスチャン・サイエンス・モニターの場合は、記事を書く前に、300~400ワードの概要を編集長へ送ります。

 それから意見交換をします。編集長のOKがでれば、記事を仕上げます。しかし、このハードルがかなり高いのです。記事を送った後、またそこで修正や訂正などを経て、最終原稿にします。とくに、この過程でとても多くのことを学ぶことができるわけです。もちろん、英語の勉強にもなりますよ(笑)。

---新聞社の専属記者の待遇は?

 ミシシッピー州の地方紙の初任給は、130万円~150万円ぐらいです。いいところで180万円。200万円はいきませんね。もちろんミシシッピー州の物価は安いですが、大卒者の初任給が平均で200万円弱ぐらいですから、新聞記者の給料は平均以下です。

 フロリダ州の中堅クラスの新聞で、わたしの友人が働いていました。彼女は大学院を卒業していますが、初任給は350万円ぐらいでした。大卒の場合は、300万円を割ります。

 中堅クラスの新聞の編集長になると500万円から600万円ぐらいだと聞きます。

 ニューヨーク・タイムズクラスになると、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「押し紙」(偽装部数)を回収するトラック。ビニール梱包に使うヒモの色は、社により異なるので、トラックが複数の系統の配売店を回っていることが分かる。
社説を第1面に掲載する日本の新聞。これは2007年5月3日付の『毎日新聞』。

関連記事
記者コメント
本文:全約7,400字のうち約5,700字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるの?」トップページへ

アクセス数 9653 続報望むポイント
594
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
guest  09:44 02/16 2012
米国で、日本語広告を掲載してくれる新聞社はないでしょうか?
田代裕治  10:13 12/05 2009
黒藪さんと読売の訴訟は、読売が3連敗。 読売が上告中の一件もあるので、読売の4連敗は確定。 黒藪さんと読売の裁判は4ルートあるので 、読売がすべて最高裁まで争えば、読売は12連敗となります 。 本州四国連絡橋でも3ルートなのにね(大笑い)。
田代裕治  02:19 09/08 2009
読売は赤字なのに、 下記のような不当訴訟を起こしています。 経営崩壊への方向です。 こんな裁判やってるひまや、金も無いのにね。
田代裕治  02:14 09/08 2009
東京地裁でも読売新聞が敗訴した、黒藪哲哉氏への読売不当訴訟、読売控訴審裁判(もちろん今回も読売が負けます)は、 2009年9月16日 東京高裁421号法廷 判決!!!です。 もちろん今回も読売の敗訴です。 みなさん楽しく傍聴に行きましょう!!!
田代裕治  02:04 09/08 2009
下記、3行目で、判が抜けています。 もちろん訂正します。
田代裕治  02:02 09/08 2009
2009年9月16日午後1時10分より、 東京高裁421号法廷にて、黒藪哲哉氏への読売不当著作権訴訟の控訴審決!!!が下されます。 読売は東京地裁でも 敗訴しました。 この裁判は、黒藪氏が記事にした中に読売の発信文書があり 、その文書が著作物だとの珍妙な理屈で 読売が起こした不当 訴訟です。 黒藪氏の、新聞販売黒書でも裁判の日程が載っています。
読売はいらない  00:01 09/07 2009
読売の暴力行為は部数低下の原因の一因になっていることは確実でしょうね。記者関係の本には拡張員と協力して追い詰める云々とありましたが、犯罪行為を我々はしてますよと白状しているのと同じです。悪びれもせずにやるあたり、暴走族と同じメンタリティーだと思います。 速く倒産して欲しいです。