MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
黒薮氏が読売に知財高裁でも勝訴 喜田村弁護士を懲戒請求へ
高裁での勝訴が確定し、弁護団は声明を発表した。言論弾圧を批判し、黒薮氏への謝罪を求めている。

 ジャーナリスト・黒薮哲哉氏と読売・江崎徹志法務室長との間で争われていた著作権裁判で16日、高裁判決が下り、黒薮氏が完全勝訴した。江崎氏と代理人の喜田村洋一弁護士にとっては手痛い判決内容だ。問題となった催告書の作成者を偽って裁判を起こしていたことが地裁のみならず知財高裁でも認定され、新聞人・弁護士としての良心や倫理を問われることになる。黒薮氏は今後、喜田村弁護士に対する懲戒請求を含め、責任追及する構えを見せている。その黒薮氏が高裁判決を総括する。(記事末尾にて訴状と高裁判決をPDFダウンロード可)

【Digest】
◇裁判が提起されるまで
◇怪文書と判断
◇回答書が著作物?
◇不自然な供述1
◇不自然な供述2
◇喜田村弁護士、MNJにも催告書
◇高裁の補足判断
◇武富士から読売法務室へ

 9月16日、東京高裁の飯村敏明裁判長は、読売新聞の江崎徹志法務室長の訴えを退ける判決を言い渡した。この瞬間、2008年2月に東京地裁で始まった著作権裁判に実質的な決着がついた。わたしの完全勝訴だった。

読売新聞東京本社教育支援部が編集した本。他人に「記者の仕事」を教える前に、まず自社の足下を検証すべきではないだろうか?自社の歴史も検証すべきだろう。
 たとえ江崎氏が最高裁へ上告したとしても、最高裁の門は極めて狭い上に憲法判断になるので、判決が覆ることはまずあり得ないからだ。その意味で高裁判決は、わたしにとってはひとつの節目となった。

 裁判で江崎氏が求めていたのは、わたしが主宰する新聞販売黒書に掲載したある催告書の削除だった。(内容については後述する。)江崎氏はこの催告書は、自分で作成した自らの著作物なので、公表権はわたしにはない、従って削除するように求めて提訴したのだった。

 他人の著作物を無断でホームページで公表する行為‐‐。確かにそれが報道とは別の目的でなされたならば問題がある。しかし、それ以前に、催告書が著作権法で定義された著作物なのかという疑問があった。

 文章の態をなしていれば、すべてが著作物というわけではない。著作権法の定義に合致したものだけが著作物として認定され、法の保護を受けるのだ。その定義とは次の通りである。

 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

 当然、裁判では江崎氏が作成した催告書が著作物かどうかが最大の争点となった。ところが裁判のクライマックスである江崎氏の本人尋問で、催告書の作成者は江崎氏ではなく、喜田村弁護士である重大疑惑が浮上したのである。

 言葉を換えれば、喜田村弁護士が催告書を作成したうえで、それを江崎氏が作成したと偽って、裁判を起こした可能性が出てきたのだ。もし、判決でそれが認定されたならば、喜田村弁護士も弁護士倫理を問われかねない。

 江崎氏の本人尋問から2ヶ月後の3月30日、東京地裁は江崎氏敗訴の判決を言い渡した。しかも、催告書の作成者を喜田村弁護士か彼の事務所スタッフの可能性が高いと認定したのである。

 当初の争点であった催告書が著作物か否かは、二の次になってしまった。催告書の作成者を偽っていたと認定されたわけだから、著作物性の判断をするまでもなく、江崎氏の敗訴が確定したのだ。もっとも地裁判決は、あえて催告書に著作物性がないことも認定したが。

 東京高裁の判決も、東京高裁の判断をほぼそのまま追認したものだった。

 なぜ、司法は催告書は江崎氏ではなくて、喜田村弁護士が作成したと認定したのだろうか.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



2008年2月に始まった著作権裁判の訴状
高裁判決

関連記事
記者コメント
本文:全約7,200字のうち約5,700字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるの?」トップページへ

アクセス数 4206 続報望むポイント
1053
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
田代裕治  08:32 10/29 2009
私のブログは ココログで田代裕治 と検索してくださいる
田代裕治  00:53 10/24 2009
読売の拡張団は凶悪性犯罪を多く起しています。 女性は絶対に読売の拡張団・身分を偽って住居侵入を図ることもある読売拡張団・他の新聞の拡張団も犯罪者だと思って警戒しましょう。 また拡張団・拡張員はセールス証を持って読売新聞だと名乗っても凶悪性犯罪を起します。 読売の拡張団(セールス)は危険ですし、相手にしてはいけません。 読売新聞拡張団(セールス)の性犯罪を撲滅しましょう!!!
田代裕治  00:38 10/24 2009
また読売など新聞勧誘は、嘘をついて、住居侵入を図ろうとすることがあります。例(宅配便と嘘をついたり、住宅の検査と偽ったり、警察を名乗る事もあるそうです)。 このような訪問営業業務で凶悪事件を起こすのは新聞拡張団だけだと言えます。 一番警戒する必要があるのは、身分を偽って住居侵入を図ろうとする事もある、読売新聞拡張団です もちろん新聞拡張団自体危険です。絶対用心して下さい。
田代裕治  00:25 10/24 2009
ですので、読売新聞のセールス員(拡張員)が不審だと感じた・恐怖を感じた女性の方々はドアを開けず、すぐさま110番通報してかまいません。 読売なんかが来て、読売など購読する気が無いのに、読売が帰らないなら110番通報しましょう。 また読売など相手にしない、また読売などに対して警戒・防犯意識を持っておく事が 、女性にとっては重要です。
田代裕治  00:17 10/24 2009
読売新聞拡張団による拡張業務に関連して起こしている凶悪性犯罪は判明しているだけでも下記のとおり。 2002年福島県郡山市で強姦。 2003年北海道旭川で強姦。 2006年福岡県筑紫野市で強制わいせつ 。 これらは読売新聞の拡張団が拡張業務中に関連して起した凶悪性犯罪です。
田代裕治  00:07 10/24 2009
大手町の住民でも読売は埒外です。 なぜなら読売の様に業務中に凶悪事件を起こす企業など無いからです(例外はバブル入社で非エリートのの福岡大学!を入社させたら殺人事件を起こした旧富士銀行ぐらいです)。 許せない読売の凶悪事件の数々。 読売はセールス業務に関連して、2000年に入っても、福島郡山で強姦・北海道旭川で強姦・福岡筑紫野市で強制わいせつ事件を起こしています。
田代裕治  23:51 10/23 2009
読売の読者、景品で釣られる、卑しい人々 。なさけない人々。 そんな読売新聞の広告価値や、紙面価値は非常に低劣です。 そんななさけないのが読売新聞の真実なのですから。 駄目で馬鹿な人々、 それが読売新聞です 。その駄目な人達のサルボスがナベツネです。嘘八百三流文学部人間です、駄目人間ナベツネ。バーカ でございます。