MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
世界で受け入れられていないサントリーウィスキー
未だに大々的に打たれ続ける広告(2004/11/13日経新聞)

 2004年7月、国産ウィスキーが英国で開催の国際酒類品評会(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で最高賞を受賞。スコッチ数銘柄のほかサントリーの響30年も受賞したが、実際の輸出量はスズメの涙ほどで「世界のサントリー」には程遠い。

 同社としてはこんないい思いは最初で最後のことであろうから新聞広告などで大はしゃぎ。永年にわたり、「世界のウィスキー サントリー」とも叫び続けてきたからには、海外への輸出もさぞかし膨大な量であろうと調べたら、なんてこった!!

 日本が毎年輸入するスコッチ、バーボンを代表とするウィスキーの量は多い。
■2003年:1235万8292L(0・7Lのボトル換算で2330万6491本)
■2004年の1~7月期:882万8000L(0・7Lのボトル換算で1261万14281本)

 一方、2004年度1年間でサントリーがアメリカと欧州へのウィスキー輸出予定数はそれぞれたったの800ケース(9600本)と700ケース(8400本)足らずである。その大半が在留邦人か同社系の和食レストラン向けのみであろう。

 同社のウィスキーがどれほど国内の消費市場を占拠しようとも、中身を見ればお粗末そのもの。品質のどこが「世界のサントリー」なのかさっぱりわからない。

 たまたま今回の受賞で大はしゃぎも、日頃の反対心理が働いてのことだろうが、元を正せば、毎年膨大な量を輸入しているスコッチの呼称を許されぬ「若年原酒」を社内で寝かせ、ブレンドしただけのことだろう。

 製造にかかわる一切を現在まで秘密にし続けている同社が麦の一粒から選定をしているなどと思い込み、信じているなどとはもやは幻想にも等しいことである。「世界の」と大声で叫んできた結果は、9600本、8400本という数字がすべてを物語っている。巧みなCMでの思い込ませを拒否しましょう。

関連記事
記者コメント
アクセス数 20790 続報望むポイント
1547
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
確かに  08:58 09/20 2008
飲むと解かりますが、一般小売用とコンテストや評価を狙っている高級タイプの物とを使い分けているようです。全てが酷いわけではないと思いますが、確かに、安いのは酷すぎる。
らま  22:19 05/06 2008
長澤一廣さんの記事は、十数年前に野茂が大リーグ行きを決めた時、対戦する前からその実力差を酷評した日本のスポーツマスコミと同じだね。今、あのひどい記事を書いた人たちは、どうしているんだろう。
嗜む程度  19:04 05/06 2008
ウィスキーはあんまり飲まないけど、輸出については、輸入側の関税率の問題なんかもあるんじゃないのかな。 だいだいが「洋酒」なんだから、自国の酒の方が売れるのは当然だと思うけど。 品評会で最高賞を受賞することと輸出量が増えることは必ずしもイコールではないと思うんだけど……。 あと、製造方法を公開している洋酒メーカーってあるの?
らま  00:16 05/06 2008
スコットランドから日本に輸入される芋焼酎よりは、たくさんだと思うぞ。輸出されるサントリーのウイスキー。
たしかに正論ですね  11:00 06/13 2007
今までサントリーが行ってきたインチキウィスキー製造と誇大宣伝販売の歴史を考えれば、いまさらサントリーの何を信じろというのか。
 今作っているシングルモルトにしたって、その投資資金はインチキウィスキーで得たあぶく銭の上に成り立っているのではないのか。
 廃糖蜜から蒸留したアルコールでバルク輸入モルトを水増しする製造を続ける限り、
 このメーカーは黒すぎる。想像以上に。信じてはいけない。
やまおか しろう  04:25 06/13 2007
日本の酒税法でウィスキーとは、モルトやグレーンのウィスキー原酒が10%以上あれば他に何を混ぜてもウィスキーと表記できる。熟成義務も無い。事実、サントリーはこんなインチキ・ウィスキーを作っている。こんな法律だから日本のウィスキーは世界で評価されないのはありませんか?
そう  01:30 06/05 2007
昔の話だが,サントリーのワインは一応にまずかった。まずかったというより,あれはs絶対にワインではなかった。