MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
続・隔離部屋のトヨタ系社員は語る 社内に出現した“動物の檻”
緑のテントから見える白い部分が“隔離部屋”。出入り口は写真に示されている部分のみ。この中で作業を命じられたという。

 トヨタ車の部品などを製造するファインシンターの社員・黒崎真人さん(仮名・37歳)は、同じ職場内で勤務する障害者2人が違法に最低賃金以下で雇用されたことや、危険な作業現場の改善などを社内や労基署で訴えてきた。新組合のATU全トヨタ労働組合に加盟した数日後から、作業現場に不自然な状態で置かれた猫の糞、仕事で使う箱に鳥の死骸と生きたドブネズミが入るなどの不可解な事件が連続して起きたという。


【Digest】
◇「上司ともめたから異動させる」と一方的通告
◇「黒崎とは関わるな」と工場の全従業員に指令
◇闘う組合加入直後に鳥の死骸とドブネズミ事件
◇“動物の檻・見世物小屋”に入れられても「私は闘う」

◇「上司ともめたから異動させる」と一方的通告
 トヨタ自動車の部品などを製造する㈱ファインシンター 社員の黒崎真人さん(仮名・37歳)は、いわゆる「モノ言う社員」である。

 今まで黒崎さんは、高温炉での危険なメンテナンス作業を改めるように企業内労働組合や会社に対して改善を再三にわたって要求してきた。夏期には室温40℃超え湿度70%を超える熱中症の危険がある作業場の改善も求めた。また、障害者を違法に最低賃金以下で働かせていた不正を是正させた実績もある。

 それと並行して、会社側からのいやがらせが続いていた、と黒崎さんは言う。前回の記事でもふれたとおり、会社とぎくしゃくした関係が続く中で2007年6月にタイヤ事件 が起こった。工場敷地内の駐車場に停めてあった通勤車で黒崎さんが帰宅途中に異変を感じ、調べるとタイヤ4本全部にビスなどが刺さっていた事件だ。その後の黒崎さんの状況を報告しよう。

 転機が訪れたのは、07年12月14日に勤務時間変更指示を受けたこと。

 「『来年(08年)1月から交替勤務ではなく常勤(常昼勤務)でやってもらいたい。人が多いから減らせと上から言われている』と直属の上司に言われたのです。理由について色々聞いていくと、『お前はAと揉めていただろう。だから常勤に変わってもらうことになった』と言われたのです。

 これは異動の合理的理由にはならない。(Aと揉めたというのなら)なぜ私だけにペナルティーを課すのか・・・」

 勤務時間帯の変更を命じた上司とA氏は、これまで一緒になって嫌がらせをしてきた当事者である、と黒崎さんは言う。

   「勤務時間変更について、納得が出来ないので工場長や副工場長と面談し異議を唱えました。するとすぐに転勤の話を切り出してきて、『班長や係長になりたくないか。山科工場や川越工場への人材交流だ』と勧めてくるではありませんか。これはやはり不当な目的がある人事だと感じました。異動(勤務時間帯変更)について納得のいく説明はありませんでした」

 こうして08年1月から異動(交替勤務から常昼勤へ)となった。

 「このころからQCサークルなどのカイゼン活動に、一切参加させられなくなりました。常昼勤務の22係のメンバー全員が入れ替えられたのです。私を参加させないためでしょう。仕事上必要な作業着や安全靴を注文しても私のところへは、なかなか配給されない。私より後に注文した従業員に早く支給されます。作業に必要な箱や棚などの備品の注文でも同じでした。

 それから、安全講習の一環として社内資格を取得するためにOJT(仕事の教育)がありました。他の社員は班長の指示によって定時内に練習できます。しかし私だけ練習することを許されず、『定時外に練習しろ、但し残業はつけないように』と指示されたこともありました。

 あるとき他の社員に『こんなに嫌がらせにあって、よく耐えられるね』と言われたことがあるくらいです。

 私は上司にも意見を言いますが、決して反抗的にしているわけではありません。改善提案をして安全で作業しやすい職場にしようと工夫して仕事に取り組んでいます。改善作業はもちろん会社でやりますが、家に帰ってからは書類を書いたりしてきました。業務上のことであっても残業の申告などしていません」

◇「黒崎とは関わるな」と工場の全従業員に指令
 「納得出来ない理由での勤務時間変更問題の改善を申入れようと、ファインシンター労働組合執行部委員長にも訴えました。ところが『会社の言うことが聞けないなら辞めるしかない』『裁判するなら、もうこの会社にいられなくなるぞ』と言われ、対応を拒まれました。

 しかたがないので、不当な異動や嫌がらせやパワハラについて愛知労働局長に斡旋を申請しました。08年の7月のことです。けれども会社は斡旋を拒否し、私は翌月に初めて弁護士に相談したのです。

 ところが翌09年3月5日に、弁護士に依頼したことを伝えると、また異動命令です。同じ部署に所属しながら、取引先から返却されてくる製品運搬用の通い箱の清掃をする部門(箱洗浄工程)に異動させられたのです(3月23日から洗浄の仕事)。他の工場から離れ独立した大型テントに洗浄場所があります。

 この部署で障害者の山崎哲男君(仮名)に出会い、許可なく最低賃金以下で働かされていたのを是正させることができました。

 しかし箱洗浄工程で働いていたさなかの4月24日、仕事の事で理不尽な理由で言いがかりをつけられたため抗議すると、上司から胸ぐらを掴まれ指を突き立てられ、胸の辺りを強く突かれる暴力行為も受けました。

 労働審判申し立て(2009年3月26日)をして以降、いっそう私に対する風当たりが強くなりましたが、5月7日に起きたことは忘れられません。その日は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



(上)2009年7月21日朝、白い紙クズが二つ落ちている位置に猫の糞が落ちていた。あまりにも不可解な現象がおきるために事後(8月17日)に黒崎さんが再現として撮影した。
(下)2009年7月22日朝撮影。取引先から戻された箱は10段くらいに積んであり、異臭を感じて調べたところ、下から3段目の箱に鳥の死骸が入っていた。
 

 

 

 (上)2009年7月31日朝。生きたドブネズミが業務で取り扱う箱に入っていた。
(下)2009年7月31日。取引先と工場を往復させる“通い箱”に大量の水が入っていたと上司から指摘された。黒崎さんが作業で取り扱う箱であり、前日に取引先からクレームが寄せられた。箱は屋根のあるとこに保管されているものだという。
 

(上)2009年11月23日にできた小部屋。窓は開かず、扉もないため、撮影している側には一切出入りできない。つまり他の社員と接触できない。ここにには屋外から直接出入りする。なお、2010年になって黒崎さんを元の場所に異動させてからは、会社はドアを取りつけたという。ATU(全トヨタ労働組合)との団体交渉(11月30日)では「会社としては、職場の環境対策として箱洗浄機に間仕切りつけてエアコンを設置し、換気扇も付けた。区切ったほうが空調設備が効く」と会社は解答している。
(下)工場敷地図。
 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約6,800字のうち約4,500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「マスコミが書けない本当のトヨタ」トップページへ

アクセス数 8736 続報望むポイント
800
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
関連社員  09:44 03/20 2011
知人社員の話、彼に製造業務させると仕事中工場内外をうろつき不満あると仕事中上司に長い話をする。だから同僚は嫌がり上司も困り果て現作業に。社内労組が不満でATU労組加盟。だが1年弱でこの労組に愛想つかされJMIU愛知労へ。真面目に仕事しないとずっとこのまま?勤めるというのは法律権利ばかり主張するのではなく皆に認めてもらえる行いをしないといけない。彼はそう思い仕事してるのか。この記事で真実は見えない
労災事故  07:42 04/29 2010
春日井工場で4月27日午後20時に爆発事故が起こりました。負傷者が1名顔面骨折・頭部打撲の怪我で負傷者の方は、入院されました。鋼鉄製の扉が爆発でずれてしまう、歪むほどの爆発です。運が悪ければ死亡していた可能性も高い事故です。この爆発事故は同じ場所で2回目です。消防・警察・労基署が調査に来ました。同様の場所で2回目の事故ということで会社の安全管理に問題があったのでは?とおもいます。
派遣だった人  14:20 04/08 2010
ファインシンターはこんな感じの会社にみえました。
関連社員  12:23 03/22 2010
数日前警察きてたね 会社に・・・・。
元トヨタ関係  10:41 03/22 2010
ファインシンターさんの人事の求人が最近あったので、社風ついて調査してました。 やはりトヨタ関係企業全般は酷い仕打ちをする会社が多いのですね。 断って正解でした。人間としての尊厳はどこへ行ってしまったのでしょうか?
労働者  07:42 03/15 2010
トヨタ関連企業でいったい何が起こっているのでしょうか? トヨタ関連はうつ病の人がかなり多いと聞きました。トヨタ車体では工場内で自殺まで起こっています。企業の労働者にたいする姿勢がとわれるべきです。もっと社会問題として取り上げるべきです
とおりすがり  13:56 03/06 2010
日本が世界に誇る「トヨタ」な訳ですから、「自作自演」なんて軽い言葉で自分に気に入らないレスを片付けられるのはどうかと思います。トヨタが完全な復活を遂げるには当然このような事態も解決しないと、再デビューは無理でしょうね。