MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「もったいない」キャンペーンの毎日新聞、部数偽装で紙資源浪費
毎日新聞・関町販売所(練馬区)が起こした「押し紙」裁判の訴状。

 新聞の部数偽装問題で、いわゆる「押し紙」裁判が4月28日、東京地裁で新たに起こされた。原告は、毎日新聞の元販売店主。売れる見込みがないのに押し付け的に買い取らされ、そのまま配達されることなく廃棄に回る新聞が搬入部数の45%にものぼり、卸代金が支払えなくなって店を潰された。本来は刷り部数が減ったら困るはずの印刷出版産業の労組「全印総連」までもが、原告を全面的に支援している。「もったいない」キャンペーンを展開する裏で、膨大な紙資源を無駄にする毎日新聞社の恐るべき身勝手体質が浮き彫りになっている。(訴状は末尾にてPDFダウンロード可)

【Digest】
◇全印総連を怒らせた
◇補助金カットで店主を愚弄
◇「押し紙」を断った「報復」
◇「自称」記者問題でも人間像のゆがみ
◇「押し紙」裁判が重荷になる理由

 提訴直後の記者会見で、原告の元店主が語った。

 「怒りというものは、普通、時間が経過すれば薄らいでいくものですが、わたしの場合は逆に、日増しに膨らんでいきました。販売店を一方的につぶされて許せない、という思いで提訴に踏み切ったのです」

毎日新聞の「押し紙」(偽装部数)。紙資源の破棄を続ける一方で、「もったいないキャンペーン」を展開してきた。
 裁判を起こしたのは、毎日新聞・関町販売所(東京都練馬区)の元店主・石橋護さんだ。

 売れる見込みがないのに一方的に買い取らされる「押し紙」などの負担で、新聞社に支払う卸代金が支払えなくなり、2009年8月に強制的に販売店をつぶされた後、9ヶ月を経て裁判に踏み切ったのである。

 損害賠償額は2331万円。しかし、差別的な補助金の支給で生じた損害額など、販売政策で生じた損害の総計を推定すると約1億1400万円にもなる。石橋さんはこのうちの一部支払いを請求したのである。

 参考までに関町販売所における2008年の9月と10月の部数内訳を紹介しよう。「押し紙」を断る直前の2カ月のデータである。
     
月/部数 搬入部数 実配部数押し紙「押し紙」率
9月 1200部 668部 532部 44%
10月 1200部 662部 538部 45%

 搬入されていた新聞の約半分が「押し紙」だった。他の月についても、圧倒的に「押し紙」が多い傾向は変わらない。石橋さんは、「押し紙」の買い取りを断ったが、それが引き金となり、結局、廃業へ追い込まれることになる。

 他人の心情に配慮しない新聞人の横柄さはかねてから指摘されることがままあった。「押し紙」を強制していながら、「押し紙」は存在しないと開き直る姿勢そのものが、「身勝手体質」を象徴しているが、石橋さんが提訴に至るプロセスにおいても、新聞人の体質が改めて浮き彫りになった。

 石橋さんを裁判へ駆り立てたものは、単に金銭の損得だけではなかった。

 
◇全印総連を怒らせた
 「押し紙」裁判はもはや真新しい話題ではないが、今回、起こされた裁判には、ある著しい特徴がある。全印総連(全国印刷出版産業労働組合総連合会)が石橋さんを全面的に支援している点である。

 住民運動や人権擁護団体が販売店訴訟を支援した例はこれまでにもあるが、労働組合が店主をサポートするのは異例だ。いわば「押し紙」問題をめぐり、労働組合と新聞社が正面から対決することになったのである。

 一般論からすれば、全印総連の方針は矛盾を孕んでいる。と、言うのも新聞社が「押し紙」を排除すれば、新聞の印刷工場は事業規模の縮小を強いられ、ひいては印刷労働者の生活を圧迫することになりかねないからだ。「押し紙」問題は全印総連にとってはいわくつきのテーマと言えよう。

 それにもかかわらず石橋さんを個人加盟の組合員として受け入れ、「押し紙」裁判の支援に乗り出したのである。その背景には、労働運動の良心だけではなくて、毎日の体質が全印総連の怒りに火を付けた事情があるようだ。

 石橋さんと毎日の係争が始まったは、2008年の秋である。それ以来、わたしは石橋さんの動きに密着してきた。石橋さんと全印総連に同行して毎日新聞・東京本社へも行った。しかし、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



毎日が石橋さんに送った関町販売所の改廃通知。
「自称フリーライター」問題で、黒薮が毎日新聞「開かれた新聞委員会」に送った質問状に対する回答。まったく誠意のないものだった。

関連記事
記者コメント
本文:全約6,500字のうち約4,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるんですか?」トップページへ

アクセス数 3900 続報望むポイント
796
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
良く見て書いてね」  18:43 09/27 2010
読売の押し紙裁判の件は、読売の項目の場所に書いてよ! 関係無い項目の所で質問したり、返答をしたりしてるから本文との整合性が無くなってます。       ↓
再度、読売よ  22:07 09/26 2010
今夜も「新聞黒書」のサイトが妨害の為に見ることができない。    読売よ、なんと器が小さい会社なんだ!言論を封殺するなんて今では世界でもほんの一握りの一党独裁のレベルが低い国だけがやることだ。「押し紙裁判云々」以前の問題であり、判決がどうあれ圧倒的大多数の人は「読売の完敗」と見る。
読売よ  08:27 09/26 2010
昨日から「新聞販売黒書」の黒薮氏のサイトがぺ―ジを開く事が出来なくなった。一夜明けた今も同じ。「押し紙」問題を糾弾し続けている氏のサイトを非常に恐れていることを明白に証明している。調べても、犯人が読売だと分からない方法で誰かにやらせているのだが、今に必ず「天の裁き」が下るだろう。
それがどうした?  21:51 09/24 2010
「押し紙裁判」で、元公取委員の2人が読売側に有利な証言をしたとのこと。 例によって読売の毒まんじゅうを食らったことは容易に想像できるが、そんなものを何十倍もくつがえすに足りる証言がまもなく現れる。
竹内東大名誉教授へ  23:03 09/13 2010
「滋賀クロスメデイアの部数調査」への見解を裁判資料で急に変更したことに対する公式な釈明をして下さい。東大名誉教授という立場は公務員としても最高②名誉とともに責任もある地位です。当然、説明 責任があります。
続き  20:08 09/11 2010
(この人達のほとんどは同時に購読者) にこのような事実と現実を知らさなくてもいいというのですか? 大企業には「情報開示」の責任と義務があります。
「返答」氏へ  19:55 09/11 2010
苦し紛れに問題をすりかえています。新聞購読者の約7割の「固定読者」にたいして知らしむべきことは、「販売店の補助」などではなく、①誰の目にも触れられずに日々捨てられている膨大な数の新聞の問題②誇大部数報告をし続けているほとんど全ての新聞社によって巨額の損害を被っている広告主