MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
やはり大問題を起こしたトヨタ-6 日本型統治機構の不全
豊田市内の保見ヶ丘団地。多くの日系ブラジル人が住んでいる。©S.Remael / MYOP

 今回、トヨタ問題で英仏韓の外国メディアから取材を受けた際に話したポイントを収録する。トヨタ問題の本質は、日本型統治機構の不全である。以下は韓国『エコノミスト』誌のインタビューを要約したものだ。韓国企業はトヨタシステムを無条件に見習うべきではない。

◇「戦後日本システム」破たんの象徴
--日本は先進国だと思いますが、どうしてトヨタは日本で重い意味を持っているのですか?

 日本が先進国なのは、物質的な豊かさにおいてのみです。欧米先進国に以下の点で劣ります。

 第1に、マスコミ(ジャーナリズム)によるチェック機能が働かない。トヨタ自動車は2008年3月期に広告宣伝費を1000億円以上投じており、10年以上連続して1位の座にいました。新聞・テレビは広告を収益源の柱としているため、トップクライアントのトヨタには経営陣がビクビクしており、マスコミがコントロール下に置かれています。

 特に昨年度より、日本の大手マスコミ企業(新聞・テレビ・雑誌)が続々と赤字転落し、広告収入を減らされたら会社存亡の危機です。今回のリコール問題を受けての報道も、内容がトヨタの援護射撃でないと企画が通らない。米国での動きを垂れ流すだけで、独自の調査報道はどこもやりません。だから、リコール届出台数の年次推移といった基本的なデータすら、国民はマスコミ報道を通して知ることができない。

『トヨタの闇』韓国語版を紹介する『エコノミスト』誌
 第2に、労組が機能していない。日本的経営の特徴の1つである企業別労働組合(欧米は職種別)と終身雇用によって、トヨタ労組は経営側と一体化し、「カネと雇用」以外の労働時間や休暇について、経営側と戦いません。

 日本は、戦後の急速な経済成長で物質的な先進国になっていく過程で、多くのものを犠牲にしてきました。

 労働環境はその最たるもので、日本はヨーロッパ先進国と比べ、圧倒的に労働時間が長いうえ、「カイゼン提案」活動などの実質的なサービス残業や持ち帰り仕事も多く、時間も不規則。しかも、これは労使合意の上での強制的なものとなっており、社員に選択の余地がないために、過労死や過労自殺といった悲劇を生んでいる。

 第3に、行政当局の監視が機能していない。自動車メーカーは3ヶ月ごとに国交省にリコール車の改善実施状況について報告を義務付けられますが、その情報すら国民には公開されない。国交省が国民よりもトヨタの立場でモノを考えている証拠です.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



嘘で塗りこめられた「お詫びCM」。全社改修といいながら、改修率すら非公開にしている。
本原稿は『トヨタの闇』文庫版に収録した

 

関連記事
記者コメント
本文:全約5,900字のうち約4,800字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「マスコミが書けないトヨタ」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
■企画趣旨に賛同いただき、インタビュイーを紹介または取材を受けていただける方には、会員ID(1年分)および薄謝進呈いたします。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 4450 続報望むポイント
419
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
歴史家  22:44 07/24 2010
自動車業界。マスコミ。国家公務員。かれらは、あまりにも20世紀的すぎる。残念ながら、新時代の大黒柱にはなれない。
joak  14:43 06/09 2010
公共放送も日本経済の基幹産業だから、あからさまに批判しない。クロ現代でリコール問題をやったぐらい。日経・TXは頑張れ!万歳!だもん。長年の膿が出てきた訳か?このままだと日本沈没?