MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
一番幸せなのは公務員 内閣府「幸福度調査」結果、雇用形態別で
問1「どの程度幸せか」を雇用形態別に集計すると…

 今年4月27日に内閣府が発表した平成21年度国民生活選好度調査(通称「幸福度調査」)で、日本人の「幸福度」は10点満点で平均6.5点となり、主要各国を下回ったことが話題になった。詳細に検討するため行政文書開示請求によって元データを入手し、雇用形態別の幸福度を分析したところ、公務員の幸福度が1位だったことが判明した。男女別・年齢層別では、男でもっとも高かったのは20代の公務員と30代の会社役員(ともに8.17点)、女は20代の専業主婦(8.09点)だった。一方、普通に働いている「管理職以外の会社員」と「派遣・パート」は、仕事、お金、生活と全ての面で平均を下回り、悲惨な幸福度(不幸度)が際立つ結果となった。(開示データはダウンロード可)

【Digest】
◇総合的な幸福感 1位は公務員
◇仕事の満足度 1位はやっぱり公務員
◇生活の満足度 1位は学生
◇お金の満足度 1位はまたも公務員
◇男は20代の公務員、女は20代の専業主婦が幸せ
◇幸福度総合ランキング 総合1位も公務員
◇開示データのダウンロード

 幸福度調査は今年3月中旬、全国の15歳以上80歳未満の男女4000人を対象に調査票を配布する方式で行われ、有効回収数は2900人(72.5%)。うち公務員は111人なので割合にすると3.8%だった。日本国憲法15条の2で「全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない」と定められている公務員が、奉仕先よりも、自分たちだけ高い幸福度を感じているという珍妙な結果になった。

 公務員は、7.3点で1位だった総合的な幸福感のほか、以下で詳細に見ていくように、仕事の満足度で1位、生活の満足度で3位、お金の満足度で1位だった。総合的に見て現在の日本は「国民が公務員への奉仕者」という逆転した社会になっているようだ。そうした批判を恐れてのことだろう、内閣府が公表した資料や報告(以下参照)では、雇用形態別の幸福度は、まるでなかったことであるかのように、触れられていなかった。

 →質問一覧や結果の概要は内閣府のウェブサイトにてダウンロード可

 雇用形態と幸福度の関連について、具体的に見ていこう。

◇総合的な幸福感 1位は公務員
 雇用形態は、調査においては、10種類のなかから1つを選択する形式になっている。雇用形態の種類と有効回答数は以下の表の通りで、もっとも多いのは管理職以外の会社員648人(22.3%)、派遣・パート・アルバイト475人(16.4%)、次いで専業主婦・主夫424人(14.6%)、無職399人(13.8%)という内訳だ。

雇用形態と人数
雇用形態人数割合
会社員(公務員を除く)で管理職以外64822.3%
派遣・パート・アルバイト47516.4%
専業の主婦・主夫42414.6%
無職(専業の主婦・主夫を除く)39913.8%
自営業(農林漁業、商工サービス業、自由業などを含む)33811.7%
学生2267.8%
会社員(公務員を除く)で管理職1635.6%
公務員1113.8%
会社の役員652.2%
団体職員や団体の役員471.6%
無記入40.1%
2,900100.0%

 上でも述べたが公務員は111人(3.8%)で7位。これより少ないのは会社役員65人(2.2%)と団体職員・役員47人(1.6%)だけだ。

 人数が実際と異なる印象があるのは訪問留置法という調査方法による。調査を実施した社団法人新情報センターによると、同センターの訪問留置法では調査員が家を訪問して回答者本人または同居人に説明した上で質問票を手渡しし、後日回収するときも手渡しで受け取る。調査員の活動時間は「常識的な時間帯」「迷惑にならない時間帯」というから、働いていて家に誰もいない単身世帯は調査数が低くなる傾向がある。

 質問票の問1は総合的な幸福感についての質問で、「とても不幸」を0点、「とても幸せ」を10点とする11段階から1つを選ぶ。

問1 現在、あなたはどの程度幸せですか。「とても幸せ」を10点、「とても不幸」を0点とすると、何点くらいになると思いますか。いずれかの数字を1つだけ○で囲んでください。

とても不幸 0点 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10点 とても幸せ

 雇用形態別の点数は次のようになる。国民平均は6.5点という政府発表だけでは分からなかった部分、さらに言えば、政府が隠しておきたかった部分である.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



仕事満足度も公務員
生活満足度1位は学生
お金の満足度、公務員が1位

関連記事
記者コメント
本文:全約8,000字のうち約6,300字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「ココで働け」トップページへ

アクセス数 7072 続報望むポイント
274
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ニック  12:44 11/22 2010
さすが公務員天国日本(笑)  でも、公的債務残高見ればわかるけど、将来の見通しも立てれない無能・無策集団ってことははっきりしている。  自分のけつくらい自分で拭きなさいと言いたいね
熊吾郎  01:43 11/22 2010
問題なのは公務員が労働基本権やら賃金やら福利厚生やらで他国並みのスタンダードなのに民間がそうでない点。やはり労働法制の抜本的な見直しを行うべきでしょう。
ヌネ  07:10 11/20 2010
会員
本当に公務員は幸せなのでしょうか。しかも20代男性でトップ。公務員と一口にいっても、様々ですが。
p  16:03 11/18 2010
公務員が一番幸せなのは異常。もっと多様性があってしかるべき。