MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
サントリーペプシも発がんトクホコーラに 米ペプシコは製法改善も、利害関係者名すら伏字で密室許可
11月13日発売予定のサントリーのペプシスペシャル。サントリーホームページのニュースリリースより。

 キリンの「メッツコーラ」に続き、今度は「ペプシ」もトクホ商品になると発表された。コーラのカラメル色素に含まれる発がん物質について問合せると、メーカーのサントリーは説明を拒否。米国ペプシコ社は製法を改善したが、審議した議事録によれば、日本では同様の低減措置すら求められぬまま認可されたことがわかった。脂肪の摂りすぎを助長しかねない表示も、改善なし。最も問題なのは、許可の是非を審議した部会の議事録が、申請メーカーと利害関係のある委員名、メーカー名、商品名など伏字だらけで、密室での不透明な認可となっていること。本来、消費者の立場で審議を進めるべき消費者委員会の部会が、最も消費者の知る権利を阻害している。このままではトクホの信用は地に堕ちるばかりである。(議事録の伏字部分を筆者推定で再現したPDFファイル付き)

【Digest】
◇トクホのペプシ発表 発がん物質対策はどうなったか?
◇トクホ許可を審査した議事録は伏字だらけ
◇発がん物質の含有量は不問に?
◇脂肪の多い食事を助長する表示もそのまま承認
◇申請メーカーと利害関係のある委員名も伏字

◇トクホのペプシ発表 発がん物質対策はどうなったか?
 サントリーが、ペプシコーラのトクホ「ペプシスペシャル」を11月13日から発売すると発表した。(→広告はこちら

 記者発表資料によれば、有効成分も効能もキリンのメッツコーラとまったく同じ。「難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにするコーラ飲料」とある。

 これでトクホとして認められたコーラは2件目。ただ、コーラについては添加物のカラメル色素に含まれる発がん物質「4-メチルイミダゾール」の問題がある。

 この件については本サイトで2回にわたり報道している。

キリンメッツコーラは発がん物質入り 「発ガンコーラ」はトクホにふさわしくない

メッツ“発ガン”コーラ、日本では甘い基準で野放し 発がん物質許容量は評価機関により200倍もの差

 ネットでは「1日16リットル飲み続けなければ安全」というキリンの報道発表をうのみにして、この警告記事を煽り記事だと批判する意見も見受けられるが、2番目の記事に詳しく書いたように、これは発がん物質の評価法をめぐる専門機関でも意見が分かれている。

 カリフォルニア州の基準は、アメリカ環境保護庁(EPA)の発がん物質評価ガイドラインに基づいて科学的に不確実な部分を安全側に立って評価した値。カリフォルニア州だけでしか規制していないからといって非科学的なもの、というわけではない。

 キリンが安全性の根拠とするEUの欧州食品安全機関の評価書の中でも、予防的には技術的に可能な限りできるだけ減らすことが賢明だ、と勧告されている。

 現にアメリカではペプシコーラのメーカーであるペプシコ社は、「4―メチルイミダゾール」の含有量を減らすため製法を改善した、と発表している。

 日本のペプシも、せめてトクホの商品だけでも、発がん物質削減のための製法改善を行ってもいいのではないか。サントリーお客様センターに問い合わせたところ、13日の発売前に成分の詳細な情報はお教えできない、と回答拒否。

 それでは、ということで、このペプシスペシャルを審議した議事録をチェックした。現在、トクホの許可は消費者庁の管轄だ。このペプシスペシャルについては、11月5日にトクホの許可を発表している。

図1ペプシスペシャルのトクホの許可を認めた消費者委員会・新開発食品調査部会の2012年8月28日の答申
 実際の審議は、内閣府内に作られた消費者行政全体を監視する役割の消費者委員会の下の、「新開発食品調査部会」で行われており、その部会は8月28日の段階で許可して差し支えない、という答申を出している。(図1)

 この答申をみると7月9日の部会で審議をして結論を出したと書いてあるので、その議事録をあたった。

◇トクホ許可を審査した議事録は伏字だらけ
 しかし、その議事録をみて、驚いた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



図2伏字だらけにになったペプシスペシャルの議事録。過去のメッツコーラの議事録との比較。
図3利益相反のある委員の名前も伏字。2012年7月9日の第9回消費者委員会新開発食品調査部会(9回)より
図4厚生労働省の医薬品審査に関する薬事分科会の審議参加規程。利益相反のある委員の情報公開が決められている。(赤枠筆者)

 

 

関連記事
記者コメント
訂正のお詫び。議事録伏字の著者推定再現PDFに一部誤りがありました。関与成分である難消化性デキストリンの量は5㎎ではなく、5gです。謹んで訂正させていただきます。(2012.11.18)
本文:全約6100字のうち約4800字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「食の安全」トップページへ
企画「CMリテラシー」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 12145 続報望むポイント
6
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項