MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
10年後に何が食えるのか?――藤原和博氏と考える仕事の未来(上)――
藤原和博:杉並区立和田中学校・前校長。東京学芸大学客員教授。 (撮影:梅谷秀司、以下同様)

 過去10年、日本の仕事を巡る状況は様変わりした。インド、中国では毎年数百万人単位でハングリーな大卒者が誕生。また、ネット・通信環境が大きく改善したことで、定型業務やIT開発を新興国へアウトソーシングすることも可能になった。仕事の枠を日本人同士で争っておけばよい、という時代は終わった。そのうえ、人口減少に伴う国内マーケットの縮小も追い打ちをかけている。これから日本の仕事はどう変わるのか?10年後にも食えるのはどんな仕事なのか。当連載では、ベストセラー『10年後に食える仕事 食えない仕事 』の著者であるジャーナリストの渡邉正裕氏が、"仕事のプロ"たちとともに、仕事の未来像を探っていく。

【Digest】
◇第1回「エリート以外の99%はコミュニティが職場」
◇第2回「活きのいい奴らは、IBリーグに向かう」
◇第3回「20年後、仕事の半分は公務員になる」
◇第4回“大学”と“宗教”が機能しない、日本の不幸

(司会・構成:佐々木紀彦)
◇第1回「エリート以外の99%はコミュニティが職場」
――この連載では、『10年後に何が食えるのか?』というテーマで、ジャーナリストの渡邉正裕さんが各界の仕事のプロにインタビューを行います。1人目のゲストは、リクルート出身で杉並区立和田中前校長の藤原正博さんです。藤原さんは、民間・公共の双方での勤務経験があり、『人生の教科書』シリーズ、『35歳の教科書』など、キャリア、教育に関する本を多く出されています。

渡邊:これまでに藤原さんは、何冊の本を出版されているんですか?

藤原:1997年に出版したデビュー作の『処世術』に始まって、これまで65冊です。65冊出して、合計でやっと100万部超えたところ。本当に、なんというか、苦しい戦いですね(笑)。

渡邊:いや、すごいです。

藤原:15年かけて、やっと100万部。『処生術』と『人生の教科書[よのなか]』が売れたので、もっとラクに100万部いけると思ったんですが、甘かったですね。

渡邉MyNewsJapan社長
<日本にはもう平均なんて存在しない>

藤原:渡邊さんの『10年後に食える仕事、食えない仕事』はすごくよい本。本当に10万部いくだけの理由があると思いますよ。時宜を得てもいたし、カラーの表が非常にはっきりしいて、ものすごくわかりやすい。

 本の中身について語る前に、一つ言っておきたい一番大事なことがあります。それは、いまだに日本人が「真ん中に平均的な集団がいる」という前提を信じていることなんです。言い換えれば、日本人は、「平均的な集団が生き残れる」という前提で人生を生きているんですよ。

 たとえば、新聞はいまだに平均値のデータを出して大騒ぎしていますけど、実際のところ、その値はものすごく分散しています。トップのほうには、すごくお金持ちで、10万、100万を平気で使ってしまうような人がいる。その一方で、年収が100万から200万ぐらいしかない人たちもいる。そういうふうに社会の分散がどんどん激しくなっているんです。

 この分散化が始まったのは、日本の経済成長がピークアウトした1997年頃。この年には、山一証券と北海道拓殖銀行の倒産もありました。その翌年の98年から、日本の一人当たりの個人消費は一貫して下がっています。その少し後から、国内の車の販売もずっと下がり続けています。

 私は、この98年から日本が成熟社会に入ったと言っているんですけど、98年から跳ね上がっているデータが一つあります。それは年間の自殺者数です。97年まで2万数千人で推移していたものが、いきなり3万数千人に跳ね上がった。それが14年間下がっていません。

 つまり、日本は98年から成熟社会に入って、もう14年がすぎている.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



藤原和博(ふじはら・かずひろ)=杉並区立和田中学校・前校長、東京学芸大学客員教授。
1955年東京生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、93年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08~11年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。著書に、人生の教科書シリーズ、『リクルートという奇跡』、『つなげる力』等。最新刊の『坂の上の坂』が10万部を超すベストセラーに。

 

 

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約19500字のうち約18300字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 9507 続報望むポイント
15
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項