MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
DHC、長期摂取で死亡率が上がる「上限値超え」ビタミンEサプリを販売――小林製薬・大塚製薬も2倍弱を含有
長期摂取で死亡率が上がる量のビタミンEが入っているDHCの天然ビタミンE[大豆]

 必須栄養素であるビタミン・ミネラルのサプリメントには、国が栄養機能食品として含有量の下限値と上限値を定めている。しかし、ドラッグストアではその上限値を超えるサプリメントが販売され、過剰摂取の危険性が指摘されていることがわかった。現在の制度では、栄養機能食品の上限値を超えた商品は一般食品として販売可能で、「栄養機能食品」という表示ができないだけだからだ。特に危険なのは、体内に蓄積しやすい脂溶性のビタミン(A,E,D)と、必要量と過剰量の差が少ない鉄分。DHC、小林製薬、大塚製薬のビタミンEサプリは、上限値の2倍近くの量で、アメリカで発表された複数の臨床試験のメタ分析では、死亡率が上昇する量であった。最も含有量が多い『天然ビタミンE[大豆]』発売元であるDHCに尋ねると「そういう指摘があることは知っているが、血流改善や冷え解消などの効果を出すためには、ある程度の量が必要」と無責任な回答だった。(大手メーカー主要サプリ安全度一覧、およびDHCお客様相談室とのやり取り全音声データを、会員限定で提供)

【Digest】
◇過剰摂取が危険なビタミン・ミネラルのサプリメント
◇DHCの「ビタミンE」サプリは長期摂取で死亡率上昇
◇DHCの見解は「そういう記述もあるが…」
◇主要メーカーのサプリを検証してみた
◇小林製薬のビタミンAの含有量はロットで10倍のばらつき

◇過剰摂取が危険なビタミン・ミネラルのサプリ
「ビタミン剤でも処方しておきましょうか?」と、病院でも割に気楽に処方されるビタミン剤だが、過剰摂取した場合には危険性も出てくるので注意が必要だ。

 食品安全委員会ですら、「ビタミンやミネラルの過剰摂取のリスク」について注意喚起を出しているほど。

 事業者が、消費者庁に届けるだけで機能性を表示できる「機能性表示食品」の対象成分としても、ビタミン・ミネラルは過剰摂取による健康被害の可能性があるという理由で、認められていない。

 また、ビタミン・ミネラルを含んだサプリメントに関しては、「機能性表示食品」とは別に、「栄養機能食品」という国の制度があり、下限値と上限値が定められている

 ではそれらのサプリメントで、安全性は担保されているかというと、実は上限値以上のビタミン・ミネラルを含むサプリが、普通にドラッグストアやネット通販で販売されている。

 上限値を超えている場合、「栄養機能食品」と表示をつけられないだけで、一般食品としてならば販売できるという、実におかしな制度になっているためである。

◇DHCの「ビタミンE」サプリは長期摂取で死亡率上昇
 食品安全委員会が「特に注意が必要」としている成分が、脂溶性ビタミン(A、D、E)と、鉄分のサプリメントだ。脂溶性ビタミンは体内に溜まりやすく排泄しにくいため、また、鉄分は、必要量と過剰量の差が少ないため過剰摂取しやすいためだ。

 特にビタミンEは、抗酸化作用があるため、動脈硬化予防による心疾患リスクの減少や、がん予防効果が期待され、医薬品としてビタミンE剤補充療法なども行われてきた。

 しかし最近の研究では、ビタミンEの大量摂取には、心疾患やガンの予防効果は無い、という結果が多く発表され、逆に、死亡率が増加する、ということが分かってきた.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



メタ解析論文の一部で、ビタミンEの摂取量と死亡リスクとの相関関係を示したグラフ
主要メーカーのビタミンE,D,A、鉄分のサプリの1日摂取目安量と栄養機能食品の上限値を比較した一覧表。筆者作成。

関連記事
記者コメント
本文:全約4700字のうち約3800字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 892 続報望むポイント
3
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項