MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
日本IBMがリストラ THE OTHER IBM(対価)
相変わらず洗練されきった広告。本当の「あなたの知らないIBM」は社員でも知らない人が多い。

 「将来設計はどうしますか?」「10年後、何していると思う?」「今、こういうプランがあるんだけど、どう?」……
 2005年4~6月期も終盤の6月、日本IBMの各職場では、ライン長による「リソース・プログラム」の打診が盛んに行われていた。要するに早期退職優遇制度によるリストラである。

【Digest】
◇リストに載っているんですよ
◇「LPリスト」に基づき密室へ
◇ターンオーバーマネジメント
◇格差を拡大させた個人業績評価
◇トップタレントを早期昇格
◇評価の納得性はそれなり
◇「あれだけ働いていればな」という上の人たち
◇時給換算では、割に合わない
◇住宅補助に大企業らしさ


◇リストに載っているんですよ
 IBMコーポレーションは1~3月期の業績が目標に届かなかったことから、5月4日、欧州を中心に 1万~1万3千人の人員削減を行うことを発表 。日本では秘密裏に実行することになり、同社労組によれば、約1,000人規模の数値目標が課されたという。

 勤続年数によって10~14ヶ月分程度の割増退職金が提示され、再就職斡旋会社の紹介、業績評価が低い者への執拗なカウンセリングなどが、所属長によって行われた。外資系企業に共通する傾向であるが、日本法人は所詮は子会社。IBM本体から課された目標の達成こそが、雇われ社長(大歳氏)の評価指標となるのは宿命である。

 このため、比較的、転職をしやすい若年層も対象になっている。
 「所属長が個別に声をかけていました。自分が知っている範囲だけで20代も10人くらいがこのプログラムで辞めた。自分はもともと転職するつもりだったので、10ヶ月割増しはラッキーでした」(新卒入社3年目社員)。
 「私の同期も、育児休職中にオファーが来て辞めました」(30代社員)。
 このように、若手・中堅層も数多く辞めている。

 入社3年目の若手から応募OKで、前年度の業績評価が5段階で真ん中以下でも対象者とされた模様。こうなると、社員の大多数はリストラ対象者であり、もはや安閑としていられるのは、コンサルティング部門に在籍する北城格太郎会長(経済同友会代表幹事)の息子(98年入社)くらいである。

◇「LPリスト」に基づき密室へ
 もちろん、評価の低い中高年層はメインターゲットで、所属長(1stライン長)との面談、さらにその上長にあたる2ndライン長も含めた3者面談と、本人が根負けするまで、意に沿わないリストラ面談が繰り返された。「能力というよりは、押せば辞めそうな人、気が弱い人、たまたま儲からない仕事を担当していて理由付けをしやすい人、がターゲットになっています」(労組)という。

 「あなたは、リストに載っているんですよ」。ある社員はそう所属長から言われたという。IBMでは、5段階の個人業績評価で真ん中よりも下の2つの評価が3回続くと「ローパフォーマー(LP)」と認定され、「LPリスト」入りする。これが人事部門から所属長に送られ、所属長はリストアップされた人を密室に呼び、プログラムを説明する。

 「ローパフォーマーという言葉は、社内でよく聞きます。C(下から2番目)評価を3回貰うと、ぜんぜん違う職種に飛ばされたり、逆に、受け入れ先がなくなって全く異動できなくなる例もあります」(20代社員)

 とはいえ、会社の業績が悪い訳ではない。米IBMの第一四半期決算は、1株あたり利益、売上高とも前年を上回っている。それでも、株主のため、飽くなき利益の追求のためにリストラを進める。日本で秘密裏にせざるを得なかったのは、こうした従業員を犠牲にした株主第一主義の経営手法が、日本の風潮では受け入れられないと判断したためと見られる。

 日経グループをはじめ日本の経済紙誌は、もともと会社が発表したものしか書かないPR紙の性格が強いうえ、今年度は、見飽きるほどにクドイ膨大な広告キャンペーン 「THE OTHER IBM」(あなたの知らないIBM) を展開中なので、IBMの経営陣が、スポンサータブー政策で報道統制すればよいと判断したと思われる。

◇ターンオーバーマネジメント
 本当の「THE OTHER IBM」は、ターンオーバーマネジメントにこそある。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



 2002年6月14日付の管理職向けレターで、業績管理の強化に基づくターンオーバーマネジメント(=人材の新陳代謝管理)の継続を明言した大歳社長。
 文面からは相当な焦りが感じ取れる。

 

 同じく6月14日付で出された人事担当取締役からのライン専門職宛転送不可メール。
 プログラム対象者は、「Bottom10%の社員」「Top Talentを除いた50歳以上の社員」などと明記。
 50歳で18ヶ月増しと今回より条件も良い

 

  

キャリアパスと報酬

関連記事
記者コメント
本文:全約7500字のうち約5900字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
この記事に関連する情報提供はこちらまでお願いします。info@mynewsjapan.com
アクセス数 33770 続報望むポイント
1229
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ますます  23:33 06/27 2012
PIPやら退職強要やら、社員を選別してやめさせる手口はいろいろある。うつの人も多い。ここ10年日本の売り上げは減少するばかり、リストラしても改善しないのにまたリストラ。バンドが上がっても年収はそのまま。やっとれんわ。
老人OB  15:23 12/10 2008
会員
評価は相対評価ゆえ、自分でコントロールできない部分がある。これは仕方ない。Cの常連でも転出させるために以前の評価だとB、今の評価だと2をつけることもある。転出後Top Talentになった人もいる。
老人OB  15:15 12/10 2008
会員
この会社は、「直属のライン」の資質であなたの運命は決まる。2ndや3rdは原則介入しない。私の場合は1stなしの2nd直業務報告だったが、ラインが飛ばされて自分も閑職に。最後は転職した。実際の年収は20歳代はともかく入社10年目以降はこの掲示板のデータよりは2~3割低いと思った方がいい。労働組合の賃金調査とのかい離がある。少数の高い人が平均値を上げている。
大変だ  12:55 11/22 2005
>>この2年、日本IBMの業績は満足できるものではありません。市場におけるシェアも明らかに失いつつあります。その根本理由は、1.激しく変化するお客様の購買パターンと競争環境に我々がついていけていないということ、2.営業カバレッジが固定化しているということ、3.サービスの価格競争力が低いということ、以上3つと判断しました。
と、社内報がでてしまいました
いろいろ  10:48 11/21 2005
男女平等、社員を大切に、高い給料。人事施策の宣伝ばかりしてるが実態はかなり違う。セクハラも多く小生の近くでは問題に、6月にリストラで何百人もの社員がやめさせられた、評価に応じた給料と公言しているが昇格させることと同時に低い評価で我慢させる=低いボーナスになった人も多い。評価のみ人事記録に残ればリストラの対象にもなる。実態を語るべき、人事施策に問題有。
あんたねえ  00:21 09/26 2005
ぬるま湯で脳まで蕩けちまったじゃないのか
こんなとこにいつまでもへばり付いてる暇があったらぬるま湯で2回目のリストラされないように気をつけな
ぬるま湯の蛙2  07:44 09/21 2005
上司が普通の人なら俺もできんと思うよ。でも奇行癖ある人間でも人事に権限ないから排除できねーんだよなあ