MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
新聞料金、17年も上乗せ徴収の事実 特殊指定「同一価格」の嘘
東京新聞の自動引き落とし記録

 

 


 私は栃木県の新聞購読者です。以前は都内に住んでおりましたが、平成元年(1989年)に那須町中心地から10Kmほどの家に移り住んで以来、17年間にわたっていくつか新聞を代えて定期購読を続けてきました。その間、毎月、定価に加え郵送料として500~700円を上乗せ徴収されています。

 今でもブロードバンドが普及していない田舎です。「配達には追加で千円かかる、(販売店と購読者で)折半になります」といった説明を受け、当時は「そんなもんかな」と疑問にも思わず、そのうち上乗せ料金も値上げされ、先月まで700円を支払ってきました。

 それがおかしいと気づいたのは、最近の特殊指定堅持キャンペーンを読んでのことです。直近では東京新聞を約2年ほど購読しておりますが、3月19日付の「特集 新聞の特殊指定見直し問題」を読むと、新聞の購読料は再販価格であり、「新聞社や販売店が特定の地域や読者によって異なる価格を設定することを禁止している」とあります。

 紙面では「宅配制崩壊の懸念」「揺らぐ全国同一価格」などの見出しで、特殊指定という規制の継続を訴えており、新聞の購読料とは、1ヶ月を単位とする宅配価格であることを認識できました。つまり、私が支払っている上乗せ料金は、明らかに規定違反だということが分かったのです。

◇「不満があるなら配達しない」
 そこで、まずは東京新聞の読者応答室(FAX:03-3471-8639)に、購読期間である平成16年7月から18年3月分までの22か月分の上乗せ料金、15,400円(700円×22ヶ月)の返金要求を含め、意見を書いてファクスで質問状を送りました。4月24日午後4時ごろのことです。

 すると、連絡が行ったらしく、2時間後に、新聞販売店である(有)池沢新聞店の人が訪問してきました。粗品のタオル を渡され、「上乗せ料金については、はじめに説明してあるので、不満があるならば4月一杯は配達するが5月からは配達しない」と言うのです。

 私は東京新聞の購読を続けるつもりだし、そんなことは受け入れられない。「販売店が配達をしないなら、本社から直接郵送することを要求する」と伝えました。そもそも新聞の購読料金は、新聞社が指定した「宅配価格」なのであり、戸別配達の費用まで含まれているはずです。

◇新聞社と販売店による詐欺行為
東京新聞への質問状
 当然、納得がいかないので、4月29日に、再度、東京新聞に4つの質問(右記)を送り、文書による回答を求めました。第1に、上乗せ分の返還。第2に、違法行為の認識。

 第3に、特殊指定の厳密な適用要求について。新聞社自身の説明によれば、特殊指定を受けている理由・根拠は「誰でもどこでも同じ新聞を同一価格で購読することを可能とし、戸別配達制度を支え」ることと、「採算重視で配達が大変な過疎地などへの配達が切り捨てられる恐れ」をなくすためだそうです。私は、この2つの当事者そのものであり、定額の購読料が厳密に適用されるべきです。これを適用せず上乗せ課金するのは、新聞社と販売店の合意のもとで行われている詐欺行為です。

 第4に、日曜・祭日に新聞が届かず休日明けにまとめて届く問題について。一ヶ月の再販価格は、休刊日を除いて毎日宅配される価格のはずですが、1日遅れでは古紙のようなものです。

◇東京新聞販売局の人間が返金にやってきた
 すると、5月2日の午後4時ごろ、東京新聞販売局の販売第3部、岡島文雄氏が、池沢新聞店の人間とともに自宅にやってきた。「上乗せ分を返す」とのこと。私が求めているのは、すべての質問に対する文書による回答であったため、抗議したうえで、預かり金として15,400円を受け取ることにした。

東京新聞販売局社員の覚書

 

 

 

 証拠を残さず片付けようとしていたため、岡島氏に、手書きで訪問の趣旨等について書いてもらった。

 「平成16年7月から平成18年4月まで22ヶ月の間、郵送料として1ヶ月700円、合計15,400円を月ぎめ定価以外に頂いておりました。本日、この過剰に集金していた部分を池沢新聞店より返金させて頂きたいと存じます。(後略)」

 質問に対する回答は未だになく(5月14日現在)、返せばいいという問題でもない。これは違法行為であり、過剰分には金利もつくはず。さらに、自分1人の問題ではなく、たとえば同じ那須町に住んでいるタレントの高木美保さんも同じく過剰料金を徴収されているのだろうか。それとも、人によって差別があるのだろうか。全国で同じことが行われているはずです。

◇産経新聞、日経新聞、朝日新聞も…
左:産経新聞
右:日経新聞 の自動引き落とし記録
 東京新聞は回答をしないが、上乗せ分の返金はした。その前は、平成10年12月から平成16年6月まで産経新聞を、それ以前は、日経新聞(少なくとも平成9年4月~平成10年11月)を購読していた。さらにその前には、朝日、毎日、地方紙も購読した記憶があります。

 これらはすべて、口座振替の記録から、証拠が残っている。

 産経新聞は、2,950円のはずだが、平成16/7/27には、3,650円が引き落とされている。平成10/12/28から5年7ヶ月にわたって.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
この記事は『月刊WILL』7月号(5月27日発売予定)の特集ページに掲載されます。
アクセス数 19505 続報望むポイント
2006
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
aa  08:16 05/01 2014
記者クラブ制度という悪しき風習は中世国家日本にしか存在しない。しかし事実だけを伝えるというのもまた幻想。
ブレア  23:30 01/06 2007
私も栃木県の新聞購読者です。宇都宮市内にもかかわらず「配達しない」「コンビニで買ってください」と販売店から連絡が来ました。
のぼるくん  09:27 12/03 2006
 これをもって「公正取引委員会」へ訴える人はいないのでしょうか?「何が特殊指定かといいたい。
S.S  23:41 09/07 2006
大手新聞社がこぞって特殊指定維持によって言論の自由が維持確保されると言い回っているのに、どこも似たような平坦な紙面になっちゃってるのが問題てこと?
サイトウケン  07:32 05/31 2006
aiさん

そのとおりですね。幼稚なやり取りをしてしまったこと、反省です。

特殊指定は現在の読者のみならず、国民全ての問題。長期的な視野で真剣に考える必要があると考えます。
ai  06:38 05/31 2006
私は特殊指定廃止に賛成だ。ただ時期が早いと思う。都市部ではネットの普及により部数に影響が出始めているが、全国的に環境が整えばその恩恵は田舎ほど大きいはずだ。郵便事業のように目に見える購読者数になってからでも良いというのが私のコメントだ。新聞社は一社にはならんし、配達も高価ながらアングラとして残るんだろうな。
ai  06:14 05/31 2006
報道に否定的なのに、何を信じて事実を知り、その上で論じているのか述べてくれ。なんて応酬論法は幼稚だからやめましょう。特殊指定の問題は、現実に何百万と購読者がいて、その人達の事を考える問題だ。