MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
都銀(出世の法則)
 「支店の行員は、これから街のスーパーの店員みたいになっていくからね」。東京三菱銀行の中堅行員は、社内公募で三菱証券の投資銀行部門への異動を希望(実現している)した理由について、そう話していた。2年前の話だ。それは、加速度的に現実のものとなりつつある。

◇リテール強化で行内格差拡大
 公的資金のおかげで生き延び、業績がバブル期並みに回復したことに伴い、都銀各行は、預金金利をバブル期並み(5~6%)に回復させる代わりに(ほとんどゼロだ)、採用の大幅拡大を発表した。

 三菱東京UFJ銀行は、2007年4月入行予定の社員数を、今年(620人)の3倍にもあたる2,000人にすると発表。

 だがこれは、従来とは性格が異なる。うち75%を占める1,500人は、まさに“スーパーの店員”採用にあたるエリアプロフェッショナル(AP)職で、リテール(個人向け小口金融)専業の採用なのだ。

 支店の中堅行員が現実を解説する。
 「新人を1,500人も採るのはいいけど、法人担当が花形なんだから、あなたたちはたとえ入社しても注目されないんですよ、出世できないんですよ、と本当のことを言うべきなんです.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



みずほ銀行のキャリア

 

 

 

関連記事
記者コメント
『PRESIDENT』2006/7/10発売号 の原文です。雑誌版では、紙幅の制約から3~4割カットされており、広告主への配慮もなされています。
本文:全約2,800字のうち約2,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 13692 続報望むポイント
645
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
カエサル  04:25 07/19 2006
 総合職新卒採用で都銀リテールを受けていました。
 こういうカラクリがあるんですね・・・。周りがみんな大企業向けの営業に行きたがる理由がわかった気がします。