MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
証券(出世の法則)
 野村證券の「高輪研修センター」で行われてきた伝統の新入社員研修が、今春、ついに2週間に短縮された。昨年は1ヶ月、以前は3ヶ月だから、縮小の一途だ。この研修を取り仕切るのは、体育会出身者が多い本社の「人材開発部」で、社内的には出世コース。

◇名より実、「外資化」の流れ止まらず
 彼らより、挨拶の仕方や手紙の書き方、財務分析、そして創業者の話から始まる「野村イズム」等を学ぶが、内容は「要するにマインドコントロール」(若手社員)で、5分遅刻しただけで1日中、反省文を書かせ続ける、といった徹底した厳しさがウリだった。

 「期間が縮小されてきたのは、研修中に辞める新人まで出たから。今年は内容も穏当なものになったそうです」(同)。

 中央の「おエラい」人事部が、一括して、中央集権的に、精神論から始まる社員教育を施す手法は、若い人ほど受け入れられなくなっている。

 野村は人材輩出(流出)企業として知られ、行き先はほとんど外資。「辞める理由は、若手は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



ゴールドマンサックス証券のキャリア

 

 

関連記事
記者コメント
『PRESIDENT』2006/7/10発売号 の原文です。雑誌版では、紙幅の制約から2~3割カットされており、広告主への配慮もなされています。
本文:全約1,500字のうち約1,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい(無料)
サンプル記事をご覧になりたい方は、こちらへ
■社員を紹介していただいた方、取材を受けていただいた方には、
会員IDおよび薄謝進呈いたします。ご協力のお申し出をお待ちしております。
ご連絡先E-mail:info@mynewsjapan.com
アクセス数 22582 続報望むポイント
446
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項