MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
イラク報道の森住卓氏が産経児童出版文化賞受賞を拒否
   【受賞作品】

 イラクの子どもをテーマにした写真集「私たちはいま、イラクにいます」(森住卓・シャーロット・アルラブロン共著 講談社)が第51回産経児童出版文化賞を受賞したが、著者のフォトジャーナリスト森住卓(たかし)氏は5月10日、受賞を辞退した。

 イラク戦争に関して産経新聞は、一貫して日米両政府を支持し、攻撃と占領を肯定してきた。一方、受賞を辞退した森住氏は、子どもたちをはじめ、爆弾を落とされる側から徹底して取材している。特に米英軍が使用した劣化ウラン弾の被害報道に関しては第一人者だ。その森住氏の著作に産経新聞が賞を与えたことで注目されていた。

 受賞の知らせを聞いた森住氏は「産経新聞の論調は、イラクの独立のために抵抗している人々をテロリストと呼び、アメリカの戦争に協力的です。イラクの子どもたちの事を書いた本が賞をもらうことはとても嬉しいことですが、この新聞社からもらいたくないというのが、率直な私の気持ちです」と自身のホームページで心情を語っている。

 以下、森住氏の了解を得て受賞辞退の手紙を掲載する。

 第51回産経児童出版文化賞の受賞を辞退させていただきます。
「私たちはいまイラクにいます」に登場するイラクの子ともたちの写真は悲惨な戦争のなかでも、それを乗り越えてたくましく生きていました。彼等は無法なアメリカの侵略戦争を身をもって告発していました。空爆された跡に立つ少女や劣化ウラン弾の影響と思われる白血病の少年がじっと見つめる瞳はこの戦争を止められなかった大人たちの責任を静かに追及しているようでした。
 この戦争を産経新聞社はどのように伝えたのでしょうか?日本政府のこの戦争に加担する姿勢を一度でも批判したのでしょうか?
 この賞を受けてしまったなら、イラクの子どもたちに2度と顔向出来なくなってしまいます。
2004年5月10日
森住 卓

 同賞は、産経新聞社が、優れた児童書籍の刊行を奨励する目的で1954年から毎年授与している歴史ある賞。第40回(平成5年度)には、「DAYS JAPAN」の編集責任者である広河隆一氏が「チェルノブイリから ニーナ先生と子どもたち」で受賞している。

森住卓プロフィール(HP内)

関連記事
記者コメント
 イラク侵略支持の産経新聞が、正反対の立場にいる森住氏の著作に賞を与えるのは、アメ玉をしゃぶらせて、じゃまになる対象を取り込むという意味ではないかと私は思う。フリーランスの立場で、賞を拒否するのは並大抵ではない。今回の森住氏の決断は評価されるべきだと私は考える。
アクセス数 7154 続報望むポイント
2087
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
渡邉  00:57 06/17 2004
武富士から名誉毀損で2億円請求されたり(寺沢有さん)、盗聴されたり(山岡俊介さん)っていう事実こそが、ジャーナリストにとっての本物の勲章だと思う。
ken  03:20 05/20 2004
ノーベル賞も、所詮は事
前「選挙運動」に加え、
特に文科系の場合は選者
への迎合(西欧への迎合
アジア侮蔑・日本自虐→
大江健三郎!)だから、
真実とは遠く、正当な評
価には程遠いのが実態。

渡邉正裕  00:46 05/14 2004
石牟礼道子、ジョンレノン、サルトル、本多勝一、ほかに事例をご存知の方がいましたら教えてください。「もともと『賞』というものはすべて基本的に愚劣なのだろう」(本多)との意見に賛成。
渡邉正裕  00:39 05/14 2004
「げんに、たとえば石牟礼道子氏のような良心的作家は、大宅壮一ノンフィクション賞を直ちに拒否した。…レノンや石牟礼氏や、ノーベル賞を拒否したサルトルなどは、やはりケタの違うことを認めざるを得ない。」(「職業としてのジャーナリスト」本多勝一)
渡邉正裕  00:38 05/14 2004
「今から17年前(1964年)、あれは私がニューギニア高地(西イリアン)にいたため留守の間のことである。この出版社が、私のルポ『カナダ=エスキモー』に対して『菊池寛賞』を出した。むろん私は知らなかったが、当時の私の上司が代理として受け取った。私自身も、文春の現在のような本質など当時は知るよしもなかったので、帰国してからこれを知っても拒否する気はなかった。」
渡邉正裕  00:36 05/14 2004
それから4年後の1969年秋、ジョン=レノンはこの勲章を女王に送り返した。理由を書いた手紙には、ナイジェリア・ビアフラ紛争へのイギリスの介入やベトナム戦争へのイギリスの対米支持などが挙げられていた。
渡邉正裕  00:34 05/14 2004
ビートルズは65年秋にエリザベス女王からバッキンガム宮殿でMBE勲章を受けた。同時に受賞した年配者の中にはビートルズ受賞に不満をもらす者が多かった。格が下がるというのだ。これに対しジョンレノンは語った。『文句をつけてる人の中には戦争中の英雄として勲章をもらった人がたくさんいますね。人を殺してですよ。ぼくたちは人々を楽しませたことでメダルをもらったんです。』(ジュリアス=ファスト『ビートルズ』)