MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
南の島の船長は(沖縄)
 三線を手に海を行く。

 先日、石垣島から西表島へ渡るフェリーに乗った。八重山諸島で離島に渡る主要な手段は高速船だが、車やバイク、大きな荷物などはフェリーで運ばれる。ほぼ一日一便。日曜はなし。時間は高速船の2~2.5倍ほどかかるが、値段が安く、そしておもしろい。

 僕がフェリーに乗った日は、天気もよく、海はべた凪。定刻より5分ほど遅れて出港した船は、港の防波堤から外海へ出てもほとんどゆれない。高速船ならば40分程度の港まで、この船は2時間かけて行くのだ。

 石垣の港を出港して、竹富島の横に差し掛かったとき、どこからか、沖縄の伝統的な楽器である三線(さんしん)の音が聞こえてきた。このフェリーは小さいので、船員さんは3人しかいない(船長含む)。客は僕一人だ。

 操舵室をのぞくと、船長が工工四(くんくんしーと読みます。三線用の楽譜)を見ながら歌三線の練習中だった。ときおり右手で舵をクルクルと回すが、その間も三線を手放すことはない。船長の三線稽古は、到着の15分前までつづいた。

関連記事
記者コメント
携帯電話片手の車の運転は許せない僕ですが、三線片手の操船は許せる気がします。ここは南国八重山諸島。
アクセス数 5073 続報望むポイント
1393
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項