MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
RSS&情報窓作成
マイニュース

滋賀医科大学医学部付属病院で発覚した患者モルモット未遂事件――患者を守るために体を張ったスーパードクターに対する組織的報復

Tinyreportsimg_j20190315100424  滋賀医科大病院で、前立腺癌に対する小線源治療の手術経験がまったくない泌尿器科の医師が、患者を手術訓練に利用しようとした事件が発覚した。同病院では、2015年1月から独立した小線源治療学講座を開き、それに併設する外来で、小線源治療の世界的なパイオニア・岡本圭生医師が小線源治療を行ってきた。しかし、泌尿器科の教授らが、岡本医師とはまったく別に「泌尿器科独自の小線源治療」を計画。本来は、岡本医師が担当すべき患者ら23人を、その泌尿器科に誘導した。が、岡本医師は“素人”による手術を実施寸前で止めた。泌尿器科の計画は学長命令で中止になり、岡本医師が23人を引き受けた。そして診察した結果、そもそも小線源治療の適応がない患者や、術前の不要な医療処置で小線源だけの単独治療ができなくなった患者の存在が判明した。被害患者らは病院に謝罪を求めた。追い詰められた病院は2019年末で岡本医師による講座と外来の閉鎖を決定。患者らは年内限りで岡本医師による術後の経過観察が受けられなくなる。また、小線源治療を希望している癌患者の手術スケジュールも組めない状態になっている。岡本医師も年内で解雇され、事件がもみ消されようとしている。大学病院を舞台に交錯する「白い巨塔」の光と闇をレポートする。(03/15 2019)

*
転電
有名企業の人事評価と社風―転職希望者・就活生は必見!
2030年、《「すごくデキるタイプ」ではない子》に親が与えるべき教育
『イシャログ』をリリース:あなたに最適な医者を見つけ、最悪な医者に関わらないために
アレオレデッドとソリティアデッド、傾向と対策
MyNewsJapan、会員2千人に 「広告なし=タブーなし」ネット専業の調査報道ジャーナリズムを確立
写真ニュース
前へ 次へ
アクセスランキング

読者評価ランキング

twitterランキング
facebookランキング
企画
ココで働け! “企業ミシュラン”

サラリーマン EXIT
原発問題から見える日本
ユニクロ 過重労働社会の闇
マスコミが絶対書けない、本当のトヨタ
CMリテラシー
食の安全
こだわりグルメ
その税金、無駄遣い、するな。
言論弾圧訴訟(SLAPP)
スピリチュアル検証
「もの書き」のための原稿料データベース
この酒が飲みたい この酒は飲めない
タバコとJT
えっ?まだ新聞、定価で読んでるんですか!?
編集長海外取材記録
他のメディアへの配信/MyNewsJapanからのお知らせ