MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
RSS&情報窓作成
マイニュース

『不当逮捕 築地警察交通取締りの罠』刊行――「暴行を受けた」と虚偽通報された夫の妻が語る「事件をでっち上げた警察に勝つまでの9年間」

Tinyreportsimg_j20171213234928  寿司店経営の二本松進氏が築地市場で仕入れを終え、車で店に向かおうとすると、警官が「法定禁止エリアだ」と一言発した。「運転手不在の放置駐車を見逃し、運転者が発車しようとする車を取り締まるなんておかしくない?」と抗議すると、警官は「暴行を受けている」と虚偽通報のうえ、公務執行妨害の現行犯として逮捕、二本松氏は築地署に19日間勾留された。妻の月恵さんは、夫が暴行したという虚偽調書への署名を迫られたが必死に抵抗し、翌朝から目撃者探しに奔走。夫婦は東京都と国を相手に国賠訴訟を起こし、事件から9年1か月後の2016年11月1日に高裁で勝訴。都は上告を断念し、東京都に240万円の賠償支払いを命じた判決が確定した。この事件をまとめた『不当逮捕ー築地警察交通取締りの罠』(同時代社刊)が12月6日に刊行されたのを機に、勝訴の最大の功労者ともいえる妻に、取調べの対応、目撃者捜し、独自現場検証、裁判所資料作成など、いざ「我が身」に災難が降りかかった際に役立つ経験についてじっくり聞いた。 (12/15 2017)

*
転電
有名企業の人事評価と社風―転職希望者・就活生は必見!
2030年、《「すごくデキるタイプ」ではない子》に親が与えるべき教育
『イシャログ』をリリース:あなたに最適な医者を見つけ、最悪な医者に関わらないために
アレオレデッドとソリティアデッド、傾向と対策
MyNewsJapan、会員2千人に 「広告なし=タブーなし」ネット専業の調査報道ジャーナリズムを確立
写真ニュース
前へ 次へ
アクセスランキング

読者評価ランキング

twitterランキング
facebookランキング
企画
ココで働け! “企業ミシュラン”

サラリーマン EXIT
原発問題から見える日本
ユニクロ 過重労働社会の闇
マスコミが絶対書けない、本当のトヨタ
CMリテラシー
食の安全
こだわりグルメ
その税金、無駄遣い、するな。
言論弾圧訴訟(SLAPP)
スピリチュアル検証
「もの書き」のための原稿料データベース
この酒が飲みたい この酒は飲めない
タバコとJT
えっ?まだ新聞、定価で読んでるんですか!?
編集長海外取材記録
他のメディアへの配信/MyNewsJapanからのお知らせ