MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
CCCDは諸刃の剣か
 レコード会社がこぞって採用するコピーコントロールガードCD(通称CCCD)。その背景には音楽圧縮ファイルmp3等の普及に伴うコピーや、レコード業界全体の売上不振がある。CCCDは音楽業界を救う舟となるのか、それとも息の根をとめるのだろうか。

 レコード店に行って、シングルCDを手に取ると殆どの新譜にはコピーコントロールCD(以下CCCD)という表示がある。しかし、ほとんどの人はこのCCCDについてただ単にパソコンにコピーできないCDという程度の認識しかないのではないか。

 CCCDは音楽CDではない。音楽CDはソニーが開発した音楽CD規格(レッドブック)という規格に沿って作られてきた。CCCDはその規格に準拠していないため音楽CDではないのである。

 規格外であるCCCDは音楽CDではないため、オーディオメーカー各社は再生を保証していない。これはオーディオメーカーに問題があるのではなく、CCCDという規格が存在しないためオーディオメーカーとしては対応しようがないというのが現状である。

 そもそも著作権保護をビジネスにしている会社によって独自に開発されたコピーコントロール技術は、当然のことながら公開されていないためオーディオメーカーは正式に「CCCDに対応する」プレーヤーをつくることはできないのである。

 そのため消費者は自分のCDコンポで曲が聴けるのかどうか、自己責任で買うことになる。レコード会社は原則としてCCCDの返品を受け付けていないからだ。

 社団法人日本レコード協会のデータによると、音楽CDの一年間の生産量は98年(平成十年)の3億2百91万3千枚を最高に4年連続で減少を続けている。レコード業界は、この問題をパソコン等の使用によるコピーCDの増加ではないかと考え、各社こぞってCCCDの導入を決めた。ビクターエンターテイメントは ホームページでCCCDの導入の理由について以下のように説明している。

 パソコンを経由したCD-Rへの過度の複製行為や、明らかな著作権侵害である音楽ファイルのネットワークへのアップロード(=送信可能化の状態にする)行為などは、ここ数年急速に普及し、今も確実に存在しています。

半年間のCDアルバム国内生産実績・・・・・・1億2000万枚(2002年1~6月)
半年間に友人、知人の為にコピーされたCD-R・・・4000万枚(推計)
   ~社団法人 日本レコード協会データによる~

 レコード会社が発売する正規CDを購入しなくとも、場合によっては違法に作成されたコピーを入手し、所有する事が出来るというこの事態は、先の潤滑な「音楽創造のサイクル」が崩壊しかねないという強い危機感を抱いております。

 弊社は、その事態を回避する手段として、コピーコントロールCD(CCCD)を採用するに至りました。

 他にもCCCDは様々な問題を抱えており、一部の愛好家が指摘する音質の劣化や、CCCD再生によるオーディオ機器の故障など様々な声が上がっている。
 CCCD導入によって、音楽業界は低迷から脱出できるのか、それとも消費者を無視したCCCDの導入が、逆に消費者離れを加速させるのか。

関連記事
記者コメント
そもそも商品が売れない理由に対して普通であれば商品の品質(購買動機となりうるかどうか)を疑うべきであるのに、コピーばかりを問題にするレコード会社の姿勢に問題がある。著作権のありかたを含めて、全体を見直す時期にきていると僕は思う。
アクセス数 11869 続報望むポイント
1887
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
こじま  13:32 10/05 2006
音楽の質を上げたり、コピーじゃなくてCDを買いたくなるような魅力的なCDをリリースすればいいと思います。
買うほどじゃないや、とか、流行でしかない歌が多すぎるので売れないんだと思います。
見通し甘し  19:53 09/05 2006
結局CCCDで迷惑を被ったのは、PCの知識の無い善良な消費者でしたね。
コピーコントロールで言うと、SONYも大分株下げたし。
何やってんだか。
コメント1  04:24 01/24 2005
CCCDを採用していてもPCで簡単にコピーが出来る。だから別段気にしないが、そもそも最近はCDを買おうなどとは思わなくなった。先ず、高い。CD一枚に何千円と払っていられない。そして、買いたいとまで思えるCDが全くと言っていい程に無い。
コメント2  04:24 01/24 2005
それはこのWebでも言えること。一ヶ月に二千円近くも払って読む内容は無い。所詮は個人的意見が多い。皆であれこれ討論・意見交換が出来るとうたうのであれば、別段2chでも出来てしまう。
コメント3  04:23 01/24 2005
ではここの強みは何か?私にはそれが全く見えて来ない。記事やコラムは今やネットのお陰で簡単に手に入る。CDと同様にデジタル化されてしまった時点で、お金を払う必要性が無くなった。ここで会員になっている人達に問いたい。一体何のメリットがあるのか?代価に見合ったサービス・情報を得ているのかと。
asp  13:29 08/09 2004
音質はMP3もMDも圧縮してるからダメだね。でもCCCDはそんな音質悪い?DJはレコード買ってるが。でもCDJが台頭してる。ファイル交換や違法コピーや海賊盤などの著作権問題の方が重要では?CCCDで音楽市場が潤うと思わないぞ。音楽が文化じゃなく娯楽として消費される傾向が強まってる?空気清浄機のように電源を入れて本当の環境音楽になってたり?ジャケが好きな購入派もいる。で…改正著作権法成立!
clieclie  00:02 07/21 2004
 私は最近、お気に入りの歌手、演奏家のCDについては「これはお布施、お布施」とつぶやきながら必ず新品を買うようにしている。
 音楽はもっぱら、パソコンと接続のスピーカーで聴く。車の中では、熱でやられないようにCD-Rに焼いてから聴いている。もちろんレンタルしてコピーすればもっと安くて済むが、そこは「お布施お布施」の精神だ。
 でも、CCCDは「絶対に買ったらんもんね」という覚悟を決めている。
 何せ、自宅では聴けない。さらにオーディオ機器に不具合が起きても保障はない、とされているからだ。
 ただ、レコード会社にだけ腹が立っている訳ではない。家電会社にも腹が立っている。
 今、そこにCCCDがあるのに、というよりも新譜CDの相当数がCCCDであるのに、レコード会社と協議して打開策を探ろうとか、そういう動きがまったくないからだ。
 レコード会社、家電会社それぞれが好きなことをして、互いに歩み寄らず、ツケは消費者へ。
 特にsonyのようなグループ内に双方を抱えている会社でさえ同様の態度をとる、そのことが許せない。
 ちなみに、デジタル放送のコピーアットワンス導入決定での、放送会社と家電メーカーの関係にも腹が立っている。
 地上派デジタルが導入されたら、うちのやや旧式DVD+HDDレコーダーがゴミになるじゃないか。