MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
10/30 2008
Tinyblogsimg_a20081030094254
10/23、「やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!」(光文社)発売となりました。夏にずっと書いていたものです。


【絶版となってしまったため、全文PDFダウンロードできるようにしました。会員ログイン後、以下をクリックして下さい】
.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

これ、ものすごい重要なテーマだと思うんだよね。
あくまで市場原理のなかで、意義深い仕事をやる。
やりがいとカネ儲けは、二律背反じゃない。諦めるな、と。

サラリーマン社会にいると、会社が諦めさせようとするから。

「おまえ、給料もらってんだから、やれ、仕事なんか面白いわけないだろ、給料は我慢料なんだから」みたいな。そうなったら、いやだよね。

外資金融とか、いくらカネ貰えても、一日中カネのこと考えてたら人間からっぽになりそうだし。
だからといって、やりがいだけあっても生活の糧がないと生きていけないし。

ようは、「わたしの仕事館」じゃなくて「キッザニア」の時代だよね、と。
政治とか行政とかNPOとかやりたければ、20代に市場原理の荒波で鍛えろ、短絡的にNPO行っても自己満足のイタい人になって、役たたずになるだけだよ、ということ。

有料ニュースサイトで成功したのは日本の歴史上初めてだから、ウェブのビジネスに興味がある人には参考になると思う。これから不況で、どんどん広告費削られて、広告モデルのビジネスはキツくなるよね。

あとは、仕事のやりがいや、NPO系の志向を持つ人にも読んでもらいたい。

若いうちの苦労は買ってでもする。だから、大企業サラリーマン安定万歳!な人には、つまらない本でしょう。


これはまあ、たくさん売れるとは最初から思っていなくて、むしろ私のブランディング&会社のPRに役立つので、出せてよかった。

事業が一段落したこのへんで一度まとめて、次に進むか、という感じ。

デザインは店頭でもWEBでも圧倒的に目立たないけれど、スタイリッシュで美しくて、非常に気に入っている。

編集の槌谷昭氏が去年からうちのビジネス面に興味を持ってくれていて、このほどちょうどタイミングとして、このあたりでまとめておくか、ということで出版することになりました。興行的には儲からなくても、価値あるものは出すという姿勢がすばらしい。

最初の仮タイトルは、
「売れそうにないモノを売る発想法」
-Webの有料ニュースビジネスでなぜ儲けられるのか-
みたいな感じだった。

で、光文社の営業がそれでは売れないのでは、
ということで、もともと本文のなかにあった文章からとって
このタイトルに変更し、
アマゾンが800部注文してきたということで、初版7千部になった。7割(5千部)売れれば元はとれるそうなので、まあ1回は重版してほしい。

アマゾンのバイヤーの見立てで初版部数が決まる時代。紀伊国屋以上の存在感ですね。

けっこう、タイトル気に入ってます。

 
02:10 08/24 2016 | 固定リンク | アクセス数(1243) | ブログトップへ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
@  22:43 03/07 2014
「やりがいのある仕事を市場原理のなかで実現する!」は既に
廃盤になってしまっていたのですね。

4年前にAmazonで購入しておいて良かった。
P142の反比例する「ジャーナリズム」と「コマーシャリズム」
の図表が大変わかりやすく、またコンサルらしさを感じたのをよく覚えています。
2014年以後のマイニュースジャパンが社会現象地帯で暴れまわることを期待しています。
石井政之  07:10 10/31 2008
書評空間で「やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!」を紹介しました!

いい本ですね。どんどん紹介していきます。
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓