MyNewsJapanとは  
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME お気に入り記事
渡邉正裕記者のプロフィール

最終更新日:19:05 06/26 2015
お名前 渡邉正裕
Mail address masa@mynewsjapan.com
性別 男性 生まれ 1972/05
住所 東京都 職業 会社役員
コメント 写真欄 わたなべまさひろ
(株)MyNewsJapan社長/編集長/ジャーナリスト。専門は働き手の立場から考える雇用・労働問題。
1992年慶應義塾大学総合政策学部入学。政治学、政策過程論を専攻。ゼミは米国の政治。
1996年同大学卒業後、日本経済新聞記者。1,000本超の記事を日経各媒体に執筆。
1999年10月~2004年10月、IBMビジネスコンサルティングサービス(現・日本IBM)。コンサルタント及びマネージャーとして大企業ホワイトカラーの生産性向上、間接部門の効率化、人件費最適化等を目的とした15のプロジェクトに参画。
2001年3月、日本経済新聞社とその代表者・鶴田卓彦社長(当時)を被告として懲戒処分無効を求め東京地裁に提訴。人事部長と日経産業新聞編集長(いずれも当時)を法廷に引っ張り出し尋問。
2004年2月、起業。現会社の代表取締役に就任。ジャーナリズムを「権力と反対側にいる人たちをクライアントとするコンサルティングビジネス」と考え、コンサルティングのノウハウをジャーナリズムに適用した独立系インターネットメディアMyNewsJapanを創業。将来の日本を担う団塊ジュニア以降の若者世代をターゲット顧客として、ジャーナリズムとコマーシャリズムの両立を目指す。

2004年11月、『これが働きたい会社だ』(幻冬舎)発売。
2005年2月、『これが本当のマスコミだ』(東邦出版)発売。
2005年12月、『企業ミシュラン』(幻冬舎)発売。
2006年12月、有料会員1,000人突破。採算ベースに乗せる。
2007年2月、『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』(東洋経済新報社)発売。8刷3万部。
2007年11月、『トヨタの闇』(ビジネス社、共著)発売。6刷4万1千部。
2007年12月、『週刊東洋経済』巻頭特集「ニュースじゃわからない!政治のホント超図解」を執筆。
2008年4月、『朝まで生テレビ』出演。テーマは 「激論!“新しい貧困”とニッポン」
2008年10月、『やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!』(光文社)発売。
2008年12月、『第2の江原を探せ!』(扶桑社、共著)発売。
2010年2月、 韓国語版『トヨタの闇』(창해 チャンヘ)発売。
2010年5月、文庫版『トヨタの闇』(増補版、ちくま文庫)発売。シリーズ6万部発行。
2010年10月、『35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書』(ちくま新書)発売。
2011年3月、『週刊東洋経済』誌上にて『近未来シミュレーション小説「国債バブル崩壊後の社会」 』発表。
2012年2月、『10年後に食える仕事、食えない仕事』(東洋経済新報社)発売。10万部ベストセラーに。
2013年12月、会員2,000人を突破。有料課金モデルの独立系ニュースサイトとして国内初の安定黒字経営に。
2014年12月、患者の立場による医者の口コミサイト『イシャログ』歯医者編をリリース。
ジャーナリズム企業として上場を目指すとともに、生活・消費・雇用・労働等の分野で国の政策決定に関与するのが、中長期的なキャリアビジョンである。

■紙媒体での紹介、及び配信履歴は、ここ に掲載。
田原総一朗『逆風を追い風に変えた19人の底力』
佐々木俊尚「企業タブーに挑戦する徹底現場主義のニュースサイト」
サイゾー「タブーなきニュースサイトから、社会改革に挑む男」

■旅日記は こちら

■私の新着記事のお知らせは、 ここ(個人) と、 ここ(企業ミシュランの取材班名義) から、ご登録下さい。
■ブログ:編集長ブログ。 ブログの新着お知らせ登録は こちら(一番下の編集長ブログ)
■ツイッター:masa_mynews
■Q&A(キャリアに関する質問コーナーとお答え)は こちら

■連絡先:mshwatanabe@gmail.com, 03-5367-1713(会社代表番号),050-3488-3175(FAX)
企業ミシュランでは常時、取材協力者(インタビュイー)を募集しています!

お気に入り記者に追加
お気に入り記者に登録すると、
渡邉正裕さんが新しい記事を書いた時にお知らせが届きます

渡邉正裕記者の書いた記事
掲載日 カテゴリ 記事の見出し アクセス数 続報望むポイント 読者コメント
11:21 10/17 2019
ワーカー 電通新聞局・吉野純局長逮捕 同世代OBが語る「変わらぬ“既得権益マッチョパワハラ村”の体質」 1464 3 0
16:19 09/24 2019
ワーカー 「労働生産性が高くて当然」なサービス砂漠大国ドイツの国内産業 1440 12 1
16:02 09/20 2019
ワーカー ドイツの脱力系鉄道会社・ドイチェバーン(DB)から見える“働き方改革”の論点 973 3 0
10:39 09/18 2019
有権者 続・戦争展示の意義――「博物館は加害国内に」「被害側視点の情報を加害側も共有」、情報ギャップを埋める複眼思考ソリューション 446 9 2
20:52 09/14 2019
生活者 ルポ:信用経済の現場――ドイツの信用乗車方式、オランダの信用レジ&ハンディ端末決済、そしてAIと行政の役割 618 3 0
記事一覧へ > >