MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
08/08 2010
就職(8) 経営上の合理的な根拠もなく新卒一括採用という続けている日本の企業は、つまり、波頭亮さんのような例外的に優秀な人材を見逃し続けているということである。
 茂木健一郎氏が大学3年次の新卒一括採用を批判しているが、これからの競争を勝ち抜くような企業は、今よりも、もっと早期に人材を採用するようになってもおかしくない。

 理由は、第1に「才能は変化しないから」。第2に「経済のソフト化で才能がより重要になるから」。

 外資をはじめとする企業の採用活動早期化は、才能は一生変化しない、という普遍的法則の1つの証明である。知識や技術は会社に入ってから教育して身につけさせればよいが、才能は後から追加できないから、これを取り逃がすと取り返しがつかない。決定的に重要なのは才能であって、大学で何を身につけたかなど、企業から見たら本当にどうでもよいオマケの情報、というのが本音の本音なのだ。

 数百社の中小・ベンチャー企業の採用支援を手掛け、1万人以上の学生を企業に送り込んできたというワイキューブ社長の安田佳生氏は、「人材は育たない」が持論だと公言している。才能・資質は社会人になってから変わるものではないということを指して言っているのだが、これには全く同感である。
 たとえば商品開発なら、商品開発の源である「クリエイティブな力」が必要だし、営業ならば、顧客のニーズを察知できる「マーケティング力」や「コミュニケーション力」が要求される。そしてたいていの経営者は、バカでないかぎり、その仕事に必要なスキルがゼロということはないと思っている。しかし、これはとんだカン違いで、そうした力、つまり才能を、バカではないにもかかわらず、1パーセントも持ち合わせていないという人間は、意外と多いのである。「ほんの少しの才能」を持つことは、それほど難しいことなのだ。
――安田佳生『採用の超プロが教える できる人できない人』(サンマーク文庫)

 私の大学時代の友人を見ても、デキるやつは社会人になっても確実に成果をあげているし(動機の問題から能力はあるのに自らドロップアウトしてしまった人はいる)、普通だった奴は普通にビジネスマンをやっているし、ダメな奴はずっとダメだ。ダメになる人はいても、逆に「ずいぶんと見違えるように育ったな、予想外に化けたな」と思える人など、1人もいない。

 となれば、大学1年次からタレントを発掘して内々定を出しても、全くおかしくない。

 そんななかで学生は何をすべきなのか、といえば、早期に自分の才能を発見し、そこを重点的に引き伸ばし、強みを形成することだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

 
16:36 08/08 2010 | 固定リンク | アクセス数(870) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
NEX-C3  10:18 11/13 2011
我々は、サイトの統計情報について話すことができれば私は今、思ったんだけど - 私たちは価格とその他もろもろについて話すことができれば私に教えて - 検索ボリュームなどは、私がサイトに私が通過adspaceを買うことができるとしています。乾杯は、あなたがが素晴らしい仕事をやってはまる。
@  23:26 08/08 2010
人間の持つ才能=ポテンシャルは大学4年間ではそう簡単には覆らないということでしょうか。確かにその通りでしょう。実際に就職活動に強い子を見るとやはり学歴やエントリーシートだけではなく、特に面接したら強いだろうなという人物が多いと感じます。具体的に言うと話す時に人を引きこむ力があるということです。(もちろん個々人の見聞き出来る範囲には限界があるのでそれが全てだと言う気はないです)

ある意味、サッカーやプロ野球のような運動神経や音楽における分野での音感などのようなものに近いのかもしれません。
ただ働くということはどのような形態であれ人にとって必要な営みですし・・・才能が全てだと言い切ってしまうのも少し悲しい気もします。大学側も1年間の授業時間が中学や高校教育と比べて単純に半分の時間分しか授業や教育をしてないなんて事をやめ大きく変化していく事が今後より求められるように思います。馬鹿高い授業料を支払う学生が不憫です。

学生の意識変化、大学での根本的な授業の改善(日数も含めて)も今後の日本でますます重要になるのではないか。
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

twiterフォロー
facebookフォロー

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓