MyNewsJapanとは
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
07/09 2009
Tinyblogsimg_a20090709153730
ショッピングセンターの各入口にいちいちセキュリティーゲートがある
イスタンブルに来て2週間が経つ。昼間は街を歩き回り夜は読書と執筆・編集だ。テレビがないのもいい。風邪ぎみだった喉もよくなり、健康になった。海外に行くとよいのは、比較して日本を外から感じられるところだ。

■日本は平和だ
 予想外だったのはセキュリティーチェックの厳しさ。空港、ホテル、ショッピングセンターと、入口でいちいちセンサーを通さないといけない。地下鉄でも各駅の入口に1人立ってセンサーを持っている。このコストは莫大だ。

 調べてみると、トルコはつい1年前の7月、イスタンブール西部でゴミ箱に仕掛けられた2発の爆弾によって16人が死亡、100人以上が負傷した。多発するクルド人独立国家の樹立を目指す武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」によるテロと疑われている。2003年には、英国総領事館と英金融大手HSBCの事務所が自爆テロで爆破され、28人以上が亡くなった。

 このためだろうが、特に飛行機には最大限の注意が払われている。イスタンブルからチャナッカレというトロイ遺跡近くの街へ行くときは最悪だった。「電子機器には特に厳しい」などと言ってPCのカバーまで勝手に外しやがった。変換プラグを床に落とされ、キレそうになった。扱いが雑で、客だとは全く思っていない。犯人だと思ってチェックしやがる。いちいちベルトも外すが引っかかる。どうも自宅のカギが引っかかっていたようだ。両手を上げろ、動くな、と言われ犯人扱いだ。これが空港の入口と、出国時のチェックの2回もある。

 見ていると、メガネや小さいアクセサリーでも引っかかっている。そりゃ、確かに安全かもしれない、政府の威信にかけて飛行機だけは落としたくないのもわかる。だが、国をそんな危険な状態にして、旅行者を不快にさせるような国、2度と来るかよ、という感じである。911以降に米国に行った人もそう感じているはずだ。

 トルコはクルド人の移民に寛容だった。その結果だ、と言うこともできる。移民の受け入れは慎重であるべき、と改めて思った。

 これを見ると、日本でテロをやろうとしたら簡単そのもの、いつでもできることがよくわかる。新幹線でも国内線でも、駅でもホテルでも。それなのに起きないとは、日本はラッキーな国だ(政府が特段なにか手を打ってきた結果でもない)。

 
Tinyblogsimg_b20090709153730
アンカラがどうのこうのと表示されてつながらない
■言論規制
 テロと関係があるような気がするが、2か所のホテルで、無線LANからユーチューブにつながらなかった。有線LANでつながったホテルもある。画面表示は右記で、アンカラがどうのこうのと書いてるがトルコ語なのでよくわからない。日本でユーチューブを規制したらさすがに大変なことになるだろう。

Tinyblogsimg_c20090709155440
WiiFit。ソフトは日本並みの充実度。
■ソニーと任天堂
 ショッピングセンターを見てまわり、日本製が圧倒的に強いのはソニーと任天堂だ。ソニーはテレビ売り場でも目立っていたが、ゲームでも任天堂の次に強かった。任天堂Wiiは、ゲーム売り場を占有する勢い。トルコ人はNintendoが日本のメーカーだって知ってるのかな。

 約300店が入っている国内最大のショッピングセンターに行ったが、日本発の店はソニーだけで、欧米ブランドばかり。衣料品って世界ブランドが日本にはなかったんだ、と改めて思った。価格帯的に、同じ価格でもユニクロのほうが高品質っぽいので、十分勝てそうだが。やはり日本は、「ゲームと電化製品と車」の国なのだ。(といっても街中を走るのはルノーが一番多いようだ)

Tinyblogsimg_d20090709160106
日本では酒のつまみコーナーにあるような干しブドウや干し杏などがバラエティー豊かにおかずとして売られている。ヨーグルトをかけて食べる。朝食ビュッフェでは必ずある。
■日本食は健康だ
 羊肉は苦手なのでどうも馴染めない。この国は、脂っこいものや甘いものが多すぎる。魚はあまり食べないようで、スーパーでも売り場が小さい。貝類や甲殻類になると、ムール貝くらいしかみかけない。

 普段、米・餅・野菜・魚介類中心の私は正反対の環境におかれ、仕方がないのでパンとチーズとヨーグルトと果物でしのいでいる。この時期、スイカとメロンがおいしい。もっと魚介類を食べればあんなに太らないのに。

 特に、遊牧民出身のトルコ人は東方より小アジアに落ち着くまで混血を繰り返してきたため、顔立ちは整っているのに、30代以降の男女の肥満率はすごく、おばさんは全員巨体で歩くのも苦しそうだ。

 日本の基準だとスーパー美少女ぞろいなので、おまえら親子?と言いたくなる母娘連れが目立つ。男性だと30歳くらいから一様にはげてデブっている。日本食にしたらもっと健康な体型を維持できるのに、それでも彼らにとってはトルコ料理がおいしいのだろうか。和食のすばらしさを実感している。

 
16:18 07/09 2009 | 固定リンク | アクセス数(875) | ブログトップへ | <<前へ | 次へ>> 

コメント
お名前
コメント (会員ログインして書き込んでください)
その他の情報 (スパム対策で消去されます)
712  15:34 07/12 2009
中国でもYOUTUBEは見れません
ココで働け! “企業ミシュラン”

渡邉正裕(WATANABE Masahiro)
(株)MyNewsJapan代表取締役社長/編集長/ジャーナリスト。ほぼすべての主要企業内ホワイトカラーに情報源を持つ。現役社員への取材に基づき企業の働く環境を一定基準で評価する「企業ミシュラン」を主宰。日経新聞記者、IBMのコンサルタントを経てインターネット新聞を創業、3年目に単年度黒字化。
詳細プロフィール&連絡先

新着お知らせをメールで受け取る(『編集長ブログ』は一番下)

RSSフィードで読む場合
このブログツイッターMyNewsJapan記事全体(または特定カテゴリ)

はてブ人気entry

ツイッター人気entry

  ↓最新blog entry↓
〔以下、渡邉の単行本〕

↓最新MyNewsJapan記事リスト↓