MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
さようなら、日大板橋病院脳外科
日大板橋病院外観(HPより)

 かれこれ15~16年、脳腫瘍とつきあっている。患者を見ようとしない医師たちの態度に不満や疑問は募っていたが、「こんなところにいてはいけない」と転院を決心させたのは、「ここに手を出す脳外科医はいない」という医師の全否定の言葉だった。

 大学時代の1988年に1度目、その10年後1998年に2度目の頭部手術(脳下垂体腺腫、成長ホルモン)を日大板橋病院脳外科で受けた。

 再発となった2度目の手術のときには、腫瘍が血管に巻きついているのでその部分は放置すると説明された。術後、成長ホルモン値が正常値にならなかったため、ホルモン治療(1日3回の自己注射)をその後、続けていた。残存腫瘍はもうとれないのだからこの治療をこのまま続けなくてはいけないのかと思いながら毎月、受診していた。ホルモン注射代だけでも毎月10万円は支払っていた。

 大学病院という体質のせいか、外来の脳外科医が数カ月でころころ代わった。ホルモン療法のこともよくわかっていない脳外科医も数人いた。「先月と一緒ですね」と言ってパソコンでコピー&ペーストして処方箋をつくり、それで終わりといった調子だったのである。「血圧が高い」と言われ、内科と脳外科両方から降圧剤の薬が2種類も出されたこともあった。「一緒に飲むとまずいのでは?」と聞くと、「違う作用のものだから」と薬の内容をまとめた本を見ながら答えた医師もいた。コレステロール、血糖値が正常値でないといって、薬の種類がどんどんどんどん増えていった。

 セカンドオピニオンを聞こうかと思ったこともあった。しかし、日大病院で15年も診てもらってきたことだし、手術のことやいままでの個人データが蓄積されているのだからと思いとどまってもいた。知人の医療関係者から他病院などのアドバイスをもらったが、なかなか踏ん切りがつかないまま毎月、高い医療費と引き換えに袋いっぱいの何種類もの薬と注射針をもらっていたのである。医師から指摘された通り、わたしの腫瘍部分はもうとれないからしょうがないと思っていたのだ。

 2003年初頭から曜日指定の脳下垂体専門外来での受診に変更したこともあって、今度は専門医だからと期待していた。当時のわたしは、体調がすこぶる悪く、検査結果もひどかった。専門外来になった直後からホルモン治療(1日3回投与)の量も増えるなど、まさに薬漬けの日々だった。よくなるどころか春頃には倦怠感、動悸が続き、また気鬱(気分がはればれしないこと)っぽくもなり、体がばらばらになっている感じだった。起き上がれない日々も続いていた。

 外来の予約当日になって、医師が会議があるので予約時間より早く来れるのなら今から来てほしい、と看護士から電話が入ったこともあった。頭部画像(MRI)の検査結果を聞く受診日に手術が入ったから日程を変更してほしい、といった連絡もあった(これは、当日連絡ではない)。患者をなんだと思っているんだ、と頭にきた。しかし、当時は文句をいう元気もなく受け入れてしまった。それでも、今度の受診日には言わねばと思っていた。

 翌週以降に変更され、検査結果を聞きにいったときのことである。私の頭部のMRI画像を見たその脳下垂体専門外来の医師は、「ここ(わたしの腫瘍が残っている部分)に手を出す脳外科医はいない」と言ったのである。「絶対に」と。そして、「放射線治療をしてみるかね」と提案された。

 「絶対」なんてあり得ない。「脳外科医はいない」となぜ、この医師は堂々と全否定できるのだろうか。

 「すぐに病院を変わろう」「こんなところにいてはいけない」

 医師を選ばなくてはいけない。自分の病気のことを自分で知って決めないといけない。遅ればせながら病院選び、医師選びをはじめたのである。1ヵ月後、わたしの腫瘍に手を出してくれる脳外科医と出会った。そして、2回の頭部手術で血管に浸潤している腫瘍の8割がたをとってもらった。薬漬け、ホルモン注射治療からも解放された。もちろん放射線治療もしていない。ばらばらだと感じていたからだも元気になった。

 もし、その脳外科医が「あなたのこの腫瘍には、わたしは手を出せない」と言っていたら、わたしは今ごろどうなっていただろうか。まだ日大板橋病院脳外科に通院していたかもしれない。その脳下垂体専門医は、わたしのいまの頭部画像、腫瘍を見てなんと答えるだろうか。

 転院を決心させたその一言に感謝すべきなのかもしれない。

関連記事
記者コメント
アクセス数 20664 続報望むポイント
2489
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
匿名  22:29 01/15 2016
この下垂体専門医はY教授ですね。日大板橋病院では、このような問題のある医師を主任教授にしてしまうのですね。
halto  21:15 04/26 2015
どの先生に診てもらうかが、どこの病院に行くかより重要です。どの病院にもドクターの当たり外れがあり、主治医の能力・人柄によって患者の満足度と治療経過は大きく変わってしまうのが今の日本の現状です。 10年前の記事なので、教授陣が変わっている可能性があります。いまの日大病院は評判がいいみたいですけど、実際どうなのでしょうか。気になります
匿名。  14:27 04/14 2015
日大板橋の下垂体専門医師はFですよね? 私もここで手術をしました。 今は内分泌科の医師と精神神経科の医師に フォローしてもらってます。 F医師は最近リニューアした高島平の病院へ部長の地位に立ってます。
ゆりか  13:44 03/31 2015
頭痛で受診しました。総合内科チビノリダーに似た研修医N村 レントゲンも撮らず肩こりです。と判断ミオナール処方服用したら嘔吐がする…直ぐに受診痛み止め出すので様子診てと言われた…症状は変わらず…再受診… 原因不明で診察は完了してますが何しに来たんですか?何もできませんって… 研修医がダメなのか、病院の方針かわからないが…受診はしない方がいいと思いました。 あんないい加減な医者初めてでした。
匿名希望  23:04 11/02 2014
私も、日大病院の看護師は質が悪いと感じました。 全員が全員そうではないですが言葉使いもダメな人が多く、看護師さん達には入院当初から僕は、敬語で話す様に心がえていましたが。一部の看護師の方は、何を思っているのか終始タメ口でした。 その方は、因みに看護師チームのリーダーだったようです。 とても、残念です。 医師の方はとても良かったのに、その様な事があると全体の質も下がって見えてしまいます。
匿名  22:57 02/02 2014
もしかして、この脳下垂体専門医師は、板橋病院でトップに立たれて方ですか? そのような、心ない先生が上に立つような病院は、とても信頼できません。
ねね  19:40 11/06 2013
残念ながら、看護婦の質が悪いですね。 外来ドクターも時々看護師に対してイライラしている様子がうかがえました。 入院中も看護師のレベルの低さに驚きました。 丁寧で親切な看護師は1人しかいませんでしたね。