MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
オレオレ詐欺に遭いかけた(中編)
 ついに母のもとへ、被害者から電話がかかってきた。彼の妻も、妻の腹の子供も、生死の境をさまよっているという。すでに完全にだまされている母は号泣しながら300万を払う事を相手に約束してしまう。

 受話器を取った母の耳に、くぐもった男の声が届いた。男の嗚咽である。

 「た、た、高橋さんのお宅ですか……。奥さんですか……。わ、わたし、検察から連絡しろと言われたんですが……」

 この声は、ひどく年配の男のものに聞こえたという。40代、下手をすると50代、といった感じであったらしい。

 「(震える声で)お、お聞きになられたでしょうが……妻はまだ意識が戻りません。……こ、これから手術するそうですが、子供は、私の子供は……。
 ぉぉお おお……。(絞り出すような声で)だ、誰を恨んでいいのかわからない……。あなたの旦那さんを恨んでいいのか、息子さんを恨んでいいのか……わからない ……あ、あの子は私にとって最初の子供でした、私の最初の子供だったんです……」

 ここで男はひとしきり号泣した。
 母もぼろぼろ涙をこぼした。ほとんど、つられて泣いているに近かった、と母は後述している。

--すみません、許してください、すみません! 

 「(鼻をすすりながら)いや、取り乱してすみません。(ため息)……い、今ですね、私ども、病院に入ったばかりなんです……。もうすぐ手術とのことなんですが……ちょうど今さっき、病院側から経費として300万かかると言われたんです。
 あいにく私、妻とふたりきりで旅行中でして(泣く)、私ども千葉のものなんですが……ほとんど持ち合わせがないんです。(さらにむせび泣く)どうか、申し訳ない、そこだけすぐに工面していただけないでしょうか?後のことは、検察に任せようと思っています」

 母は勢いでそれを受けてしまう。

--わかりました、わかりました。今すぐご用意します。

 「どうか、どうか腹の子供と妻が助かるように祈って下さい……(声にならない)おお、どうか……どうか……」

--(絶叫)すみません、すみません、どうか、私の息子をお許しください!

 そうして被害者の旦那からの電話は終わる。数分後、また検事と名乗る人物から電話がかかってきた。母は先刻のやりとりを検事に話した。

 「そうですか…。実は卓也さんだけでなく、先方も示談を望んでいるようなんですよ。先程話した感じではね。こんな形で子供を失うことになったら、どう親戚に顔を向けていいかわからない、と言うんですね。確かに子供は……実際、難しいかもしれませんね……。あちらの気持ちはわからないでもないです……。 で、手術費用、いくら必要だと言われました?」

--3百万って……。

 「そうですか。持ち合わせはありますか?」

--でも、そんな大金……。主人が出かけておりまして。主人でもいれば……私には難しすぎます。

 「(残念そうに)ああ、ご主人さん、こんなときにおられないんですか……。いいですか、奥さん、大丈夫ですか、落ち着いてください。息子さんのためなんです。さきほどまた卓也さんを見てきましたが、現場検証が終わりますと、面倒なことになりますから、急いでもらわないといけません。
 ご主人だってあなたと同じことをしたと思いますよ。表沙汰にしたくなければ、この急場はこちらで持つしかありません」

 それから検事は、これから銀行に行って、自動支払機で金を振り込むように母に告げた。

--でも、あたし、そういう自動ので振り込んだことありません。

 「大丈夫です。着いたら、電話をいただけますか。私が今から振込先等、先方から聞いておきますので。たぶん大丈夫です、奥さん、うまくいきます。なんとか示談にもちこめるでしょう。安心してください」

 そうして、検事は電話番号を母に教えた。080ではじまる、足の着かないプリペイドの携帯番号である。

 「いいですか、落ち着いてくださいね、お母さん。これは卓也くんのためにも、表沙汰には決してできません。守秘義務、ご存知ですね。あなたしか卓也くんを助ける人はいないんですよ。銀行で誰かに聞かれても、知人に頼まれて、と言ってください。誰にも知られてはいけません。がんばりましょう」

 そうだ、私しか息子を助けるものはいないのだ、と母は意を決した。

--わかりました、いますぐ、行きます。

 しかし、最後の最後に、検事はこう言った。

 「お金が振り込まれたら、卓也くんから電話させますからね」

 祖母の心配そうな顔を背に、母はさっそく家を出た。
 車を飛ばし、銀行へ。駐車場から、小肥りの体を揺らして走る、走る。
 息子の安否を気づかいながら。 今まさに店舗に入ろうとしたとき、ふと、先刻の検事の最後の台詞がアタマをよぎった。

  <お金が振り込まれたら、卓也くんから電話させますからね>

 ……なぜ金を振り込まないと電話できないのだろう? その現場検証とやらが終わってから、というなら話はわかるが。

 母は、疑問にとらわれながら、とりあえずその場で卓也に電話をかけてみた。銀行の入り口の真ん前である。

 呼び出し音が鳴って……つながった。

--ちょっと、卓也、卓也! あんた、今どうしてるの!?

 「仕事」

--仕事って、車は? どうしたの?

 「車? 今日乗ってないよ」

 母は混乱して立ちすくんだ。

 「忙しいんだよ、なんだよ」

 母が顛末を話すと、受話器の中でざわめきが聞こえた。卓也と彼の仕事の同僚が話している。……どうやら俺のおふくろが『オレオレ』にやられたらしい ……。

 弟は同僚と相談した後、母に以下のようにアドバイスした。

 「おふくろ、とりあえず、落ち着いて。ばあちゃんに電話して、このこと話して。それから、警察。3階の刑事二課ってところがあるからそこへ行ってくださ い」

 そのまま母が自宅に電話をかけると、祖母が出た。
 顛末を話すと、祖母は仰天した。

 「そういえばや、おめえがいねえ間に2度電話かかってきたもの。一度、鳴って、切れて。二度目、『先程電話したものですが、卓也のお母さんおりますか』って。おりませんって答えたら、そうですか、って切れた。おや、おそろし。おや、おそろし……(注・秋田弁です)」

 母がちゃんと金を振り込みに出かけたか、自宅に確認の電話があったのだ。
 そして、これが、詐欺師たちからの最後の連絡になった。

 さて、これらの詐欺の手口を見ると、単に示談金の要求でなく、急場の手術費を工面して欲しい、と金をせしめているのがわかる。確かに示談金をすぐに振 り込めというよりは説得力がある。もちろん、手術の費用を即座に支払う必要などはないのだが。

 もしこの手術費を振り込んだとしても、次に本格的な示談金の話が出て、短時間のうちに2度、3度と金をだまし取られる可能性がある。
 相手の「表沙汰にできない」という心理的枷、そして加害者であるという負い目を利用した嫌なやり方だ。

 この、今となっては有名になった『妊婦の破水』手口であるが、母がこの手口が横行しているのを知ったのは、すべてが終わって2日後の話であった。

 「これね、怪我人が一人でも大変なわけでしょ、それが子供もくっついて二人よ。目の前が暗くなったわ。今は破水騒ぎみんな知ってるけどね、そのときは聴いたこともない話 だったから、驚いて驚いて。
 でも、今から思うとね、はじめの子供って言っているのに、50歳は過ぎているような声だったから、あれっ、と思ったのよ。でも、家庭の事情なんだろうなとかこっちで勝手に解釈しちゃうのよ。加害者でしょ、つまり、こっちは。
 病院の名前も聞きたかったけど、事を荒立てちゃいけないって思って、どうしてもそういうことができないのよ。ほんと、最後、携帯つながって助かったわ」

 こうして実家は危機からまぬがれることができた。

 検事を名乗る男が、ついうっかりよけいな言葉を漏らしてしまったこと、そして、弟の携帯電話の番号までつかんでいなかったこと(つかんでいる場合、普通は相手がいやがって電源を落とすまで、電話攻めにするだろう)、この二つのおかげで助かったわけである。

 だが、いったい詐欺師たちはどこまで実家の情報を握ってたのだろうか。
 父が出張していた事までつかんでいたのか?ペーパードライバーだった弟が最近運転をはじめたことについては?

 どちらも単なる偶然なのだろうか。考え始めるとキリがない。後に刑事が述べるように、「案外身近な人が絡んでいるかもしれない」という嫌な想像まで働いてしまう。

 話に戻ろう。祖母に連絡を取った後、母は、卓也の指示通り、警察に向かった。

 ……のだが、その警察の対応も納得のいくものではなかったという。

 私は、警察がどんな対応したのか母に質問してみた。

 「それがね、あんた。卓也に言われたように警察の3階に行ってみたんだけどね……ちょっとガックリしちゃったのよ……」

  後編につづく)

関連記事
記者コメント
実家は危うく難を逃れたが、オレオレ詐欺の被害はどんどん広がっている。後編では、警察の対応、地元の銀行の対策など周辺事項をまじえてこの事件について記してみたい。
アクセス数 9775 続報望むポイント
1068
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
!!  17:29 11/16 2004
コレモワラタ
ケン  02:19 11/12 2004
はじめまして、番組制作会社の和田と申します。
現在オレオレ詐欺をリサーチしており、こちらを拝見しました。
実際の体験者を探しております。テレビで体験談を広めることが、今後の被害を減らす方法のひとつだと思っております。
ぜひ、お母様にお話をうかがうことはできないでしょうか。
できましたら、こちらに連絡いただけたら、幸いです。
kengow1@yahoo.co.jp