MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「雑酒」を「第3のビール」と持ち上げて定着させるマスコミ報道
売れ行き好調のアサヒ「新生」。 表示は「その他の雑酒(2)」でも、報道されれば「第3のビール」。

 麦芽を使わずに作られたビール風飲料「第3のビール」。「第3のビール」と言えば「ああ、あれね」と思い浮かぶのではないだろうか。では「その他の雑酒(2)」では?日本の法律上でもビールの歴史上でもビールとは定義されないものを、第3のビールと呼んでいるのは、日本のマスコミだけだ。

 『週刊エコノミスト5/31』(毎日新聞社発行)の巻頭インタビュー「2005年の経営者」に、アサヒビール社長の池田弘一氏が登場している。インタビュアーは『エコノミスト』編集長の西和久氏だ。

 インタビューの冒頭、西氏はこう切り出す。
 「『第3のビール』は大手4社が出そろい、市場を形成しつつあります。」

 これに対して、池田氏は次のように応じている。
 「雑酒の新商品『新生』を4月下旬に発売して以降、わずか10日間で270万ケースを売上げ、近年の当社の新商品としては最高の滑り出しです。(中略)我々としては、発泡酒と雑酒と合わせて2ケタ増にしたい。とくに、雑酒はナンバーワンを狙います。」

 270万ケースと言えば、2,700,000×24=6,480万本。「新生」、そんなに売れていたのか、あの味で(失礼)!でも安いから自分も飲んでいる。

 それはさておき、このインタビューの中で編集長氏が「第3のビール」と呼んでいるにもかかわらず、ビール会社の社長が「雑酒」と応じていることに注目して欲しい。

左:朝日新聞5月14日
右:毎日新聞5月17日
いずれも、「いわゆる」という意味のカッコをつけず、第3のビールとして報道している。
 このインタビュー記事で顕著になったように、これまで各ビール会社がおこなった各種宣伝や広告の中で、そもそも酒造メーカーがみずから「DraftOne」や「のどごし<生>」や「新生」を称して「第3のビール」と表現したことは、僕が調べた限り、なかった。

 各社のサイトを見ても、麦芽を使用せずに製造したビール風飲料を「第3のビール」などと表現してはいない。もちろん発泡酒を「第2のビール」ともしていない。
 また、一般的に販売されている商品には「その他の雑酒(2)」という表示がされている。

 にもかかわらず、「第3のビール」という呼称がマスコミの中では一般的だ。たしかに見た目はビールに似ていますけど。

 だが待ってもらいたい。「ビール」という呼称は、そんなに簡単に使っていいものなのか。

 調べてみると、ドイツでは1516年、ヴィルヘルム4世によって「ビール純粋令」が制定された。ビールの醸造には大麦、ホップ、水のみ用いることができるというもの(16世紀半ばに、酵母も加えられる)で、現在でもドイツ国内ではこれに準じたビール製造が行われている。これ以外の原料から作ったものを「ビール」と認めないという頑固さは、フランスの「シャンパン」や「カマンベールチーズ」などに通じるものを感じさせる。

 キリンビールもアサヒビールもサッポロビールもサントリーも、各社とも自社サイトでこの「ビール純粋令」を紹介していた。本物の「ビール」がどういうものか、造り手は知っているのだ。

日経新聞5月28日
カッコつきで「第3のビール」。これはまだましだ。
 しかし、マスコミは「第3のビール」と持ち上げる。
 記事検索をかけると、日経新聞で最初に「第3のビール」という呼称が登場したのは、2004年4月13日の朝刊「第3のビール快走低価格アルコール飲料、市場を下支え」との記事だ。サッポロビールとサントリーが3月に発売したことを受け、早くも「『第三のビール』ともいえる格安のアルコール飲料が好調な出足を見せている。」と報じている。

 紙面でこの呼称を使ったことのある朝日新聞・読売新聞・毎日新聞に「第3のビール」とは何かを問い合わせてみた。

朝日新聞社広報の回答
 「厳密な定義はありません。あえて言えば『ビールテイスト(ビールの味わい)で、原料に麦芽や麦を使っていない新アルコール飲料』とでも申しましょうか。ただし、この定義は万能ではありません。たとえば、いち早く商品化したサッポロビールでは『ビールテイスト』という表現すら使わず、『新しい味』『第3の生』などと称しています」

 -中身よりも雰囲気を大事にする、ということのようだ。

読売新聞社広報の回答.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
マスコミが実態を歪めて報道することは、よくある。その多くは、官僚の意向に沿った表現を、記者クラブで発表される資料に基づいて使うためだ。恐ろしいのは、示し合わせたように、各社横並びで一律で間違って同じ表現を使い、世論を誘導するところである。下記がその例。
■銀行の「倒産」を「国有化」と表現。
■少女売春を「援助交際」と表現。
■「US=Japan Structural Impediments Initiative」を「障壁」を無視して「日米構造協議」と表現。
■「deregulation」(規制撤廃)を「規制緩和」と表現
(編集・渡邉)
アクセス数 15001 続報望むポイント
1673
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
グルだ  04:25 06/21 2007
ビール酒税が44.5%なんてのは、ボッタクリだ。酒税を下げる努力もしないメーカーは政治家とグル。スコッチ・ウィスキーが安く飲めるようになったのはイギリス人のおかげ。ビール酒税もドイツ並みに6%になれば、本場のビールが発泡酒よりも安く飲める。それも発泡酒より遥かに旨い。
第三の男  19:03 08/29 2006
ビール風の雑種に「第3のビール」という名称は、実態をよく表していて、絶妙だと思うけど。ビールじゃないから「第3の」でしょ?そりゃ、「ビール」と呼べば問題あると思うけど。「なんちゃってビール」みたいなモンだよ。
問題は税率  15:23 08/29 2006
問題の本質は、他の酒に比べて異常に高いビールの税率。
ビール業界は大手の寡占状態だから、それでもとりあえず成り立ってるけど、高い税金を取られる庶民はいい迷惑。
それなりに美味くてかつ安い、発泡酒や雑種を開発してくれるメーカーは、庶民の味方だと思うな。
国は、むしろ税率の高いビールの方を飲んでほしいから、情報操作には無関係でしょ?
tinkletree  13:35 08/29 2006
とてもよい指摘だと思います。もっとも、「本物」のビールとは何かという議論をすることよりも、企業が「ビール」という表現をしていないものを、国やマスコミが「ビール」という位置づけをしてそれを一般化しようとするのは、情報操作とも言うべき。
酒好き  10:36 06/06 2005
欧州では、酒は税金と戦いながら研鑽された。いいじゃんこの位。