MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
成田医師の医療過誤を隠蔽した滋賀医大病院泌尿器科、独自治療開始も手術予定は10月までで1件だけ――小線源治療1100件実施の岡本医師追放に固執
6月1日にJR草津駅東口の広場で、岡本圭生医師の小線源治療の継続を求めて開催された集会と、それに続くデモ行進。150名が参加した。(写真撮影・提供=田所敏夫)

 滋賀医科大学医学部付属病院の泌尿器科の暴走が止まらない。岡本圭生医師による前立腺癌患者に対する小線源治療を妨害しないよう仮処分命令を受けたあとも、大学病院は手術枠を減らしたり、手術の順番を待つ待機患者に「(来年以降は)附属病院泌尿器科の他の医師による治療及び経過観察を行うか、他の医療機関に紹介してもらうかを選択します」と誓約させている。岡本メソッドの評判を落とすため、治療成績を他の大学病院と比較した文書をウェブサイトで公表したが、数字の巧みなトリックであることも判明した。こうした「岡本バッシング」と平行して泌尿器科は、4月から岡本医師とは別枠で独自の小線源治療を開始。しかし関係者の話では、7月、8月、9月の手術枠が1件も埋まらず、10月に1件だけと、患者が集まらない。泌尿器科に対する不信感が広がっているようだ。最新情報をレポートする。

【Digest】
◇仮処分後の岡本外来
◇仮処分の内容を履行ぜず
◇待機患者に突きつけられた書面
◇低リスクの患者がかかえる不安
◇事件をなかったことに
◇国立がん研究センターのプレスリリースを偽造
◇比較方法の誤り
◇民間企業の視点から事件を見ると
◇待機患者の苦しみは続く

 岡本医師に割り当てられてきた小線源治療の手術枠は、週3枠。毎週火曜日に3人の患者が「執刀」を受けてきた。6月以降に手術枠に組み入れられる患者は、仮処分によって治療を受けられることになった人々。司法命令で命が繋がった患者たちである。7月2日が、手術の期間が延長されてのち、最初の手術日だった。

滋賀医科大の塩田浩平学長。(出典=九州医事新報)
 この事件の発端は、既報のとおり、滋賀医科大学医学部附属病院に、日本メジフィジックス社の協力で、前立腺癌小線源治療学講座(以下、寄付講座)が設置された2015年1月にさかのぼる。

 寄付講座が設置されたあと、泌尿器科の河内明宏教授と成田充弘教授が、寄付講座とは別に泌尿器科独自の小線源治療を計画。本来は岡本医師が担当すべきだった23名の患者を、泌尿器科に誘導した。ところがふたりとも小線源治療が未経験だったために、患者を担当していた成田医師が「執刀」の前段で医療過誤を起こした。

 河内教授らの計画は、岡本医師が塩田浩平学長に中止を進言したことで、とん挫したが、事件は終結しなかった。事実上、モルモットにされた被害患者らが、病院長や学長に抗議を開始。岡本医師も、病院に説明と謝罪を要求した。

大津市の郊外にある滋賀医科大学医学部附属病院のロビー。
 泌尿器科の不正行為に対し、隠ぺいで逃げ切ることを画策した病院幹部は、当初2017年末で、寄付講座の閉鎖と岡本医師の解雇を予定した。しかし既に多くの患者に対し2018年以降の岡本医師の治療予定が組まれていることを無視できず、代替案として2019年12月末をもって寄付講座を閉鎖することを告知。そして、岡本医師による「執刀」は、その半年前の6月30日で終了する予定と告知した。ところが、この決定により「執刀」のスケジュールが組めなくなる患者が30名以上発生した。

 そこで岡本医師と待機患者の代表7名が、「執刀」期間を11月30日まで延長するように求めて、今年の2月に仮処分を申し立てたのである。裁判所は5月20日にそれを認める仮処分を下した。その結果、岡本医師による「執刀」は、11月30日までは継続されることになった。

◇仮処分後の岡本外来
 京都市の上田正信さんは、手術の期間が延長されてのち、最初の手術日にあたる7月2日に、手術を受けた。

 上田さんは知り合いのクリニックで、血液採取による前立腺癌の検診(PSA検査)を定期的に受けていた。PSAの値は徐々に高くなっていた。そこで医師の紹介で市立病院を紹介され針生検を受けた。針生検とは、前立腺に針を刺して、癌細胞の有無を調べる検査である。

 しかし、癌は見つからなかった。そこで再び、クリニックでPSA検査をしながら経過を見ることにした。

 2018年にPSA値が一気に28ng/mLにまで上昇した。(正常値は、4ng/mL以下とされている)。医師は、上田さんに市立病院での再検査を勧めた。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



『しんぶん赤旗』(日曜版、2018年6月17日)が掲載した記事。タイトルは、「前立腺がん 高リスクでも高率に完治」。
赤枠で囲った部分だけが、国立がん研究センターのデータ。その他は、滋賀医科大病院が収集したデータである。「加筆」の分量は、およそ2ページに及ぶ。
6月30日の深夜に大阪毎日放送(MBS)が放送したとドキュメンタリー、「映像’19 閉じた病棟~大学病院で何が起きたのか」

関連記事
記者コメント
本文:全約11900字のうち約10600字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 910 続報望むポイント
18
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ジーマ  19:31 08/11 2019
病人は必死で最善の治療方法、医師を求めます。滋賀医科大学病院の院長および泌尿器科の教授等が岡本医師を排斥しようとするのが理解できない上、許せない気持ちになります。患者の必死さを考えれば岡本医師に施術させるべきであり、率先して院内および全国の医療機関に岡本メソッドを普及させる使命があると考えるべきです。保身のために岡本医師を追放しようとする院長および泌尿器科教授に医師の資格は無く、退陣を望みたい。
kawazoe  11:46 08/03 2019
会員
岡本先生は1000人以上の患者を治療してきている。そしてその患者の多くが、岡本先生が治療を行う寄付講座の継続を望んでいる。それにもかかわらず講座を閉鎖するならば、閉鎖理由を説明してほしい。人命がかかわる重大な問題なので、国立大学法人である滋賀医科大学の病院長は記者会見して閉鎖の理由を広く説明すべきだと思う。
ti-da  22:58 07/29 2019
病院長は患者の命よりも自身の保身のための隠ぺい工作これは反社会的行動そのものです。 私は直腸がん手術を受けているため、高リスク前立腺がんと診断されても手術も外放射線治療も選択できない中、岡本メソットの治療を知り受診する事ができました。 岡本先生は直腸に影響を与えないため小線源単独治療で完治できますと言っていただき治療を受けました。 これが岡本メソットなのです。 病院長葬られるのはあなたです。
酋長  09:19 07/28 2019
滋賀医科大病院長殿、どうか良心を取り戻してください。 医者としての使命は何か、初心に戻って考えてください。 意固地になっている場合ではありません。
non  11:42 07/27 2019
芸能事務所の社長の会見、アメフト部の監督の会見これらの会見への批判のポイントはなにか・・・・ 一方、会見さえ行わない滋賀医科大病院長は一体なのを考えている?公的組織をまとめられないのなら退場あるのみです。
ul_  09:10 07/27 2019
本来、助けられるはずの患者に対し、いい加減な理由をつけて治療妨害をする病院責任者は退場してください。
shiba  20:47 07/24 2019
人の道に反する滋賀医科大病院を現役の学生、卒業生、地元の方々、世間の方々が知ってとても情けないと思っています。 ここまで来たら、院長の退陣しかありません。