MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
駐禁取締り民間委託 次のターゲット「車庫法」条文は根拠薄弱
情報公開請求で根拠を聞いたが…

 駐車違反には、道路交通法で禁止されたものと車庫法(自動車の保管場所の確保等に関する法律)で禁止されたものがある。このうち前者に関する取り締まりが、2006年6月1日から「民間」へ委託された。とはいえ純粋な民間ではなく、交通安全協会や警備会社という警察の天下り法人ばかりが受託し、その利益優先の理不尽な取り締まりは、国民から強い反発を招きつつある。

 警察庁は「取り締まり件数(2005年・159万3377件)を2倍へ増やす」と公言しており、将来、車庫法で禁止された駐車違反、すなわち長時間駐車違反(20万円以下の罰金)に関しても、警察の天下り法人が取り締まることが予想される。

 ただし、長時間駐車を禁止する車庫法第11条第2項(下掲)は、はなはだ不可解だ。

 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。

1 自動車が道路上の同一の場所に引き続き12時間以上駐車することとなるような行為
2 自動車が夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)に道路上の同一の場所に引き続き8時間以上駐車することとなるような行為

 長時間駐車が、昼間12時間以上、夜間8時間以上と定義された理由は何なのか。特段、区別する必要も感じられないし、「この法律は、(中略)道路交通の円滑化を図ることを目的とする」(車庫法第1条)というのであれば、むしろ昼間の長時間駐車のほうが、より短い時間で取り締まられるべきだ。

◇大義名分が見当たらない
 しばしば、警察は、ほとんど交通量がない道路で長時間駐車を取り締まる。しかも、昼間ではなく、深夜や未明に行う。「ノルマ達成のための取り締まり」と国民からすこぶる評判が悪い。ちなみに、警察庁も常々、「目標管理(ノルマ)はある」と認めている。

 このような取り締まりを前提とすれば、長時間駐車が、昼間より夜間のほうが短い時間で定義づけられているのもうなずける。取り締まりの効率がよくなるからである。

 いずれにしても、警察庁が大義名分としている理由が知りたくて、法律書や実務書、車庫法制定(1962年)当時の国会の会議録などを調べた。しかし、長時間駐車が、昼間12時間以上、夜間8時間以上と定義された理由は、どこにも記載されていない。

 警察庁で質問すると、井上卓彦交通局交通規制課環境対策第2係長(車庫法担当)は、「私が前任者から引きついだ解説書にもない」と困惑していた。

◇情報公開請求へ
 そこで筆者は、2006年7月31日付で警察庁に「自動車の保管場所の確保等に関する法律第11条第2項で定める禁止事項につき、12時間以上駐車することおよび夜間8時間以上駐車することが禁止事項とされた根拠がわかる文書」を情報公開請求した。

 情報公開法は、「開示決定等は、開示請求があった日から30日以内にしなければならない」(第10条第1項)と規定する。その期限の最終日、2006年8月30日付で警察庁から「行政文書不開示決定通知書」が郵送されてきた。

 「警察庁においては、請求に係る文書を保有していないため、不存在につき不開示とした」

 つまり、警察庁自身も、長時間駐車が、昼間12時間以上、夜間8時間以上と定義された理由がわからないというのである。

◇あまりに不誠実な「小役人」対応
 にわかには信じがたく、井上係長へ電話し、「どの範囲の調査を行い、『文書不存在』と決定したのですか」と尋ねると、「答える必要はありません」と言われた。

 あまりの不誠実さに驚きながら、「『文書不存在』というのが事実だとして、長時間駐車が、昼間12時間以上、夜間8時間以上と定義された理由について、あなたは口頭で説明できますか」と尋ねると、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
本文:全約2,700字のうち約1,100字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)
アクセス数 12493 続報望むポイント
488
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
失礼↓  02:03 06/29 2007
訂正
寺沢さん→寺澤さん
でした。
失礼しました。
迷惑してます。  02:00 06/29 2007
自宅は駐車場や車庫が多くあるアパートで、狭い路地に路上駐車していると迷惑なので通報します。
他にも、ススキノのタクシーとか、一般車の通行を妨げるような客待ちは迷惑ですね。
車を管理する所有者は、公共の迷惑に敏感になるべきです。
たぶん寺沢さんの趣旨は「迷惑している」側とは逆の、過疎地域の方では賛同を得られるとは思いますが、確信犯の違反者が迷惑な所に出てくれば確実に迷惑ですね。
なんだかなぁ・・・  02:09 06/28 2007
高齢化になりつつある住宅地の町内で一斉取締りがあったようで(やはりノルマの為?!)私はたまたま子どもと一緒に実家に帰省していて、違反になってしまいました。違反は違反なので納得していますが、初めてする違反が、裁判所出頭、前科がつくなんて、かなり落ち込みました。こういうケースはなんだか悔しいですね。近くにパーキングもないし、次回からはどこか遠くにとめるしかないのかなぁ・・・はぁ~
TAXPAYER  11:39 09/17 2006
昼間は迷惑。
夜は不愉快。
不愉快の方が恨みが深いから車とめた人と住民との意識のギャップが激しいのでしょうね。
んがっ!  11:35 09/17 2006
きちんと車庫証明とその実態が確認できれば、昼も夜も駐禁(道交法)で取り締まるべき。10年前疲れ果てて帰ってきてとても機械式の車庫にバックで入れる自信がなかったので団地脇のまったく車の通らないところにとめて一眠りしてから戻ったらやられてた。後始末も大変でした。
納税者&国民 その6  15:22 09/15 2006
「市民からの質問を広報室を通してくれ」ではないようなので、納税者のみなさん、国民のみなさん、車庫法でわからないことがあったら、警察庁代表(03-3581-0141)「内線5188」の井上さんに電話して聞いてみるとよい。わたしも「またいろいろと教えてください」と言ったら、「どうぞ」ということだった。
納税者&国民 その5  15:20 09/15 2006
法律ができてもう40年以上も経っているし、説明もよくわからないので、「井上さんもそれでいいと思っているんですか?」と聞いたら、「改正する必要はないと思っている」とのこと。国民からの対応についてもう一度聞いてみると、「寺澤さんとのことでそう申し上げただけで、おしなべてそういう対応ではない」そうだ。やはり彼はVIP扱いのようだ。