MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
花王、ライオンに届けたい『ススメ!石けん生活』
■『ススメ!石けん生活』
監修:森田光徳
著者:ススメ!石けん生活製作委員会
まんが:山田かおり
価格:¥1,000(税込)
発行:幻冬舎メディアコンサルティング(2006年)

 わたしが合成洗剤に疑問を持つようになったのは、シャボン玉石けん社長の森田光徳さんとの出会いが大きい。
 その森田社長監修による『ススメ!石けん生活』(幻冬舎メディアコンサルティング)が9月に出版された。


◇朝日新聞がくれる花王アタックを愛用
 東京・新橋の第一ホテルでお目にかかったのは10年前になる。

 シャボン玉石けんに出会うまでのわたしは、朝日新聞がサービスで持ってきてくれる花王「アタック」をありがたく使っていた。タダほど高いものはなかったわけだが、合成洗剤の問題にも正直いって関心がなかった。

 いや、知ろうとしなかった。

 あれだけ「真っ白になります」と日々、CMが流れてくると、それを使うように洗脳されてくる。スーパーに行くと、何も考えず、アタックを手にしていた。また、おばが石けん運動をやっていたが、それがどうも古くさいイメージだと感じをしていた。だから、石けんなんてダサイとず~っと思っていたのだ。

 夏はそうでもなかったが、冬になると決まって指の皮がむけ、ささくれだって痛い思いを毎年していた。これも、「きっと冬で寒いから」「水が冷たいから」と思っていた。

 それが、シャボン玉石けんと出会ったことで、洗剤に対する認識が変わってしまった。

 まず、石けんに変えたら、その指の皮がむけなくなったのだ。同時期に石けんシャンプーに変えたら、コシが出てきて髪も元気になってきた。

 ヒフ表層の脂質を流失させ、たんぱく質を変性させてしまう合成界面活性剤は、大事なヒフのバリアをも壊してしまう物質だ。

◇シャンプー、歯磨き剤・・・身の回りには合成洗剤がいっぱい
 身の回りにあるシャンプーもコンディショナーも、色とにおいがついた合成洗剤だとわかった。

 歯みがき剤も合成洗剤だと知って驚いた。歯みがき後に食事をすると味が変わるといった違和感もふつうのことだと感じていたが、それが石けん歯みがきに変えたら味が変わるといったことは一切なくなった。合成界面活性剤が舌の味覚を感じさせる細胞を一時的に破壊するからだ。

 【水+合成界面活性剤=台所用合成洗剤】
 【化粧水+合成界面活性剤=クレンジングローション】
 【クリーム+合成界面活性剤=クレンジングクリーム】
 【水+油+合成界面活性剤+酸化防止剤=乳液、クリーム】

 合成界面活性剤はなんでも、つくりあげていく。

 そして、わたしの身の回りから合成洗剤が消えていった。

◇花王もライオンもいらない!
 森田社長にインタビューした記事は、「花王もライオンもいらない! 合成洗剤をやめてせっけんを使おう」(『週刊金曜日』1996.12.20)で掲載した。

画:貝原浩
 そのとき、イラストレーターの貝原浩さんに描いてもらったのがライオンと月(花王)のイラストだった(画像)。

 このイラスト、自宅の洗濯機の上に飾っていて、毎日見ている。「花王もライオンもいらない!」は生活者として思い出深い企画であり、記念にこのイラストをいただいた。天皇イラストなどタブーを描いてきた貝原さんは2005年に亡くなられた。このイラストはさらに記念の作品になってしまった。

 『買ってはいけない』もこの号からスタートした。記念すべき第1回は避妊フィルム『マイルーラ』、これも合成洗剤だ。

 森田社長にインタビューしたときのタイトルは、「日本石鹸洗剤工業会の“いじめ”とマスコミのタブー」。

 森田さんは、日本石鹸洗剤工業会のいじめにもあった。工業会の会長は、ライオン、花王の社長がやっている(現在の会長は、ライオンの社長)。新聞広告を出そうとすると、それすらストップさせようとした。シャボン玉石けんは、赤字でも全面広告を毎年出稿し続けた。数年後、新聞で広告賞をもらっている。けっきょくは、合成洗剤メーカーはやましいところがあるからそういうことをするのだ。いじめは、子どもの世界だけではない。

◇合成洗剤メーカーから石けんメーカーへ
 『ススメ!石けん生活』は、石けん生活10カ月になるマサエさん(結婚6年目/主婦/31歳、5歳の長女、10カ月の長男、35歳の夫)」の身の回りの話から石けん、合成洗剤を考える構成だ。マンガで見せていくので、気軽に、楽しく読める1冊となっている。

 その中で、「ススメ石けん社長劇場」と題して、森田社長の石けん人生について描かれている。

 1931年生まれの森田さんは、もともと合成洗剤をつくっていたメーカーの社長だった。それが夏になると、謎の湿疹に悩まされた。病院でも温泉でもぜんぜんよくならない。これも、生まれつきかとあきらめていた。

 1971年、旧国鉄から「合成洗剤で洗うと機関車がサビちゃって・・・。なので無添加の粉石けんを作ってもらえませんか?」と依頼があった。

 石けんの試作をしていくと、湿疹に悩まされていた手がキレイになっていた。・・・そして、その原因が自分が作っていた合成洗剤だと気づき、愕然とする。

 「今後わが社の商品は人にも環境にも優しい石けんに切り替える」

 時代は合成洗剤全盛期。経営も順調だったが、石けん専業を決意。ところが、周囲は大反対。売り上げはガタ落ち、社員たちも去っていった。

 途方に暮れていたところ、食品添加物、合成洗剤などの危険性を指摘した有吉佐和子著「複合汚染」を見て、この連載小説の横に「もう安心です」という広告を載せた。すると、1カ月後売り上げ3000万円突破。ところが、小説連載終了後は半分になってしまった。

 1970年後半には各地で「合成洗剤反対!」の運動も起きた。

 しかし、「熱しやすい冷めやすい日本人」の中での浮き沈み、日本石鹸洗剤工業会からのいじめを受けても、森田社長は「安全、安心」の意志を通し続けた。そして、いまや石けんメーカーのトップ企業である。

◇「輝く白さ」の正体は蛍光増白剤による「人工的な白さ」
 「安心・安全な洗剤の見分け方の巻」では成分表の見方、「CMマジックに騙されるな!の巻」では、「輝く白さ」の正体は蛍光増白剤で染め上げた「人工的な白さ」であり、汚れ落ちの悪さをごまかしていること、「植物性」「天然系」という合成洗剤のことなど、わかりやすく構成されている。

 「消費者がイメージに左右されない商品を選ぶ目を養う必要はあるよね」とあるが、その通り。

 マサエさんの夫の抜け毛の悩みも、「合成シャンプーって、台所用洗剤よりも皮フに対する刺激が強いのよ・・・」と言い、石けん洗髪がなぜ、いいかも書かれている。薄毛が気になる人は、愛用商品が合成シャンプーだったらそれからまず見直すとよい。

 日々使っている洗剤のことから、CMを通じたメディアリテラシー、また環境問題にも目を向けるきっかけにしてほしい1冊である。

◇消費者は最大の力「買わない」「選ばない」という力
 日本は、合成洗剤の単位面積あたり使用量世界一を誇る国だという。

 森田社長は最後に言っている。
 「安全なものを選んで使うことがどんなに大切か--この本があなたにとって、商品選びに疑問を持つきっかけとなれば幸いです。」

 花王、ライオンに一番に届けたい言葉だ。

 わたしたち消費者は最大の力「買わない」「選ばない」という力が持っている。そして、逆に「買う」「選ぶ」ことでよりよい生活を手に入れられるのだ。


シャボン玉石けん(株)
〒808-0195北九州市若松区南二島2-23-1
TEL093-701-3181 FAX093-791-7250
関連記事
記者コメント
◆ワイドショーでは、花王、ライオンばかりだったが、現在、フジテレビ系列28局ネット「とくダネ!」(毎週水曜日のみ8:00~9:55)にシャボン玉石けんは提供している。
アクセス数 15527 続報望むポイント
635
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ひこ  00:19 07/03 2015
でもソルビトール入ってるやん
欧米感覚  15:04 08/31 2013
界面活性剤は恐ろしいですね。 食器洗いもお掃除も合成洗剤ではキレイにすすいだつもりでも残留した界面活性剤の恐怖が残ります。 皆さま重曹と水をちょっと煮てアルカリ電解水作ってみたらいかが? 油汚れもたちまちスッキリ!私は電解水とアクリルたわしで合成洗剤の呪縛から解放されました。 毎日、安心してお料理できますよ。
うーんと  00:03 09/12 2012
えーと。一応言っておくけど、石けんも合成洗剤ですよ。加水分解反応と中和反応使っているので。ちなみに石けんが目に入ると、市販のシャンプー成分より、ずっと重篤な症状に陥る可能性があります。アルカリ性が強いのでね。石けんが悪いとは言わないけど、洗浄力が低いから、結局大量に使うことになる、ということにも気を配るべき。
さぼてん  15:18 01/07 2008
○訂正
 生理食塩→生理食塩水


さぼてん  14:38 01/07 2008
生理食塩は、1000ccの水に9gの塩を溶かしたものです。洗濯機に70リットルの水を入れた場合生理食塩にしようとすると630gもの塩が必要となります。しかし、実際洗濯に使っている塩は水70リットルに対し、たった約15gです。どれだけ真水に近いかわかると思います。
100ccの水に換算するとたった0.02グラムを混ぜたぐらいの濃度です。石鹸や重曹、塩…いろいろと試してみてください。
心配です  21:35 10/12 2007
環境のためと、もし洗剤を使っている人が全員塩を洗濯に使ったら…
下水処理場の微生物たちは生きていられるのだろうか?
放流水の入った河川水の塩分濃度は上がったりしないだろうか?
下流域の動植物は死滅するでしょうね。

ま、ありえないことですが…
さぼてん  23:54 10/11 2007
子供がアトピーで家庭の中にある合成洗剤をすべて追放しました。体を洗うのは純せっけんをつかっています。そして、洗濯には塩を使っています。塩は殺菌力もありますし、塩水は中性なのでどんな素材でもあらえます。重曹よりソフトな洗い上がりです。健康と環境のために一度お試しください。