MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
『第2の江原を探せ!』発売
扶桑社より発売

 去年より連載していた「スピリチュアル検証」が12日に発売となり、本屋に並び始めたようだ。連載→書籍化のビジネスモデルも7冊目となる。250万も投資した274ページの本をたった1000円で読ませてしまってよいのだろうか、と疑問に思う内容である。10万部売れても黒字になるか怪しい。とりあえず1冊買っていただきたい。

第2の江原を探せ!(amazon.co.jp)



【Digest】
◇~現場を取材し、検証すべき時期だ~
◇全否定できない結果になった
◇テープ起こしで文字にして「ホンモノ度」を徹底検証
◇取材チームは、ジャーナリスト集団
◇検証①:主護霊と前世がどこまで一致するか
◇検証②:類魂、現世の目的、カルマ
◇検証③:個人的関心事の過去、近未来
◇検証時の注意「こちらから情報を与えない」
◇カウンセラー選定と検証回数

連載トップ頁はこちら

◇~現場を取材し、検証すべき時期だ~
 林真理子、よしもとばなな、酒井順子に室井佑月…若い女性に人気のオピニオンリーダーたちが女性誌で江原啓之氏と対談する。テレビ番組『オーラの泉』では、有名人が次々とカウンセリングを受け、「なぜ自分しか知らないはずのことが分かるのか?」と驚くシーンが流される。

 これら有名人らの“権威”で一気に広まったスピリチュアル。作家や芸能人らがこぞってダマされているとも考えにくく、「これほど長期にわたってニセモノが生き残れるはずがない」と江原氏が述べるとおり、ネットが発達した情報化社会でイカサマや仕掛けが漏れてこないのは、やはりスピリチュアルの世界が本当に視えている証左かもしれない。

 一方、全否定派の『ニューズウィーク』や『週刊文春』は、自ら懐に飛び込んで事実を検証する労をとらず、アタマから全否定して評論を繰り返す。ろくに現場取材も行わずに否定するから、説得力がまるでない。

 空前のスピリチュアルブームの中、肯定派は権威に頼って頭から信じ込み、否定派は事実に基づかない全否定を行うため、議論が噛み合わない。不毛な議論をする暇があったら、現場を取材し、江原氏の唱える仮説を実際に検証するほうが、はるかに有益ではないか。もはや、その時期に来ていると思う。

 そこで、ジャーナリズムサイト「MyNewsJapan」では2007年夏より1年をかけて、5人のジャーナリストが実際に“スピリチュアル・カウンセラー”を名乗る16人のカウンセリングを五月雨式にのべ37回受け、録音&テープ起こしをして、事後検証した原文をニュースサイト上で連載した。ファクト(事実)とロジック(論理)によって、スピリチュアルの世界を実証ルポしたのである。かかった費用は、鑑定料と人件費で計250万円を超えた。

◇全否定できない結果になった
.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



江原氏による守護霊の分類
江原氏の唱える霊界理論

 

 

 

評価の定義

関連記事
記者コメント
本文:全約6,700字のうち約5,500字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「スピリチュアル検証」トップページ
アクセス数 3910 続報望むポイント
285
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ねこ  18:03 11/27 2010
マイニュースの有料記事や本の中には検証した霊能者の名前や連絡先も載っているんでしょうか? 私にとっては連絡先が載っていなければどちらも無意味なので…
ゲーナ  14:13 12/18 2008
地元の本屋さんで平積み最後の一冊を購入しました。後日本屋さんに行ったらたくさん積まれていましたよ。好調ですね。