MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
日本リーバ「ダヴ モイスチャーシャンプー」
日本リーバ
「ダヴ モイスチャーシャンプー」

 ダヴといえば、お試しで商品を使った女性たちが“うるおい実感”をナマで語るCMが有名だ。しかし実際には、細毛や枝毛、抜け毛を引き起こす合成界面活性剤や合成ポリマー、毒性添加物が使用されている。



 ダヴは1957年に米国で誕生した。そして洗顔料「ダブ」が日本に登場したのは1999年2月。発売当時、「石けんではありません」と試供品(固形)にリトマス試験紙を一緒に入れるなど、日本リーバはサンプリング配布に力を入れた。

<<消費者ニーズを探り、肌が乾燥し始める三〇歳四〇歳の女性が洗顔料や石けんに潤いを求めていることを把握。「成分の4分の1がモイスチャーミルクである」点を強力にアピールする戦略を使用した。>>(こう書房『〔最前線〕化粧品業界 知りたいことがスグわかる!!』より)。

 数年前に流れた「埴輪から有田焼のようにつるつるに」というCMを見て、心くすぐられた人も多いはず。  とにかく戦略は見事に的中したのである。

Newとして売られている「ダヴ モイスチャーシャンプー」成分
モイスチャーミルクとは名ばかり
 
 ダヴのCMでは、おしゃれな主人公が出て商品の"よさ"を伝えている。昨夏に登場していたのが編集者の太田圭紀さんだ。「取材に行くと、みんなしっとりとふんわりどっちも欲しいっていうのがホンネなのかなーって。このダヴのうるおい感、私はイチオシですね」と7日間の使用感でベタボメ。だが、よく見ると「この使用感はすべての方に実感されるものではありません」と断ってもいた。

 ダヴ(固形)発売当時、化粧品は全成分表示ではなかった。「中性で石けんではない。だったら何だろう?」と思い、以前、問い合わせたことがある。「石けんのようなもの」とのことで、成分は教えてくれなかった。2001年から化粧品は全成分表示になった。そこで、改めて聞いてみた。

--モイスチャーミルクとは何ですか?
「ラウレス硫酸Naやジステアリン酸グリコールですね」

--合成シャンプーですか?
「合成というのは・・。どういう意味かよくわからないのですが」

--合成界面活性剤が入ってるのかと・・。
「2つの性質の違った物、水とか液体を混ぜる時に分離しないでひとつのものにするために使われています。界面活性剤は危険だということであれば、ほとんどの物に使われているのであって」

--石けんではないんですよね。
「石けん成分ではありません」(以上、2003年7月取材)

 モイスチャーミルクだと宣伝している成分は合成界面活性剤を指していることがわかった。

〔採点表〕(注)合成界面活性剤、合成ポリマー両面の作用がある場合、合成界面活性剤の毒性として計算。
何が「生まれ変わった」のか
 
 合成ポリマーと合成界面活性剤で複合塩ができ髪に付着するため、櫛通りは確かによくはなる。しかし、合成シャンプーはキューティクルを溶かし、細毛(さらさら)、枝毛などの原因にもなるし、頭皮や髪の皮脂を奪って、たんぱく質を破壊する。頭皮に湿疹や炎症を.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



 不合格ラインを、
 15ポイント超過。

関連記事
記者コメント
企画「つけてはいけない化粧品」トップ頁へ
企画「つけてはいけない化粧品」の新着お知らせをメールで受けたい方は ここからご登録下さい
アクセス数 38996 続報望むポイント
7516
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ショック  09:36 11/03 2008
モイスチャーミルクはいい物だって思ってたのでちょっとショックです。ダヴにかえてからかみがごわごわするのがきになります。CMのほとんどはモデルや技能人ですよね。   
DNA  12:55 10/16 2007
追伸
石けん自体の洗浄力は確かに強いものですが、洗髪や、洗濯に使用すると(実際の使用状態)洗浄力かなり低くなります(金属イオンと結合するため)。
その為カルシウム石鹸が付着しベッタリ感でてしまうますが、せけん大好き人間は「ヘアースタイルが思ったようにできるから」欠点も良い所などと言う始末。
まぁ~女性の発言ではないね、髪の短い男でしょう。
DNA  20:13 10/15 2007
トンさんに同感です。
それから、石鹸は陰イオン型の脂肪酸ナトリウムですよね!水酸化ナトリウムと油脂類を水で加水分解した物です。これて化学合成ですよね!結論現在の全ての石鹸は、化学合成されてできてます。ただ、法律上では石鹸以外の天然界面活性剤でも分類上は合成洗剤に分類されてしまいます。このなぞは皆さんで考えてください。 
本質の  22:35 09/23 2007
ジステアリン酸グリコールは光沢成分とされる。動物性・植物性脂肪で最も多く含まれる飽和脂肪酸(高級脂肪酸)であるステアリン酸と合成原料などとして広く用いられる2価アルコールの一種エチレングリコールのジエステリン。
本質の確認  22:34 09/23 2007
ラウレス硫酸Naはアニオン界面活性剤(洗浄剤)の一種。ラウリル硫酸Naの刺激性を緩和した成分でシャンプー等に汎用される。ほとんどが植物成分からの合成になっている。ちなみに良いイメージで言われる石けんもアニオン界面活性剤の仲間。石けんは洗浄力が高く生分解性が良いという長所はあるが、アルカリ性なので肌や毛髪に悪影響を与える欠点がある。
トン  22:37 09/06 2007
「石鹸ではなくてモイスチャーミルク」と言っているだけなので、まったく問題ないのではないでしょうか?
そもそも「モイスチャーミルク」は造語でしょうから、名ばかりとは酷いものですね。
DNえー  22:55 03/27 2007
合成界面活性剤が細毛や枝毛を引き起こすそうですが、理屈を簡単にでも説明しなで断定されても
変な宗教と同程度の説得力ですね。そういえば一箇所だけ有りましたねゴメンナサイ。でまも間違いですよ髪が溶けるなんて、パイプクリーンでもないですからキュウティクルは溶けません、淡白変性による毛の内部の方が危険というならチョットは納得しますが。髪の痛みはドライヤーや乾燥させないまま寝てしまこと、毛染めやパーマ。