MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
新聞広告費、3年で20.2%減 バブル弾ける
媒体別の広告費推移(単位:億円、電通発表)

 電通が23日に発表した「2008年日本の広告費」で、新聞の広告費が過去3年で20.2%も減り8276億円になったことが分かった。年を追うごとに、月を追うごとに削減率は加速中。同時期の日本新聞協会“大本営発表”部数は2%しか減っていないことから、偽装部数が広告主に発覚しつつあり、新聞の広告価値バブルの崩壊が始まったことがはっきりしてきた。

 雑誌は同時期に16%減、テレビは同7%減、インターネットが同85%増で、ネットは2009年、新聞を追い抜くのがほぼ確実な情勢となった。

 テレビは長らく総額2兆円を新規参入がない免許事業者だけで分け合うという超ラクチンな“濡れ手に粟”経営をやってきており、経営者など不要だったくらい自動的に売上が立っていた。だが、インターネットの登場によって、その2兆円の“安定財源”が食われてきた。

 また、広告効果が曖昧なテレビ広告よりも、売り場でのプロモーションに向かう傾向もみられ、「スーパーに自社の大型ディスプレイを設置するなど、商品が並ぶ店頭を重視してきている」(サントリーのブラマネ経験者)という。

 ただ、マスを対象としたブランドイメージ広告がなくなることはないので、10年で3割減くらいの水準で留まって安定するのではないか。

 今回の「3年で7%減」程度ならば、新規参入による競争リスクが全くないという“お役所業界”なだけに、ソフトバンクや楽天といった意欲も実力もある本来なら参入して当然の企業が市場に入って来れないため、のんびりダラダラと採用を抑制しつつバカ高い賃金を仕事をしない社員に払い続け、これまでブクブクだった体質を若干スリムにし、下請けをこれまで以上にイジメ抜き、大物タレントを切って、生放送を増やす(編集にはコストがかかる)といった施策を徹底することで、何とか軟着陸が可能になってしまうだろう。

2000年以降の媒体別広告費
 劇的な変化が予想されるのは新聞である。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるの?」トップ頁へ

アクセス数 4486 続報望むポイント
264
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
takahashi  21:51 04/14 2009
会員
新聞奨学生をしていた時、押し紙の数に驚きました。訴訟されて経営が立ち行かなくなると面白いですね
広告主B  23:44 03/05 2009
会員
テレビについてはデジタル放送への移行で空いた電波帯や、視聴率調査方法の変更など今後紛糾してゆく論点が目白押しのはずですよ。