MyNewsJapanとは  
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
えっ?まだ新聞、定価で読んでるんですか!?
 新聞業界は、再販売価格維持制度の特殊指定(=末端価格の値引き禁止)という規制に守られている。この利権を手離したくないため、新聞業界に都合の悪い情報は流さず、他のイシューでは対立することも多い雑誌も、同じ再販規制に守られていることから、完全にタブーである。

 その結果、日本の新聞は世界で最も割高な商品となった。例えば米国で最もポピュラーな全国紙「USA TODAY」は、年契約すれば1ヶ月16.25ドル(=1300円)で購読できる。日本の3分の1だ。定価販売を義務付ける規制がないから、健全な市場競争原理が働いているのである。

 日本の新聞が定価販売である理由は、新聞社が不当な利益をあげ、本社正社員の異常に高い賃金と雇用を守るためでしかない。

 規制が撤廃され競争が起これば、価格が下がって消費者に利益をもたらすだけでなく、他業界では当り前の新規参入や健全な業界再編も起こる。100年以上前に設立された新聞社だけが横並びで政府や企業の発表モノ記事を流す現状より、明らかに「多様な言論・報道」が保証され、国民の知る権利に応えるようになる。

 もし新聞を公共料金と勘違いして定価を支払い続けている人がいたら、割引交渉をするか、必要なときだけコンビニで買うよう、消費行動を切り替えるべきだ。新聞を定価で定期購読することは、すなわち利権を認めたこととなる。

 競争原理のない新聞業界は「ゆで蛙」と化し、環境変化に適応できずに滅んでゆく恐竜のごとく、滅亡に向かっている。

 本連載では、利権の上にあぐらをかき、国民の知る権利を奪っているマスコミが、自分のことであるがゆえにタブーとしている新聞業界の実態、そして自滅・崩壊の過程を報じていく。

連載が続々、単行本化
→2009年10月 「押し紙」という新聞のタブー
→2009年 2月 新聞販売の闇と戦う―販売店の逆襲
→2007年 9月 崩壊する新聞―新聞狂時代の終わり

疲労蓄積で「本当に多い交通事故」「配達用バイクが自賠責保険にすら入っていない」「不着5回で解雇」――日本経済新聞の新聞奨学生が解雇(=一括返済)に怯えながら働く実情を内部告発

Tinyreportsimg_j20160304191856  4月から新しい新聞奨学生が全国の新聞販売店に配属される。この制度は各新聞社本体が運営母体となっており、仕事と学業を両立する手段としてよく知られるが、奨学生の「過労死事件」も起きるなど問題点の指摘も絶えない。このたび日本経済新聞の販売店で働きながら都内の芸能専門学校へ通う青年が、職場の実態を内部告発した。規定の労働時間や月6日の休日数が守られず、疲労蓄積のなかで配達中の交通事故も多発し、生命の危険を感じる問題も起きているが、事故を起こしたバイクが自賠責保険にすら加入していないことがわかり、安全に使えるバイクの台数も十分でないという。配達員の出入りが激しく内部での物品紛失が多く、夕食は毎日が仕出弁当で、少ない給料から2万9千円も天引き。配達の不着5回で解雇(つまり奨学金一括返済)を受け入れる、との念書を書かされた同僚もいるという。新聞奨学生SOSネットワークの村澤純平氏は「どの学校を選ぶか、どの店に入店するか」で奨学生の運命が左右される、と話す。新聞奨学生のリアルな現場の実像を報告する。(03/05 2016)

*

マスコミ の企画
Projectimage_h1181641801182
読者コメント
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項

   15:16 08/22 2015
しかし何だな 10年くらい前までは 「ネット=2ちゃんねる」「ネット=軽薄」 「ネット=ノイジーマイノリティの巣窟」 という理解で、公序良俗に反するメディアとして目の敵にして 社を挙げたネガティブキャンペーンを一生懸命指揮してた役員様が 今や「社の命運を救う唯一の望み」としてインターネットにすがるんだからな 時代が変わったというか何というか
吾輩は無登録である  13:08 08/20 2015
真実を知りたいならば、 新聞社の出来た時代背景を知るべし。 ポツダム宣言のWikipediaは必見!
バラ誠  22:38 12/31 2013
東京新聞が一番良心的です。
mennso  08:52 04/11 2012
朝日新聞は私にとっては良い新聞です。印刷技術とカラーとしつもんドラえもんが良いから。購読暦24年です。
会社員A  23:09 11/09 2010
新聞は、マスゴミ。一度、潰れないとダメだと思う。企業も、無駄な広告をいつまで、打つんだろうか?効果ないと、わかっているのに。わかった会社は、新聞広告や、折込チラシをやめて、ちゃんと、利益を出している。新聞がなくなるのに、まだ20年もあるのか・・・。残念だ。
nick  19:36 04/19 2010
日本の新聞記者なんかジャーナリストではない。単なる高級サラリーマンだ。それも、あと数年すれば終わる。先進国の潮流はアンチ新聞だ。この流れはもはや止まらない
りこ  20:12 11/08 2009
新聞って高齢者予備軍による高齢者の為の割高商品を若者という安い労働力で供給しているだけですよね。あまりにもつまらない紙面にお金よりも捨てる手間が嫌になって購読してません。こんな新聞を一生懸命書いている人が有る意味可哀想です、捨てる労力にも値しないなんて。
ぺこ  10:08 10/31 2009
読みたくない人は読まなきゃいい。読みたい人は提示された金額をはらえばいい。販売店店主は商品を販売してる意識をしっかり持て。
エコ  01:56 09/28 2009
もう新聞もTVも要らんでしょう。 犯罪者や問題社員が多い朝日や海外に変態記事を垂れ流す毎日を金払って読む日本人の気が知れん。
匿名さんへ  12:37 09/07 2009
新聞配達の人もまじめな人ばかりではないですよ。 暴力団と関係がある人も少なからずいるわけです。 マスコミの中でもとりわけ新聞社に正義という文字は似合いません。犯罪者組織のほうがふさわしいと思います。
匿名  00:29 01/08 2009
推察はしていましたが、新聞社の偽善は相当なものですね。もっともっと厳しく、新聞に関する内幕を暴露してください。 傲慢な大新聞社に天罰がくだるのを待っています。それでも、私の場合、真面目にやっている新聞配達のひとが、気の毒で、やめられず、正規の代金を払って購読しています。
kkk  21:10 10/13 2008
kindleを日本でも導入したら、1300円ぐらい達成できるんじゃないですか。それか、会社にでも早く行って読んでればいいんではないでしょうか。まぁいずれにしても3000円も出す価値はない。
ビーユ142  12:18 09/25 2008
勧誘の人も景気も悪いので定年の人とか止めてる とか。 無しでも済む時代。 自民党の御用新聞に誘導される人もいるだろう。うんざり。
某新聞屋  15:52 05/13 2008
>moniさん 景品表示法の中の新聞業における景品類の提供に関する事項の制限に景品類の提供に係る取引の価額の100分の8又は6か月分の購読料金の100分の8のいずれか低い金額の範囲とあるだけで、その範囲内であれば金券も合法だと思います。
momi  12:43 05/03 2008
どなたか教えてください。新聞を販売するときに商品券をつけて販売するような契約は違法販売にならないのでしょうか?うちの職場では、販売員が頻繁に出入りし、商品券を餌にして契約を多数とっています。何か法律にふれるのであれば教えてください。
社員  18:25 03/04 2008
チロさんに賛成いたします。ですが、社に至っては事の道筋が大きくズレており、販売店を商店と考えておりません。あくまで販売拠点と位置づけています。正常販売と言われる意味は、個人として理解しますが、社にとっての正常とは、拠点を預けた所長が一糸乱れず社の販売政策に従うことなのです。 所長起用時、担当になんと言いましたか、思い出して下さい。値引きの発生は所長の能力に拠ります。
チロです  00:38 03/03 2008
このコメントをみている全国の新聞販売店のみなさん生き残りは、どうしたらいいと思いますか、やはり正常販売が大切ですね私も店主です。セールスには、定価を決められているのだから、読者の視線で販促はしてはいけないと思います。綺麗事ではなく、一つの商売として考えるべきではないですか。
チロです  20:25 01/06 2008
新聞が安い、その流れがお分かりですか、誰が無料で配達してくれます。年老いた配達員、世間に対応出来ない、配達員色々な人が働いている業界です、それどれの人に無料でも配達給料は支払いをしています。自分自身ならばどうします。只の物を配達しますか。早朝で雨、風。自身の体調不良等を考えてください。
京都人  11:30 12/05 2007
普通駅売りなどで日本経済新聞は1部売り140円だと思いますが地方のある場所の田んぼに有る新聞自動販売機では100円で販売されていました。これは価格の違法販売だと思います
ジャパネット  05:31 12/02 2007
業界最大手の新聞を一年程とっていますが、お金は払っていません。営業の方が只でいいのでとって欲しいとのことでした。ここの記事を読んでいるとその仕組みが良くわかってきました。利益を受けている側なのですが、大きな疑問を感じます。