MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
読売の販売部数が半年で66万部減 1千万部ビジネスモデルの崩壊、販売店「残紙整理が始まった」
ファミレスに置かれている読売新聞にはられた「読みトク キャンペーン」のシール。これらの新聞が読まれているとは限らないが、ABC部数には加算されている。工夫を凝らして新聞拡販に取り組んではいるが…

 日本ABC協会が発表した5月の部数表によると、読売新聞の販売部数(朝刊)が、昨年11月から今年5月の半年で65万9,291部も減ったことが分かった。これは販売部数52万2252部の東京新聞一社分をはるかに超える大幅な減数だ。原因について読売等の販売店を取材すると、共通して「残紙整理」ではとの見解が返ってきた。これは、販売店に実配部数を超えて搬入される新聞、いわゆる広義の「押し紙」(残紙)を排除する販売政策で、はるかに規模が小さい産経新聞が2008年10月からの1年間で46万243部を「整理」した前例がある。販売店の経営悪化、新聞社の補助金抑制の流れのなか、4月の消費税アップを機に新聞業界を直撃したのは、新聞購読者の減少よりも、むしろ「折込チラシの広告主が減った」ことだと関係者は話す。現場の証言をもとに、読売部数減の背景を報告する。(末尾で全国56社の販売部数の変遷を示したデータのダウンロード可)

【Digest】
◇読売新聞の販売部数・地域別の比較
◇販売部数の長期変遷
◇駅売りの新聞など即売部数は7倍に増
◇ABC部数は新聞社による申告
◇中央紙で読売だけが部数の激減
◇「紙を切りはじめた」
◇新聞業界全体が「残紙整理」へ
◇折込チラシの激減
◇増税分108億円の試算

 読売新聞の販売部数が極端な下降を続けている。7ヶ月で65万、9,291部の減。昨年10月からの部数の変化は次の通りである。(数字はいずれも朝刊部数、駅売りなどの即売部数を含む)

年・月 部数
2013年10月 9,882,625
2013年11月 10,007,440
2013年12月 9,767,721
2014年1月 9,825,985
2014年2月 9,738,889
2014年3月 9,690,937
2014年4月 9,485,286
2014年5月 9,348,149

 昨年11月には、一時的に販売部数が前月比で12万4815部増え1000万部の大台に戻るが、その後、坂道を転げ落ちるように、半年の間に、65万9,291部を失った。今後、どこまで落ち込むのかに関心が集まりそうだ。

『ジャイアンツ応援キャンペーン』のチラシ。応募すると個人情報が読売新聞販売店へ提供される。拡販戦略のひとつである。
 今年1月、読売は東京・大手町に33階高層の新社屋をオープンしたというのに、紙新聞の時代の終わりが見えてきた感がある。

 この65万部という数字は、たとえば東京新聞の販売部数が52万2252部(2014年5月の時点)、あるいは神奈川新聞の発行部数が20万3483部であることを考えると、尋常ならぬ事態である。神奈川新聞の規模の新聞社3社分の販売部数が、短期間のうちに消えたことになる。

 他の主要紙の発行部数と併せて、2013年11月と2014年5月を定点として、比較したのが以下である。

《読売新聞》
 2013年11月: 10,007,440
 2014年 5月: 9,348,149
 部数の増減: -659,291(6.6%減)

《朝日新聞》
 2013年11月: 7,527,474
 2014年 5月: 7,402,289
 部数の増減: -125,185(1.7%減)

《毎日新聞》
 2013年11月: 3,330,577
 2014年 5月: 3,302,323
 部数の増減: -282,54 (0.8%減)

《産経新聞》
 2013年11月: 1,606,743
 2014年 5月: 1,606,140
 部数の増減: -603(0.04%減)

《日経新聞》
 2013年11月: 2,763,441
 2014年 5月: 2,767,499
 部数の増減: +4058(0.1%増)

《北海道新聞》
 2013年11月: 1,101,504
 2014年 5月: 1,074,319
 部数の増減: -27,185(2.5%減)

《西日本新聞》
 2013年11月: 727,008
 2014年 5月: 713,916
 部数の増減: -13,092(1.8%減)

《京都新聞》
 2013年11月: 488,217
 2014年 5月: 478,703
 部数の増減: -9514(1.9%減)

《神奈川新聞》
 2013年11月: 204,697
 2014年 5月: 203,483
 部数の増減: -1,214(0.6%減)

 読売の減少率だけが6.6%と、突出して高い。

◇読売新聞の販売部数・地域別の比較
 次に読売の販売部数の変化を、地域ごとに分析してみよう。北海道地区、東京地区、北陸地区、中部地区、大阪地区、西部地区で区割りして示したのが次の数字である.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



朝日、毎日に対するライバル意識をむき出しにしたイラスト。部数へのこだわりが尋常ではない。出典=『やっぱり読売新聞が面白い!』(中経出版)
トラックで回収される「押し紙」(残紙)。新聞業界では当たり前の光景になっている。
朝日の販売局長が、「実売部数」にこだわっていくことを公言。出典=『新聞情報』(2014年5月21日)。
朝日オリコミ社(大阪)の折込広告出稿統計。(上)2013年4月。(下)2014年4月。大幅な減数はみられない。

関連記事
記者コメント
本文:全約9200字のうち約7700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 14860 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
Zodiac  22:13 10/07 2015
9月にT県U市のY系の人間が焼身自殺したが、現在も箝口令が敷かれている。
p  00:02 09/01 2015
黒藪さんは何をやっているんだろう、国会の前でデモをしている人に新聞業界のことを説明して理解をしてもらえば、新聞裁判のことが理解してもらえるだろう。そうすれば大きな力になるはずだ、どうだろうへんじをまってます。
u  00:36 11/07 2014
黒藪さんひさしぶりです、俺の店は誓約書を取られています。それも数字が入っている奴です、これは裁判に役に立つと思いますが、どうでしょう。宮本は一部も押し紙はないと言っているが。
p  22:20 08/23 2014
だけどよ、ヨミノ担当員も落ちたよな。部数が落ちていることは知っているくせに1部も紙は余っていないとさこれではもう落ち目だよな。
Y  22:36 07/30 2014
押し紙を整理したのか。 押し紙は広告費の詐欺。
Aの幹部  01:03 07/13 2014
ベネッセよ よくやった 褒めてやる ベネッセ会見「しばらくイベントはやらない」 だって 語彙読解力検定がこのまま消えそうだ 各ASA目標受験者数を強制だった。 専業が無理やり受験だよ 他のASAからも来てたから途中で飲みに行っちまったけど。 ASAの受験者情報も漏れてたら大変だな 過去読の情報多いし芸能人とか近所の議員もあるな。 むしろこっちの方が バレタら事件だな 局長の責任問題出るよな
hiro  23:26 07/06 2014
社員の新聞購読券が なくなったんだろうな。減って当然