MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
毒物混入のマルハニチロ 危険度合い判断できぬ品質保証部門、虚報垂れ流すマスコミ
自主回収の社告と商品一覧の一部

 昨年12月29日におきた日本国内工場での農薬混入事件。同日の会見でマルハニチロホールディングスは「子どもで最大60個食べないと影響ない」と説明したが、それは食べた子供の半分が死ぬ量だった。致死量と安全摂取量をはき違えたミスだが、一部上場の大企業がなぜ、命にかかわる重大なミスをしたのか。30日の訂正会見では、品質保証部の佐藤信行部長が「食品安全に関わる部署で検討したが知識がなく勘違いしていた」と、あたかも自分には責任がないかのような発言を行ったが、最初の発表資料を準備したのも品質保証部、厚労省に謝りに行ったのもその佐藤部長であることがわかった。危険物が混入されても危険度を評価できない品質保証体制であるマルハの製品、そしてそれを疑問に思わず誤報してしまう新聞は、避けたほうがよいだろう。

【Digest】
◇農薬コロッケ「60個食べても安全」と判断したのは誰か?
◇30日の電話取材でも嘘八百の対応
◇品質管理のイロハを知らない品質保証部
◇企業発表を垂れ流したマスコミにも責任

◇農薬コロッケ「60個食べても安全」と判断したのは誰か?
 食品への農薬の残留基準違反などで回収騒ぎになるたびに、企業は「1日に@@個食べないと健康に影響はでません」という説明を繰り返す。具体的な値を示すことでお客に過剰な心配させないための配慮だと説明されるが、その数値に間違いがあったら、企業は本当に信用を失ってしまう。

朝日新聞2013年12月29日の記事。リンク切れしていたので、記事検索サイトから入手した
 マルハニチロホールディングス(以下マルハ)のグループ会社、アクリフーズ群馬工場で生産した冷凍食品の一部から農薬「マラチオン」が検出された事件。今回のマルハニチロホールディング(以下マルハ)は、そうした致命的なミスを犯してしまった。12月29日の最初の記者会見でマルハは「最も多く検出されたコーンクリームコロッケでも、計算上は体重20キロの子どもが一度に60個を食べないと健康に影響がない」と説明していた。

 ただ、発表資料を見ても、健康に影響が出る農薬の摂取量や、コロッケ1個当たりの重量、もっと多く検出された濃度など、その根拠となるデータが全く示されていない。これでは検証しようがない。

 結論から言うと、その60個というのは、食べた子どもの半数が死んでしまう量だった。実際はコロッケの1/8個食べただけで、急性毒性を起こさないための摂取基準を超えていた。

 人を殺しかねない杜撰なリスク評価を、なぜ一流企業であるマルハニチロが行ってしまったのか。

事件の時系列一覧。企業の発表をもとに筆者作成
◇30日の電話取材でも嘘八百の対応
 事件を時系列で整理したものが右図だ。筆者は30日の最初の新聞報道でマルハの説明のおかしさに気づき、お客様相談室へ問い合わせを行った。(12月29~31日やり取りは筆者のフェイスブックページにも書いている)

 回収やクレームの対応が殺到したためか、なかなか電話が繋がらなかった.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



マルハの12月29日の記者発表と30日の電話対応の間違い3点
マルハニチロホールディングスの組織図。会社HPより。

関連記事
記者コメント
本文:全約5400字のうち約4500字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「えっ?まだ新聞、定価で読んでるんですか!?」トップページへ
企画「食の安全」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 4787 続報望むポイント
18
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
植田武智  07:30 01/27 2014
会員
マルハの「お詫びとお知らせ」がでました。http://file.tdx.co.jp/news/20140126_aqli_gunma_nouyaku-kensyutu_owabi2.pdf 「食品安全基準についての認識の誤り」も認めています。今後の品質管理体制については、従業員の労働環境(賃金も含めた)も必須だと思うのですが、何も書かれていません。