MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など
遺伝子組み換え食品使用企業ワースト10

 安全性が確認されているとは言い難い、遺伝子組み換え食品。EUでは全ての原料の表示が義務化されているのに対し、日本では「含有量の多い3番目まで、かつ重量比5%以上の場合のみ表示」「途中で分解されれば表示しなくてOK」など、ほとんど消費者に役立たない企業利益最優先の規制しかないため、(遺伝子組み換えでない)と表示されていても実は使用されていることが普通にあり、消費者は選択すらできない。そこで、グリーンピースの調査をもとにEU基準で遺伝子組み換えを使用している企業をランキングしたところ、ワースト1は『カール』『明治ミルクチョコレート』などに使用リスクが高い明治ホールディングスとなった。
 (ワースト50社とその商品名一覧は末尾でエクセルダウンロード可)

【Digest】
◇多くの食品や飲料に遺伝子組み換え原料が使われている
◇企業に大甘な日本の表示規制
◇消費者の立場に立ったEUの規制
◇どの食品が遺伝子組み換えか分かる『トゥルーフードガイド』
◇遺伝子組み換え会社ランキング
◇健康への影響
◇環境への悪影響
◇「遺伝子組み換え作物が飢餓を救う」の疑問
◇消費者が選べない問題

◇多くの食品や飲料に遺伝子組み換え原料が使われている
 「そういう甘い飲み物って、ほとんど遺伝子組み換えの原料が使われているんだってね」。仕事の合間に「午後の紅茶」を飲むのを楽しみにしている僕に友人が言う。遺伝子組み換え作物とは聞いたことがあるが、その実態は良く知らない。

 グリーンピース・ジャパンによれば、清涼飲料や缶コーヒーを始めとする甘い飲み物には、糖分として「異性化糖」なる物が使われている、とある。

 異性化糖とは、ぶどう糖の一部を果糖に転換(異性化)したもので、砂糖液と同程度の甘味度がある。

 その異性化糖の原料は90%以上がアメリカ産のトウモロコシから出来たコーンスターチで、残り10%弱は国産のジャガイモデンプンとさつまいもデンプンである。アメリカ産のコーンスターチは輸入されているほとんど全量が遺伝子組み換えされていると言うから、かなりの量の遺伝子組換えトウモロコシが異性化糖に化けて我々の食卓に上っているわけだ。

 もし冷蔵庫に次にあげる物が入っていたら、成分表を見て欲しい。

 コーラ、発酵乳酸飲料、フルーツジュース、清涼飲料、ポン酢などの調味料、ドレッシング、パン、アイスクリームケーキ、缶詰、漬物、スポーツドリンク、酒類、チューインガム、ジャム、佃煮、練製品、粉末製品。

 必ず「ぶどう糖果糖液糖」又は「果糖ぶどう糖液糖」なる文字が目に付くはずだ 。この2つを総称したものが異性化糖である。

 異性加糖は約30年前に開発され、今では多くの飲食品に使われている。その消費量は、醤油の消費量とほぼ同じ年間100万トン以上が消費されているという。大雑把に国民一人当り毎年10Kgの異性化糖を採っているということになる。

 この「表示されない遺伝子組み換え食品」問題は、毎日新聞も報じている。
 →清涼飲料水:一部で遺伝子組み換え原料使用 表示義務なし

 企業はどう説明するのか。
 『午後の紅茶』を生産販売するキリンビバレッジのお客様相談室に、「遺伝子組み換えの成分を使っているのでは?」と問い合わせると、最初は否定。そこで異性化糖の原料であるコーンスターチに、遺伝子組み換えのトウモロコシが使われているのでは?と突っ込むと、「異性化糖の材料に遺伝子組み換えの作物を使うのは食品衛生法で禁止されているので使っていない」とまで言う。おかしい。

 そこで、「食品衛生法の何条ですか?」と尋ねると、「それは間違いでした、すみません。本当は.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



上:明治製菓のミルクチョコレートの原材料名を見るとレシチン(大豆由来)とある。これは、ほぼ遺伝子組み換え作物を原料としている。
下:日本で「遺伝子組み換え」の表示ラベルは殆ど見かけない。「不分別」という表示でさえイオンやCOOPなど環境に配慮した正直な企業だけである

 

EUでは「遺伝子組み換え原料」の使われている全ての原料を表示義務としている
グリーンピースが発行する「トゥルーフードガイド」は遺伝子組み換え食品が分かる。なんと無料で手に入る
関連記事
記者コメント
本文:全約9600字のうち約8400字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「食の安全」トップページへ

アクセス数 114232 続報望むポイント
480
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
masai  18:19 12/20 2015
会員
カールは濡れ衣でしょう。コーンは組み換えでないから、「植物油脂」のほうに使っているとエクセルで断言しているが、憶測でしょ? これの「植物油脂」は、組み換えでないおそれのあるコーン油や大豆油、ナタネ油は使っていないはず。安くて酸化しにくいパーム油でしょうから遺伝子組み換えの心配はない。
多部  10:33 02/13 2014
いやいや、異性化糖に限って言えば原料の段階で精製されているので遺伝子組換えは関係ないでしょう。純度が高くなければ原材料の糖としては売り物になりませんから。子どもに対しては、むしろ虫歯や依存性など糖自体の悪影響を心配した方がいいと思います。
PeoPeo  09:47 06/18 2013
かなかなさんこそなんなんですか?いきなり話に入ってこないでください。
かなかな  02:57 06/09 2013
これをみると大手のお菓子はほとんどダメかとおもってしまう。かといって個人でやっているところも知らず知らずに使ってしまっているだろう・・・。ほんと子供達のたべるものがなくなってきてしまったなあ。
ママさん  23:52 04/29 2013
 なるべく安全な食べ物を、とは思うものの、添加物、遺伝子組み換え、放射能と考えると、どんどん高価になってしまう。 できる範囲でやるしかないんだろうけど・・・・つらい。
大阪のおかん  12:03 02/11 2013
初めまして♪ 私ペンデュラム(ダウンジング)であらゆるもののエネルギーを調べてまして、 この前丁度非遺伝子組換えと遺伝子組換えの成長過程を調べました。 そしたら、エネルギー的には全然違うので、私はあえて食べるものではないと感じてます。遺伝子組換えは調べた限りエネルギー的にはNOです。
ケロ太  12:18 10/31 2012
カールのパッケージに「遺伝子組み換えコーンが混じらないよう、栽培から火口までの各工程で分別管理がされたコーンを使用しています。」と記載されているのに、これは一体どういうことなのでしょう? 何を信じればよいのかわかりません。