MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「読売1千万部は嘘」自社紙面で反論できず高額訴訟起こす読売 『週刊新潮』報道で
読売が名誉毀損で訴えてきた『週刊新潮』(09年6月11日)の記事。請求額は約5500万円と高額だ。

 『週刊新潮』に掲載された「押し紙」、つまり新聞の部数偽装を調査報道した記事が名誉毀損にあたるとして、読売が2009年7月に執筆者と発行元を訴えた裁判が、クライマックスに近づいている。執筆者の黒薮哲哉氏と新潮社に対して計約5500万円の損害賠償支払いを求めたものだ。読売は「押し紙」の存在を全面的に否定しているが、新潮社側は、かなりの証拠を提出している。読売が「押し紙」を否定する根拠はいったい何なのか。なぜ1千万部の部数を有していながら、紙上で『週刊新潮』の報道を検証せずに高額訴訟を吹っかけるのか。当事者である黒薮氏が報告する。

【Digest】
◇部数至上主義と「押し紙」
◇「押し紙」は一切存在しない?
◇「残紙」という揚げ足取り
◇「押し紙」率50%のYCも
◇編集部による調査報道
◇コンテナ型のトラックも活躍
◇読売はみずから実配部数の公表を

 読売新聞社(東京・大阪・西部の3社)が1年前に新潮社とわたしに対して起こした名誉毀損裁判は、新しい段階に入る。まもなく2人の編集者とわたしの筆による計3通の陳述書が提出され、早ければ秋にも証拠調べが行われる見通しだ。

 この裁判は『週刊新潮』(09年6月11日)に掲載されたわたしの署名記事「『新聞業界』最大のタブー『押し紙』を斬る!」に対して、読売が総額で約5500万円の支払いと、謝罪広告の掲載を求めたものである。読売が作文した謝罪広告の全文は、はからずも読売の主張を的確に表している。

 ただ、広告文そのものはだらだとして、簡潔さに欠けた箸にも棒にもかからない駄文である。「その発行する『週刊新潮』」といったおかしな表現も見受けられる。

 このような文章に司法をバックに署名を求めること自体、言論表現の自由に対する挑戦にほかならない。

 黒薮哲哉は、貴社らが発行する「読売新聞」のうち約30~40%は「押し紙」であって、実際には読者に配達されず、これによって貴社らは年間約360億円もの不正な収入を得たものであり、これ以外にも広告収入を不正に取得したとの記述を含む記事を執筆し、

新潮社は、この記事を、その発行する『週刊新潮』2009年6月11日号に「『新聞業界』最大のタブー『押し紙』を斬る!」との見出しで掲載しましたが、同記事中で述べられた上記記述は全く事実の裏づけのないものであり、この記述は明らかに誤りでした。

 上記のような誤まった記事を掲載し、貴社らの名誉を棄損したことについては、誠に申し訳ありません。

 ここに上記記事を取り消すとともに、貴社らに対して喪心よりお詫び申し上げます。


裁判所に提出した「押し紙」(読売は、「残紙」と呼んでいる)の証拠。読売の販売会社ユースの店舗・YC三鷹西部から、「押し紙」を回収する場面。コンテナ型のトラックが使用され、新聞は公衆の目にはふれない。
 みずからを「高い倫理を保持すると共に、社会的にも高い評価を得ている」(訴状より)と自負しているがゆえに、「押し紙」報道が許せなかったようだ。渡邉恒雄主筆がメディアから政界フィクサーの汚名を着せられても、提訴しない読売であるが、「押し紙」問題を指摘されると、たちまち激しいリアクションを起こす。それだけ気にかかるテーマなのだろう。

 ちなみにこの裁判読売側の代理人を務めているのは、自由人権協会・代表理事で「人権派」の 喜田村洋一弁護士 ら2名である。喜田村氏は、司法命令を踏み倒すなど読売の言動が論議を呼んでいる真村事件 でも、読売の代理人を務めている。もちろん読売に「押し紙」は、存在しないと主張してきた。

 「押し紙」を全面否定する読売の論理とは、どのようなものなのだろうか?

参考:真村裁判の 福岡高裁判決の全文。 読売による優越的地位の濫用を認定している。)

◇部数至上主義と「押し紙」
 .....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「北田資料」が示す読売新聞鶴舞直売所の「押し紙」の実態。1977年~81年。
北田資料を取り上げた国会質問。1982年3月。

関連記事
記者コメント
本文:全約7,600字のうち約6,000字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「まだ新聞読んでるの?」トップページへ

アクセス数 6422 続報望むポイント
791
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
何とか研究員  21:31 11/25 2010
まさかこれほどまで永く権力にしがみつくとは思いませんでした。読売新聞が「広告新聞」になり下がってしまった最大の原因だと思います。今の読売は新聞としての価値はありません。
ak  12:54 11/25 2010
駒沢大の何とか研究員の人でしょ。現役時か退職してすぐに言わないと、単なる勝ち言い逃げ。新聞社は増税宣伝機関で信用無し!
ゴンベー  23:07 11/24 2010
ナベツネと氏家の真近かで長年接してきた日テレの元政治部長が、今教えている大学で、多くの学生がナベツネなどを「なんであんな奴らがいつまでも最高権力を握り続けているんだ!早く後進に座をゆずれ!」と批判していると報じている。ほとんどの国民も同感だろう。
kakasidesu  08:52 11/24 2010
もう読売はつぶれればいい。   これまでの読売の姿勢に失望と同時にあきれた
「相談」へアドバイス  00:12 10/11 2010
30年間(昨年まで)読売の所長をやった経験から言うと、副業なんか考えるより、「すっぱり辞めて次の仕事を考えたほうが」いい。
田代裕治  23:10 10/06 2010
山形県警天童署は6日、アイドルのDVDを複製して販売したとして「読売新聞セールススタッフ、斎藤圭一・東京都葛飾区東新小岩」を著作権法違反の容疑で逮捕した。読売らしく。 何か読売拡張員の置かれている状況がわかります。東京東部、千葉県西部でも、読売拡張員は過去の読売の読者を主にしか拡張出来ていません。(費用が無い為)。また販売店に来る押し紙回収トラックは、押し紙でまさに「鈴なり」です。
相談  01:32 10/02 2010
副業を考えているのですが何かやっている方いますか。アドバイスお願いします。