MyNewsJapanとは  
 
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
言論弾圧訴訟(SLAPP)
 2006年12月、オリコンが、週刊誌にコメントを寄せたジャーナリスト烏賀陽氏個人に対し、5千万円という高額を請求する訴訟を起こした。武富士と同じ手口であり、カネの力によって言論の自由を封じる行為であり、訴訟権乱用の疑いが強い。

 だが、音楽業界誌はもちろん、マスコミはこの重要な問題を伝えない。ジャーナリズムメディアであるMyNewsJapanは、この「オリコンうがや訴訟」を最期まで詳細に伝えた。裁判はオリコンが地裁で勝ったものの高裁で「請求放棄」に転じ、自ら起こした裁判から逃げ出す形で終結、ジャーナリスト側が勝った。

 とはいえジャーナリストの33か月という失われた時間は戻らない。恫喝訴訟を防ぐことができない日本の裁判制度の穴が、浮き彫りとなった。この問題は、引き続き報道していく。

※「大企業によるメディアや個人への恫喝訴訟事例」を大募集しております。
  Email:info@mynewsjapan.com

【うがやテレビへ】

ボクシング亀田兄弟が起こした名誉毀損裁判でフリージャーナリストに300万円の賠償――ほぼ同内容『東スポ』記事は問題ナシの判決

Tinyreportsimg_j20160529061523  ボクシングの元世界チャンピオン・亀田兄弟(興毅・和毅)がタレントの北村春男弁護士を代理人としてフリージャーナリスト・片岡亮氏に対して2,000万円の金銭支払いなどを請求した名誉毀損裁判で、2016年1月27日、東京地裁の中吉徹郎裁判長は、300万円の支払いを命じた(控訴せず確定)。それから3カ月、筆者が、敗訴した片岡氏をはじめ本件を取材したところ、曖昧な名誉毀損の認定基準が改めて浮かび上がった。片岡氏がブログで取り上げた事件は、『東スポ』も取り上げていた。両者の内容はほとんど同じだが、なぜか片岡氏のブログだけが名誉毀損にあたり、『東スポ』の記事は名誉毀損には該当しない、という判断が裁判所で下った。『東スポ』記事には、「JBC職員に密室で怒声」「(亀田側が)報道陣を退去させて“密室状態”にすると」「部屋の外まで聞こえるような大声で会話しており、穏便なものではなかった」などの表現がある。一方、片岡氏は『東スポ』と同じ内容を、簡潔に「監禁」「恫喝」などと表現した。名誉毀損裁判とは何なのか?その、いいかげんな「机上の論理」の実態に迫る。(判決文はPDFダウンロード可)(05/29 2016)

*

「東進」ナガセは、ワタミ・ゼンショー・ドンキを上回るブラックな対応でした――就活生への「若者雇用促進法」に基づく情報開示で、離職率等を隠匿

Tinyreportsimg_j20160410223415  いわゆるブラック企業の疑いが強い5社に対して、就活生が「若者雇用促進法」にもとづき職場情報の開示請求をしたところ、ドンキはいち早くメールで、ワタミは電話で、ゼンショーも対面で、いずれも全開示と、意外にもホワイトぶりを見せた。この3社は、ブラック批判を受け改善に努めている様子が伝わり、好印象を持った。一方、ユニクロを展開するファーストリテイリングは、不自然なほど社内確認に時間をかけ、結局こちらの質問項目には答えず隠ぺい体質を見せた。最悪な対応だったのがナガセで、情報開示制度が3月1日付で施行されているにも関わらず、3月半ばを過ぎても「準備中」と答えるなど法令順守の意志すら見せず。結局、求めた情報は全く出さず、ブラックな対応に終始した。この2社は、法令が定める努力義務に対して全く「努力」を見せず、新たな情報は何一つ開示しなかった。離職率などを隠したまま若者を騙して入社させ、過酷な労働で使い捨てていくつもりだろうか?ナガセとユニクロのコンプライアンス意識の欠落ぶり、そして若者雇用促進法の問題点について報告する。(04/10 2016)

*

生活者/消費者/有権者 の企画
Projectimage_h1181641113034
読者コメント
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項

日経元部長訴訟  09:29 09/22 2011
会員
日本経済新聞社が、同社元部長・大塚将司さんの著書で名誉を傷つけられたとして3千万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(寺田逸郎裁判長)は、大塚元部長の上告を受理しない決定をした。20日付。200万円の賠償を大塚元部長に命じた一、二審判決が確定した。問題とされた著書は、「新聞の時代錯誤」(2007年、東洋経済新報社)と「日経新聞の黒い霧」(05年、講談社)の2冊。(2011.9.21)
ブログコメに賠償命令  09:28 09/22 2011
会員
「デフレの正体」の著者として知られる日本政策投資銀行参事役・藻谷浩介さん(47)によるブログへのコメントで名誉を傷つけられたとして、札幌市厚別区の男性が慰謝料60万円を求めた訴訟の判決が21日、札幌地裁であった。石橋俊一裁判官は、藻谷さんに10万円の支払いを命じた。(2011.9.21)
A  00:24 07/02 2009
思想等がどのような立場であれこのような卑劣な言論弾圧を行う団体は厳しく指弾されるべきです。 明らかな訴訟権乱用です。本当の意味で訴訟を行う人達にも迷惑をかけていますから二重に許されない行為だ!!!
ksk  16:26 12/22 2008
このような事があってはいけません 昨日のTBSの報道の魂見ました 全くサイゾーとオリコンはばかげています
ハニュウ  01:25 12/22 2008
がんばれ!! うがやさん!! こんなこんな訴訟オカシイ。
田原聖子  16:56 12/11 2008
アイドル全盛時代時代にチャートはどうにでもなったよ(どうにでもしたよ)。連続何週TOP10入り や赤丸や連続何作品1位とか・・・
飛龍の拳  07:12 04/12 2008
週刊誌の「ORICON STYLE」なんか歌謡曲・演歌は 掲載禁止! J-POPを押し付けるその姿勢 初めっからデタラメの 方針は雑誌作りの恥だと 分かってんのか!?
オリコン元社員  16:56 04/08 2008
オリコンなんてもう終わりだよ。やってることがデタラメすぎる。
りゅうさん  23:03 02/06 2008
オリコンのネトゲランキングもムチャクチャでしたね。 いまだに、オリコンで何位とかつけてるゲームもあるけど ヘドがでる!
トーマス  07:20 06/16 2007
オリコンを糾弾するだけでなく、そのバックにいるはずのジャニーズも忘れずに。
かしこ  13:32 05/04 2007
サイゾーにも出てましたけど、裁判にすることで
多くの人に広まり、オリコンが損すると思うのですが、
村金  01:49 02/15 2007
完全な言論弾圧…。こんな事が許されていいわけありません。
烏賀陽さん、頑張ってください!!
ミリオン  01:21 02/09 2007
企業の個人攻撃、暴力的弾圧を許すな。オリコンのランキングはもう、信用しない。