MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
東進の合格実績はこうして創られる――東大合格者数は『鉄緑会』などで実力をつけた生徒でかさ上げ、それでも直営23校でゼロ・29校では1人だけしか受からない
鉄緑会メインの生徒を、合格実績かさ上げのため、特待生扱いにして無料受講させようと謀議している社内メール

「現状 鉄緑会のものがメインとなっており受講できていません。基本自宅での学習がメインとなっており、母親とのコンタクトでの対応となっています。本日、東大過去問についての問い合わせがあった次第です。(中略)20コマ受講に向けて過去問にて達成するとともに、課題の国語を中心に対策を行いたいと考えています」――。受験シーズン直前の2017年1月、東大合格実績を無理やり伸ばすべく、各校舎からナガセ本部には、特別な特待生申請が飛び交っていた。(※校舎別の東大合格数全内訳は記事末尾に掲載)

【Digest】
◇「ごり押し」で20コマやらせる号令
◇過半数は、管理が怪しい衛星校
◇続々と流出する有名講師、最新の入試に対応できない
◇志作文の是非

◇「ごり押し」で20コマやらせる号令
 20コマというのは、90分×20回のビデオ授業を受講させれば、有料/無料にかかわらず東進の合格実績にする、という社内基準を指す。過去問講座を無料で提供すればいけそうだから、売上は減るけど特待生にしてもよいか――と本部に許可を求めているのだ。

 映像授業20コマは、自宅から2コマ×10日で見終えることも可能なので、せいぜい2週間で受講完了できる量であるが、それで「講習生は含まず」「通期講座1講座分以上」などと、あたかも年間を通してじっくり東進で学んだかのような印象を与え「日本一の東大現役合格実績」(他社は現役の数字自体を非公表)などと言い切っているあたり、図々しいにもほどがあり、きわめて違法性(優良誤認の疑い)が強い広告である。

新高3の特待生申請を大山専務が了解している
 こうした“横取り”で創られた数字を読み解く力は、情弱(情報弱者)な子供と親にはない。実際には、90校余りの直営校舎のうち、23校では合格者ゼロ(1人も受からない)、29校では1人だけ。

 後述のとおり、合格実績は、運営がうまく、数字のかさ上げに熱心な、一部の校舎に偏っている。実際、冒頭メールの生徒を“在籍”に導いた校舎は、この年、ナガセで“東大合格数ナンバー1”の校舎となった。

東大受験・受講コマ不足者一覧
 この20コマ基準の是非をともかくとすれば、ナガセ社内を取材した限り、直営校(90校余)の東大合格者に関しては、ハイスクール本部が形式的に20コマ基準を真面目に管理しており、8割がた嘘はないと考えてよいだろう(冒頭メールも、基準をクリアしたいからこそ、である)。

 なぜかというと、ナガセでは、この前年11月の時点で「東大志望者の20コマ未満生徒」を校舎別に計59人リストアップし、「ごり押しでもなんでもやらせる」等の文言で、上層部から15人いるブロック長に対して号令がかけられており、結果的に惜しくも20コマに足らなかった生徒数(2017年は14人)まで、東大の受験番号含め、把握しているからだ(右上画像参照)。

 『東大特進コース』(東大に特化したコースで、東進ハイスクール校舎とは全く別の運営)を利用した合格実績かさ上げ(受講料無料で模試の成績等が上位の生徒を在籍させる)も行われているが、通常校舎でも、特待生制度を利用して、それなりにクソ真面目な、「合格実績かさ上げ」が横行しているのが実態である。

◇過半数は、管理が怪しい衛星校
 こうして“制作”された東大の合格実績は、大きく見せるために、「725人」(2018年)など、全体の統計数値しか公表しないことになっている。親や生徒としては、「直営校と衛星校の違いは?」「この校舎ではどうなのか?」「東大特進ってどのくらい在籍者が受かってるのか?」「衛星校のほうの実績は?」といった、当然の疑問がある。以下、詳述しよう。

「東進」東大合格者数の内訳。衛星予備校が52%を占め、早稲田塾は2人だけ。最難関の理科三類には、全体で5人しか受かっていない。
 まず全体像(2017年、左記参照)としては、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



東進ハイスクールの校舎別東大合格者数・受からないランキング上位(2017年)
東進ハイスクールの校舎別合格実績ランキング(2017年高3生、指数化されたポイントで順位付けしたもの)。生徒としては、ダメ校舎は避けたいもの。

関連記事
記者コメント
本文:全約5200字のうち約3900字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「CMリテラシー」トップページへ
企画「言論弾圧訴訟(SLAPP)」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(会員ID進呈)

アクセス数 3738 続報望むポイント
9
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
参考情報  14:17 08/08 2018
会員
現社員  13:16 08/08 2018
私のところでは、20コマを受けたことにするために、大学生のアルバイト(担任助手)が代わりに映像を受講し、確認テストを受けさせています。
   02:20 08/07 2018
がっつり表沙汰にしてやりましたwww