MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
「予備校選びで、東進はやめたほうがいいです」東進ハイスクール元担任が語る7つの理由――第一志望に受からなすぎる、東大合格者は水増し、大学生に持論を展開される指導、3者面談までバイト…
インタビュイーの東進ハイスクールスタッフカード。生徒として通った年月を合わせると東進歴は5年に及び、現場の実情に詳しい。

 時給1千円程度の大学生バイトに対し、営業から生徒の指導、親との3者面談まで正社員と同様の仕事をやらせ、年70~100万円もの高額受講料をとる「東進ハイスクール」運営のナガセ。その成果は惨憺たるもので、映像授業にそれだけ払っても、第一志望校に合格する生徒が1割に満たない校舎が普通にあるという。今春には、売りにしていた看板講師陣とのトラブルなどで8名の講師が競合他社に一斉流出し、映像授業の質も低下。ますます東進を選ぶ理由はなくなった。担任助手、そして担任として、今春まで3年間にわたり勤務した元スタッフが、「自分に子供がいても、東進には入れません」と断言する理由を、自身の現場経験をもとに詳しく語った。

【Digest】
◇感覚的に「せいぜい2割弱」しか受からない
◇「サークルか?」東進の指導は大学生の持論に過ぎない
◇担任助手で一番多いのはMARCHの学生
◇東進にハマる子とハマらない子
◇「志望校どうしましょう?」3者面談も学生バイト
◇作文を親に見せて継続契約をとる
◇「他も検討してみて」はNGワード、生徒第一主義ではない
◇他塾に行ってたら「めちゃめちゃ成績上がったでしょ?」と煽る
◇校舎ごとの勧誘マニュアル「仲良くなる」「ここがヤバい」
◇3月末で生徒数が前年割れしていないこと、が重要
◇リーダーシップ教育も
◇校舎ごとの合格実績をオープンにしてはいけない
◇なぜか親がメガバンク勤務だと2割引き
◇ナガセは取材拒否

担任助手歴3年、担任も任されていたベテランバイトのインタビュイーAさん
 僕は、受験生時代も含め5年ほど東進ハイスクールに入り浸り、直近3年間は、担任助手、そして担任として、生徒を指導する側にいました。

 僕が身近な人に東進を勧めない理由は、まとめると7つあります。

 なお、野島博之先生や鎌田真彰先生など有名講師陣の大量流出による映像授業の質の低下は、僕が辞めた今春以降の話ですので、それを加えると8つになります。

 僕が現場の経験ベースでお話しできる7つについて、以下、順番に説明します。

1 とにかく第一志望に受からな過ぎる
2 東大合格数も誇大広告「目の前で1人も見たことない」
3 時給1千円の大学生が持論で指導してるだけ
4 指導する担任助手(学生バイト)は8割がたハズレ
5 志望校相談の3者面談まで学生バイトがやる
6 カネ儲けツールの“夢作文”「東進が言っていることは嘘」
7 生徒のためにならないカネ儲け主義の勧誘マニュアル
番外:社員も担任助手もブラック労働で生徒指導どころではない

■東進用語説明(※生徒60人程度の小規模校舎の場合)
講師:映像授業に出演している講師のこと(現代文の林修氏など)。画面を通しての関係となる。
担任:社員1人、学生バイト2人(シニアの担任助手が兼任)。月1の生徒面談で学習カリキュラム作成・修正。
担任助手:学生バイト6人(うち3人は「募集リーダー」「教務リーダー」「人材リーダー」)。1人で生徒10名程度を担当し、週1のグループミーティングで学習の進捗指導をする。
ホームルーム:月1~2か月に1回程度、大部屋に生徒を集め、社員または担任助手が全体スケジュールや季節の講習などイベントごとを、まとめて伝達。
グループミーティング:週1で約30分、担任助手が、生徒5人ほどとグループ面談。学習の進捗確認、連絡事項、模試申し込みの受付など。

1 とにかく第一志望に受からな過ぎる
◇感覚的に「せいぜい2割弱」しか受からない
 結論として、東進ハイスクールに通っても、第一志望の大学には、ほとんど受かりません。第一志望合格率は、僕がいた校舎では今春、1ケタ%、つまり1割に満たない数字でした。これは、生徒に受験する大学をすべて登録させて志望順位もつけさせる仕組み(社内では『合格設計図作成システム』『サポートシステム』と呼ぶ)なので、間違いないデータです。

 第一志望合格率の低さが、東進の一番イタいところだと思います。僕は、働き手として3年在籍するなかで、約30校舎に担任助手の友達がいて他校舎の話も聞いていますが、これは特異な例ではなく、感覚的に言って、全体でも10%台、高めな校舎で、せいぜい2割弱です。業界一の高い受講料を考えると、費用対効果が悪すぎます。

 本来、大学受験予備校なのだから、社内でも、第一志望の合格率を上げるよう競うべきだと思いますが、社内では、「売上」と、その元になる「在籍人数」ばかりを日々、追いかけています。つまり、教育事業のわりに、生徒本位ではなく、カネ儲け主義ということです。

 たとえばナガセは、東進ハイスクールの担任助手向けの全体研修会を年3回やっていて(春夏秋)、毎回1000人以上が「ベルサーチ新宿」に集まって成績のよい校舎を表彰していますが、そこで「第一志望合格率」によって校舎の順位が発表されたり、合格率の高い校舎が表彰対象になることはありません。公開授業の動員数やポスティングの枚数など、営業を頑張った校舎を中心に表彰されます。

 「向上得点」という、主に講座を修了することで上がる指標がありますが、これもたくさん講座を買わせれば上がるので、売上に連動します。社内で設定した得点がいくら上がっても、志望校に受からなければ生徒にとっては意味がないんです。

 生徒は第一志望の大学に合格するために来ているのですから、本来、合格実績をどれだけ出したか、を最優先に表彰すべきですが、僕が5年ほど見てきた限りでは、結局、売上第一主義で、生徒の合格は二の次なのだ、と感じています。

2 東大合格者数も誇大広告「目の前で1人も見たことない」
 第一志望合格率は、低すぎて公表できないのが実情だと感じていますが、それを補てんするためのPRツールが、「742人東大合格」という宣伝文句です。どの校舎にも貼り出していますが、実際には東進ハイスクールや東進衛星予備校の一般校舎に在籍していない人、つまり「東大特進コース」という特殊な短期講座(全国3~4校舎だけで開講)に、特待生で受講料を払わず在籍だけした人を多数含んでおり、一般校舎(全国に直営とFCで計1100校舎ほどもある)の実態を表していません。

 東進ハイスクールの校舎で東大受験について聞かれたら、「本社の東大特進コース担当者にでも聞いてみて下さい」と言うしかありませんでした。校舎では指導できませんし、何も情報がないからです。実際、東大合格者なんて目の前で1人も見たことがありません。742人とか言われても、「ホントなの?」「絶対700人もいないはずなんだよな」っていうのが、ほとんどの担任助手の感想だと思います。

 「東大特進コース」は、ナガセが社内で決めている高校ランクが「Sランク」「Aランク」(東大合格者をたくさん出している等で決まる)など上位で、かつ、その高校内の学年順位が上位だと、講座が無料になります。あとは、東進だけでなく、駿台・河合の模試で東大の合格判定が高いと、無料になります。(例:志望校が東大で、駿台・河合の指定模試A判定=4講座が無料、など)

これが、ナガセ社内で決めている「Sランク」の高校51校。東大京大合格者数などで決めているらしい。高校内の同学年順位なども加味して、東大特進コースへの優待度合が決まる。巣鴨高校など4校が最近、Sに格上げされたことがわかる。
 つまり、①進学校でもともと成績がよくて東大に受かりそうな生徒、②他の予備校で実力をつけた受かりそうな生徒を、特殊な「東大特進コース」(99%の校舎では関係ありません)に、特待生としてほとんど無料で在籍させて合格者を“横取り”し、数字を水増ししています。

 その他塾(駿台・河合など)在籍者は、東進で学力を伸ばして東大に受かっているわけでは、決してない。つまり、誇大広告です。

 実際、僕が在籍していた直営の東進ハイスクール校舎では今春、東大合格者ゼロでした.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



難関大合格者たちの学習スケジュール。これが東進が提唱する「勝利の方程式」。現実的には、これをどうやって成し遂げるか?が問題だが、そこが現場のバイト個人の持論に任されている。
時給1千円のバイトが持つ名刺。親との3者面談も行う。
同じく今春まで別の東進ハイスクール校舎に勤務していたBさんにも事実関係を確認

関連記事
記者コメント
本文:全約14700字のうち約11900字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「CMリテラシー」トップページへ
企画「言論弾圧訴訟(SLAPP)」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい(永久会員ID進呈)

アクセス数 49591 続報望むポイント
24
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
逮捕される講師  20:02 01/14 2020
会員
警視庁は2020年1月8日、大手予備校「東進ハイスクール」講師の板野博行容疑者(56)を強要未遂容疑で逮捕した。容疑を認めているという。板野容疑者は先月20日午後2時頃、東京都武蔵野市の路上で、元教え子の女性に対し「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと言って脅し、中絶手術を受けさせようとした疑い。
yossy  14:42 02/03 2019
そういえば、俺が所属していた校舎ではクレジットカードの支払い時に、機械から『暗証番号を、どうぞ』の音声が聞こえていたけど、カード所有者しか知りえないはずの暗証番号はどこから入手していたのだろう?
関連記事  22:04 08/14 2018
会員
ツチ族  21:24 03/14 2018
うちの学校のだと先生が東進には行くなって言ってましたね… 模試の合否判断もアテにできないから点数だけ見ろだとのことです
   16:20 08/27 2017
東進〇〇スクールには行くな、駿台河合に行け。って進学校の生徒は教わっているのでは?
   11:30 12/30 2016
かつて吉野敬介氏も指摘していたのだけど床屋みたいな感覚で予備校で勉強しても成績は上がらない。自ら何が出来ないのか出来るようにならないといけないかを意識して勉強しないと。第一志望に受からなすぎる、東大合格者は水増しは他予備校でもあるけど3者面談までバイトは酷い