MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
NTTドコモ基地局公害 住民が電磁波過敏症の被害訴え長距離「ウオーク」
ケータイ電話基地局。沖縄県那覇市にある沖縄セルラーのもの。(本文の内容とは関係ありません。)

 ある日突然、めまい、吐き気、頭痛、嘔吐、眼痛などの症状が現れたら、「電磁波過敏症」を疑ってみる必要がある。電磁波過敏症は、スウェーデンではすでに障害として認定され、患者には医療保険が適応されている。だが日本では、ほとんど認知すらされておらず、一部で住民とケータイ会社との間で訴訟が進んでいる段階。この問題に大半の人々が気づかない最大の理由は、巨大メディアが広告主に依存し、スポンサーに不利益になる報道をタブー視するためだ。その被害者の1人が、長野県伊那市でNTTドコモの電波に苦しむ塩田永さんである。

【Digest】
◇国策としてのユビキタス社会
◇1年で基地局が10万局増
◇子供が不眠症に
◇電磁波過敏症が花粉症なみに
◇メディアのタブー
◇「圏外」を求めるもうひとつの理由

 2010年の夏、塩田永さん一家は、伊那市から東京都千代田区永田町にあるNTTドコモの本社までの220キロを12日費やして歩き切った。猛暑の中の長距離「ウオーク」は、ある意味では無謀な計画だった。

伊那市内の基地局付近で見つかった奇形のタンポポ。写真は、『告発・電磁波公害』(松本建造著)より。松本氏は、朝日新聞記者。
 しかし、塩田さんたちは人々の目に見えるかたちで基地局問題の存在を知らせざるを得なかったのである。

 「この国ではケータイ電話を使うひとの権利は保証されていますが、使わない人の権利はないがしろにされています。使わない自由もあるのではないでしょうか」

 ケータイ電話の基地局からは、高周波の電磁波が放出されている。その結果、基地局の周辺に住んでいる住民は、ケータイ電話を所持していない人も電磁波を浴び続けることになる。それはちょうど受動喫煙の原理と同じだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



「放送タワー・携帯タワー周辺のガン疫学研究」のリスト。『健康を脅かす電磁波』(荻野晃也著)より引用。
塩田永さんが書いたNTTドコモ宛の請願書。

 

 

関連記事
記者コメント
本文:全約7,000字のうち約6,200字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい (無料)

企画「納税者の眼」トップページへ

アクセス数 5149 続報望むポイント
381
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
どうしよう  08:32 09/21 2010
身体にて電波予告。盗聴器を発見する機械が家中でなりっぱなし。身体の中からも。もしかすると基地局から500mぐらいのところに住んでいるかもしれない。危険を感じる・・・。
詳しい人へ  09:11 09/12 2010
電磁波「過敏」症なんだからいいんじゃないの? 内科でもなく外科でもなく心療内科に行けばいいと思うが。電磁気学的な話をこういう人にしても、たぶん通じないと思います。
ちょっとだけ詳しい人  01:31 09/11 2010
水俣病の時代とは科学の精度が違う。 距離の2乗でエネルギーが減衰する性質のある電磁気は携帯電話機のように0距離で作用するのであればリスクファクターとしてかんがえうるが、基地局からの電磁波被害は電磁気学的に考えてきわめて起こりにくい。 通常大気に含まれる放射線を気にして外出できないと言っているのと同じオーダーのありえなさ。
下記さんへ  03:50 09/09 2010
公害では、常に健康被害の事実が優先します。科学的根拠の解明をまっていたのでは、手遅れになります。それが水俣など過去の教訓ですよ。
ちょっとだけ詳しい人  01:27 09/09 2010
基地局と症状との化学的根拠を示さないと無意味。 健康食品と同じレベルのニセ科学に見えてしまう。
新城明美  01:27 09/04 2010
塩田さんの行動に接し自分がどうあるべきか毎日考えています ここで発信して頂いた事に感謝です。