MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
就職人気企業の6割が過労死基準超え 225社の36協定で判明 トップは大日本印刷の時間外1920時間
就職人気企業の年間時間外労働ランキング。時間数は36協定による上限。

 就職人気企業225社のうち60.8%にあたる137社が、国の過労死基準を超える時間外労働を命じることができる労使協定を締結していることが、労働局に対する文書開示請求によって明らかとなった。1年間で見た場合の時間外労働時間ワースト1は、大日本印刷(1920時間)、2位が任天堂(1600時間)、3位がソニーとニコン(1500時間)だった。労使一体となって社員を死ぬまで働かせる仕組みが、大半の企業でまかりとおっていることが改めてはっきりした。人気企業の時間外労働の上限が網羅的に明らかになったのは今回がはじめて。(225社の36協定締結書原文および一覧は、記事末尾よりエクセル・PDFダウンロード可)

【Digest】
◇時間外200時間 任天堂、IHI本社、住友不動産
◇時間外150時間前後 ソニー、NTT各社、日テレなど
◇時間外80時間以上 ユニクロ、富士通、三井住友海上など
◇時間外45時間以下 コナミ、P&G、ミキハウスなど

 就職人気企業225社のうち60.8%にあたる137社が、国の過労死基準を超える時間外労働を命じることができる労使協定を締結していることが、労働局に対する文書開示請求から明らかになった。開示請求したのは、「時間外労働・休日労働に関する協定届」で、労働基準法36条に基づいて労使間で結ばれることから「36(サブロク)協定」と呼ばれる。

 対象は、2010年2月22日付けの日本経済新聞に掲載された就職人気企業ランキングに掲載された225社。昨年10月下旬、本社所在地の労働基準監督署に提出された協定を開示請求し、1月下旬までに全社分が開示された。

開示された36協定届の山。封筒に入れずに積み上がっているのが東京都内分。
 36協定による上限が、過労死の認定基準である「発症前1か月間におおむね100時間」または「発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間」を超える時間外労働が可能かどうかをチェックした。原則として本社の36協定を使用したが、1つの企業で1つの36協定しか出てこなかった場合は、本社であることの記載がなくても本社として扱った。また、本社が複数ある場合は、より長時間となる数字を採用した。

 その結果、時間外労働の上限を月100時間以上としているのが、ソニー、NTTドコモ、野村総研、三井物産など50社。トヨタ自動車、ファーストリテイリング、スクウェア・エニックス、ベネッセコーポレーションなど66社が、2カ月連続して80時間以上の時間外労働を可能としていた。このほか、3カ月単位で上限を定めている企業のうち、1カ月で100時間を超える可能性がある企業は、日本テレビ放送網、日立製作所、東京地下鉄、日産自動車、三菱東京UFJ銀行、本田技研工業など21社あった。

 開示請求では、人気企業225社のほか、過労死・過労自殺を出していたり、「ブラック企業」の噂のある会社など31社についても追加で請求した。年2000時間の時間外労働を可能としている住友不動産は、この31社に入る。

労働時間の上限
 1週間1カ月1年
法定内40時間  
協定延長15時間45時間360時間
特別延長無制限無制限無制限
協定延長:平成10年労働省告示154号により時間外労働の限度とされた水準。特別条項を定めなければ、これを超えることができない。特別延長:特別協定を付けることによって可能になる時間外労働。国が定めた上限はなく、労使の合意で無制限に設定できる。
労働基準法32条で、労働時間の上限は原則として1日8時間、1週間40時間と定められているが、36協定を締結することにより、会社はこの法定労働時間を超えて残業を命じることができる。しかし、36協定がある場合でも、時間外労働は1カ月45時間、1年で360時間を限度とする基準(平成10年労働省告示154号)があるものの、納期の逼迫など特別な事情が生じたときに備えて、「特別条項」というより長時間の限度を36協定に付けることができる。特別条項で定められる時間外労働には上限がなく、かつ、1年間に最大6カ月も使えてしまう。
時間外労働の上限一覧表(1)背景がオレンジ色の企業が過労死基準を超えている。

◇時間外200時間 任天堂、IHI本社、住友不動産
 225社のうち最悪クラスの協定を締結していたうちの1社が、任天堂(京都府京都市南区上鳥羽鉾立町)だった。任天堂の上限時間は2種類あり.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



時間外労働の上限一覧表(2)背景がオレンジ色の企業が過労死基準を超えている。

 

時間外労働の上限一覧表(3)背景がオレンジ色の企業が過労死基準を超えている。

関連記事
記者コメント
本文:全約5200字のうち約3700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。

アクセス数 84680 続報望むポイント
398
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
ちゃりー  02:29 03/16 2015
上限決めたって「残業つけるな」で終わりよ。過労死するほど残業させてもきちんと残業代払ってたら会社だって痛いんじゃないの?払わないから痛くない、だから改善されないんだわ。それに労働基準法違反の摘発も甘い。ホントにきちんと守ってる企業なんか1000分の1ぐらいじゃないの?「手が回らない」って労基が言ってたけど、それだけ無法地帯なんだよね。
匿名希望  18:55 06/22 2014
病気になったら会社は治してくれますか?連合や労働組合が建前だけではなく助けてくれますか?労働行政は相談件数の公表や話し合いの斡旋以外で役立ちますか?過労死を防ぐためには、これらの疑問をじっくり自問して考えてみることが大切なのではないでしょうか。労働専門の弁護士さんに無料で相談できる機会や場所がもっとたくさんあれば良いんですけどね。健康第一ですよ。
ぱね  21:31 06/16 2014
終電終わるまで働いて、タクシー自腹で帰宅。長時間労働の奴隷状態。翌日の始業までの休息を保障してください。(一日の労働時間の上限を制限せよ)
田中  00:49 04/12 2014
ベネッセコーポレーションは、CMイメージと中身の実態はまったく違う。何人も精神的肉体的に壊れて休職退職していくし、残業は実質ごまかしてつけるしかない(評価に響く)。パワハラも、本人たちは意識せずかけてくるし、会社としていつまで隠しとおせるんだろう?と思う。
山崎  14:13 12/15 2012
社畜って仕事熱心なようだが、実は家庭から逃げてるだけの無能。他に居場所がないから仕事場にしゃべりに来てる。趣味もパチンコか下らないゲーム。ダラダラ仕事場にいればいいって風潮の押しつけが、国民の生活を破壊して、単身や 少子化を増やした戦犯
せぶん  06:58 07/20 2012
過労死ライン越え・サービス残業の企業には、罰金を億単位で徴収!わかっててやってる分、交通事故の何十倍も悪い。命がけで皆働いているのに、ふざけんなと。時間外45時間以上認めないよう協定をなおしたら?死ぬまで働かせるなんて奴隷じゃないんだ!
太郞  14:07 03/28 2012
協定で何時間と定まっているかではなく、ちゃんと残業分の金が支払われているかの方が問題。支払っている限りコストの面から残業が抑制される。