MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
コカコーラ配送「日東フルライン」で新入社員が過労自殺 猛暑、パワハラ、無理なノルマ…
配送員が気付いたことを書く日報。写真は「しんどいです」「暑いのできついです」と書かれた7月14日の部分。Fさんとは別の社員2名による書き込みだが、同様のコメントはほかにも見られる。

 どこにでもあるコカコーラの自動販売機だが、そのコーラ専門の配送会社「日東フルライン」で08年夏、若手社員が過労自殺し労災認定を受けていた事実は、ほとんど知られていない。自殺したのは、入社わずか4カ月目の配送員Fさん(当時27歳)。亡くなる前の月にあたる7月、大阪市はひどい猛暑で、自販機は売切れが続出していた。Fさんの父によれば、同僚全員が疲労困憊していくなかで新人への支援はなく、長時間の肉体労働、月100時間の残業、神経を使うトラックの運転、パワハラとも言える暴言、達成不可能なノルマ、突然のエリア変更、雇用形態への強い疑念など、Fさんを自殺に追い込んだ現場の様子が次々と明らかになった。

【Digest】
◇時系列
◇猛暑 コカコーラ自販機は売切れ続出
◇3箱担ぎ階段も 7月だけで5万6000本入れる
◇達成できるわけがないノルマ
◇長時間の肉体労働にトラック運転 でも残業100時間
◇突然のエリア変更で研修がパーに
◇「倒れそうです」に「もっと早く来い」
◇正社員じゃなかった!?

 Fさんの死亡は10年6月に労災認定されたが、所属会社の日東フルラインは、会社には一切責任がないという立場を崩していない。遺族は11年9月、慰謝料や損害賠償の支払いを求めて日東フルラインを提訴、大阪地方裁判所で審理がはじまっている。

◇時系列
2008年04月15日Fさんが日東フルラインに入社
2008年08月02日Fさん死亡(27歳)
2009年04月13日遺族が大阪西労働基準監督署に労災申請
2010年06月03日大阪西労働基準監督署が労災認定
2011年06月13日遺族が日東フルラインに賠償を求める通知
2011年07月11日日東フルラインが上記請求を拒否
2011年09月07日日東フルラインを相手取り遺族が大阪地裁に損害賠償請求訴訟を提訴。裁判継続中。

◇猛暑 コカコーラ自販機は売切れ続出
 2008年7月の大阪は暑かった。気象庁のデータによると、大阪市の最高気温は29日間で30度を上回り、うち5日は35度を超え、最高気温の平均は33.3度に達した。30度を下回ったのはわずか2日。7月19日から28日にかけては連日34〜36度に達し、コカコーラの自動販売機は売り切れが続出していた。

 コカコーラの配送員が気づいたことを記す日報でも、「売れすぎです」「全体的によく売れてます」「売切れ多い」「売り切れが目立つと言われた」「急激な売り切れ」などのコメントが見られ、販売が絶好調であることを示していた。

 その一方で配送員の身体には相当な負担がかかり、複数の社員が、「きついです」「きついです」「きついです」「キツイです」「キツイです」「しんどい」「しんどいです」「体調管理したいです」「まじで無理」「無理です」「倒れそうです」などと日報に書いている。月末の31日、マネージャーが日報の欄外で「7月本当に大変な状況でした」と書くほどだ。

 これらのコメントのうち、「倒れそうです」と書いたのは入社4カ月目の男性Fさん(当時27歳)。7月26日のコメントだ。それから1週間後の8月2日朝、自宅で自殺した。出勤のスーツに着替える途中の姿だった。

◇3箱担ぎ階段も 7月だけで5万6000本入れる
大阪市内でインタビューに応じるFさんの父。

 

 就職氷河期のさなか、大学卒業後にアルバイトを続けていたFさんがやっとの思いで正社員になれた会社が、コカコーラの配送を専門とする日東フルライン(本社=大阪市)だった。

 資料によって記載は異なるが、従業員数は400人から450人。当時の会社案内の資料では、事業目的に「コカ・コーラボトラー社が取り扱っている商品の物流を専門的に配送・運営し、事業の拡大を図ること」とある。

 社名で検索をしてもウェブサイトは見当たらないが、求人情報は膨大な数が出ている。当時の紙の会社案内には出ていないが、現在は「コカ・コーラウエストグループの一員」との表記から、資本関係はなく、コカコーラボトラーより配送等を請け負う「指定会社」という位置づけだ。

 Fさんら配送員のおもな仕事は、大阪市内にある営業所からトラックでコカコーラの自販機を回り、ドリンクを補充したり、釣り銭の補充や自販機のトラブルに対応したりすること。積み荷を降ろしたり、エレベーターのない建物では1箱7キロほどあるドリンクを3箱担いで階段で上がるなど、体力勝負の仕事である。

 「むこうはヨダレがでるぐらい嬉しかったと思いますよ。まじめで体格がいい、そういう奴が欲しいわけや。息子が面接から帰って来て嬉しそうにね、『コカコーラの正社員にやっとなれたわ』なんていうもんだから、よかったなあと。ほんとにアホな話だな……」

 Fさんが7月に受け持っていた自販機は100台以上あり、1日に回るのはこのうち15台程度。1日25台程度と言われるベテラン配送員のノルマよりは少ないが、新人だからといって道路沿いに設置されている自販機ばかりでなく、半数近くは工場やオフィスなどの敷地内の自販機だ。なかには台車の使用が制限されているところもある。

 父はFさんの死後、会社から入手した資料をもとに、Fさんの配送先を実際に回ってみた。3階建てのゴルフセンターにはエレベーターがなかった。やはり3階建てでエレベーターのない会社もあった。迷路のようになっていて自販機までたどり着くのが一苦労という建物もあった。

 「そういうところが結構あってね。それなのに会社は、『1日15台、店頭以外は行かせてません』って.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



08年のFさんの手帳。前月に続いて、7月前半も何をいくらで買ったのか細かく記録されているが、7月半ばを過ぎると記録が水ばかりになる。遺族提供。
Fさんのタイムカード。遺族提供。

 

Fさんが使っていた道路地図。赤ペンで配送先のメモが書き込まれている。
08年のFさんの手帳。入社からずっと続いていた勤務時間の記録は、7月11日からはまったく書かれなくなる。遺族提供。

関連記事
記者コメント
社員区分に「契約社員」と記された書類をアップし、リンクをはりました。(2011/12/28:23時)
本文:全約6900字のうち約5000字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「ココで働け! “企業ミシュラン”」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 25447 続報望むポイント
53
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
6千万円で和解  05:28 12/26 2013
会員
清涼飲料運送会社「日東フルライン」の社員だった兵庫県尼崎市の男性(当時27)が自殺したのは過労が原因だとして両親が会社に計約8200万円の損害賠償を求めた訴訟が、2013年12月25日、大阪地裁(相沢真木裁判長)で和解した。会社側が過労自殺と認めて謝罪し、解決金6千万円を支払う内容で合意した。
   01:12 12/26 2013
追記として・・ちなみにこのNHK大阪の報道でも日東フルラインの社名をニュース上で出している。マイニュースジャパンがきちんと社名を出した事で世の中が変わった。
   01:09 12/26 2013
2013年【平成25年)12月25日(水)のNHK大阪のニュースにて両親が訴えていた裁判で和解成立との報道。両親の弁護士によりますと、会社が、法律で定められた協定を結ばずに時間外労働をさせ、最低賃金を下回る賃金しか支払っていなかったことなどを謝罪し、再発防止策をまとめて、すべての従業員に周知するほか解決金として6000万円を支払う内容だということです。
    20:28 02/15 2013
今日(2013年、平成25年)2月15日の朝日新聞朝刊の29面にこの記事とほぼ同じ内容の記事が掲載されています。日東フルラインの名前も出ています。後追い記事が出ることでこの事件が忘れられないように祈りたい。
元気になあれ  19:52 12/14 2012
息子も同じ会社に就職してうつ病になりました。サービス残業で毎日帰宅は11時。体力には自信がありましたが、さすがに毎日だときついと。いまどきタイムカードは手書き。その意味は本当の残業時間を残さなないため。なぜほかの社員は何も言わないのか?休みは周2日正月もGWもなし。だんだん話もしなくなり、会社も家庭もどうしていいかわからないと離婚寸前です。あんなに家族仲が良かったのに。元気だった息子を返して。
筆者・佐藤裕一  02:59 01/02 2012
会員
さすがマイニュースジャパンというか、これがふつうだと思ってる。みんなそうなんじゃないの!?
編集長・渡邉  23:07 12/28 2011
会員
新聞・テレビは、みんな広告スポンサー(またはその候補)を匿名にすることで事実が隠匿されるため、報道になっていないですね。まったくリアリティーがない。