MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
有名30社の「対価」、トリプルAの2つのパターン
 成果主義の人事・報酬制度が浸透しつつあるなか、大企業・有名企業の実質的な報酬水準や評価方法、雇用の安定度といった「労働の対価」は、どうなっているのか。我々は今回、主要企業の30歳前後の社員を、広報を通さず100人近く取材し、仕事内容や生活への影響とともにまとめた。対価の総合レーティングで高い順に並べたのが下記の表である。
  (これは『週刊現代』04/11/29号掲載の依頼原稿の原文です。編集方針や紙幅の制限により掲載記事とは大幅に内容が異なります)

〔Digest〕
 【報酬水準】3つの参入障壁とガチンコ成果主義
  ■参入障壁
   ◇法規制
   ◇資本力
   ◇ネットワーク力
  ■ガチンコ成果主義
   ◇アップ・オア・アウトの完全成果主義で高報酬を維持
   ◇低位に甘んじるメーカー
 【格差】空手形のリスク
 【報酬決定方法】横並びで「目標管理」の導入進む
   ◇納得性が高いパターン
   ◇納得性が低いパターン
 【雇用】大手メーカーで不安定さ増す


【報酬水準】3つの参入障壁とガチンコ成果主義
 報酬水準については、様々なメディアが企業の給与や年収、ボーナスの特集を掲載しているが、およそ半分は嘘であることが分かった。企業側の「大本営発表」に頼っているのだから当然である。特に巨大広告主やマスコミ企業自身については手心を加える傾向が顕著に見られた。

 事実に即して分析した結果、「トリプルA」はテレビ局や大手商社を中心に8社あった。若い社員の高い報酬水準を維持できているパターンは、2つしかない。.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



関連記事
記者コメント
本文:全約7,200字のうち約6,900字が
会員登録をご希望の方は ここでご登録下さい

企画「ココで働け!」トップ頁へ
新着のお知らせをメールで受けたい方は ここでご登録下さい
アクセス数 34850 続報望むポイント
1377
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項