MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
歳末越冬救援キャンプを襲撃し、重傷の生活困窮者を厳寒の路上に叩き出した「福祉のまち」シブヤの野蛮行政
渋谷区宮下公園に開設された生活困窮者救援キャンプからボランティアや路上生活者を強引に追い出す渋谷区土木清掃部職員と警官隊。頭の骨にヒビが入った重傷者もいた(上はVJU撮影映像より。下は楡原民佳さん撮影。2013年12月29日深夜)。

 昨年末の12月29日深夜、渋谷区(桑原敏武区長)で、先進国の名を返上するような事件が起きた。同区宮下公園に支援ボランティアが開設した生活困窮者向けの救援キャンプに対し、土木清掃部職員(黒柳貴史部長)や渋谷警察署員多数が襲いかかり、たたき出したのだ。キャンプには頭蓋骨にひびが入る大けがを負った高齢の重傷者もいたが、黒柳部長率いる職員や警官隊は、「公園の管理権」と「警戒警備」を口実に問答無用で実力を行使し、毛布などの荷物も満足に取らせないまま厳寒の路上に放置した。人の命をなんと思っているのか――江戸時代の悪徳高利貸しも顔負けの非人道的な野蛮行政に非難の声が高まっている。

【Digest】
◇大マスコミが黙殺した救援キャンプ「襲撃」
◇別の公園に「避難」した避難キャンプ
◇寝込みを襲った警官隊
◇行政がサボっているから救援活動しているのに
◇「強制排除」ではありません
◇「警察が実力を使ったこともない」

◇大マスコミが黙殺した救援キャンプ「襲撃」
 昨年12月29日深夜10時半。渋谷区の宮下公園に開設されていた経済困窮者向けの救援キャンプに渋谷区職員と警官隊多数が襲い掛かり、支援者とともに避難者を寒空にたたき出した――この話を筆者が聞いたのは30日午後。新聞・テレビではなく口コミだった。ツイッターやブログ、インターネット中継で話題になっていると知人が教えてくれたのだ。

 VJU(ビデオジャーナリストユニオン)の撮影した動画がネット上に公開されていた。――深夜の公園で数十人の炊き出しボランティアや支援者と警官隊・職員が激しくもみあっている。「人殺し」「暴力反対」。怒号と悲鳴。とうとう警官隊はボランティアたちを公園の外に押し出し、周りを囲んだフェンスの門を力づくで閉じ、かぎをかける。

 大事件だ――映像を見て筆者は思った。「助け合い」の声が街角で聞かれる年の瀬に、路上生活者を救援しようとボランティアが設置した救援キャンプを暴力的にぶち壊す。しかも厳寒の深夜である。前代未聞の暴挙ではないか。

中米ニカラグアの首都マナグアで、貧民街を警官隊が取り壊した様子を伝えた写真(1993年、筆者撮影)。
 似た光景を見たことがあった。20年前、北半球の最貧国といわれていた中米ニカラグアでのことである。

 1993年、筆者はニカラグアを取材で訪れた。当時の同国は親米政権下にあった。社会主義国の支援を受けたサンディニスタ革命政権のオルテガ大統領が1990年の選挙で敗北、代わりに、親米チャモロ大統領が誕生した。貧困と内戦からの「変化」を望んだ国民の選択だった。結果、内戦は終わった。しかし貧困は相変わらずで格差が広がりつつあった。

 このような庶民の窮状を首都マナグア市で取材していた筆者は、ある朝、現地新聞の一面記事と写真に目を奪われた。ダンボールや廃材、トタンで作った貧民街の家々を警官隊が壊している様子が衝撃的なトーンで伝えられていた。

 現場に行くと、板切れやダンボール紙が散乱するなか、追い出された住民たちが鍋や食器などを拾い集めていた。地主の要請を受けて警官隊が追い払ったということだった。いったいどこに住めというのか、チャモロはやることがひどすぎる――悄然とした表情で住民たちは口々に嘆いた。

 貧者の拠り所を力で壊したという点で、宮下公園の事件はニカラグアと一緒だ。だが決定的な違いがあった。ニカラグアでは現地の新聞が大きく報道した。マナグアで知らない者はまずいなかっただろう。一方、宮下公園の事件は大マスコミが無視を決めこんだ.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



宮下公園から深夜追い出された救援キャンプのボランティアや避難者は、やむをえず近くの神宮通公園に移動した。厳しい冷え込みのなか、生活相談を行なう楡原民佳さん(上)。強制排除の一部始終を撮影したVJUの映像を鑑賞する路上生活者やボランティアたち(下)。
強制排除によって宮下公園から避難した神宮前公園。連日130人~140人が利用したという。
年明けの1月6日、救援キャンプの強制排除に抗議して、多くの支援者が渋谷区土木清掃部を訪れた。黒柳貴史部長は居留守を使って出てこようとしなかった。抗議する市民を監視する私服警察官(下)。
「福祉のまち」と渋谷区の区民憲章には書かれている。桑原敏武区長にコメントを求めたが回答はなかった(上)。渋谷区庁舎に向け、「強制排除」に対する抗議を行なう救援キャンプのボランティアたち(下)。

関連記事
記者コメント
動画を2本、末尾に追加した(2014/1/21)
本文:全約6900字のうち約5800字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 6171 続報望むポイント
33
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
anonymous  17:15 02/05 2014
みんな大好きな住民投票で、排除の是非を決めよう
三宅勝久  22:14 01/18 2014
会員
「襲撃」の映像です(VJU撮影・提供=救援キャンプで野外上映した際の様子)。 1宮下公園の越冬救援キャンプを「襲撃」する渋谷区職員と警視庁の警察官   http://www.mynewsjapan.com/static/extrapictures/Produce_6.wmv   2越冬救援キャンプ襲撃の現場責任者・黒柳貴史土木生活部長   http://www.mynewsjapan.com/static/extrapictures/Produce_7.wmv
通り風  17:03 01/18 2014
ホームレス問題を解消させたければ、生活保護・公的な住宅補助(公営住宅の増設、家賃補助、借り上げ住宅)・職業訓練など総合的な社会保障を展開しないと。 それにしても、この手の野蛮な行為が発生するようでは日本も中国や北朝鮮などの野蛮国を笑える器ではないわw
通り風  17:01 01/18 2014
地元住民からすればホームレス達に自分達の居住エリアの一部を無断で専有されたのでは堪らんだろうね。 ただし、セーフティーネットも用意しないまま、しかも真冬の時期に強制排除したのでは凍死者や餓死者を生みかねんし、強制排除されたホームレス達は別のエリアへ移動するだけだから、問題は堂々巡り。
三宅勝久  01:43 01/18 2014
会員
東京新聞が1月7日に報道。見落としていましたが、NHKは1月9日の「ふとんプロジェクト」紹介番組のなかで宮下公園の炊き出しに触れ、「立ち退きを迫られた」と報じています。http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_0109.htm
三宅勝久  00:24 01/18 2014
会員
渋谷区が用意した緊急宿泊施設はわずか1床(部屋ではありません)。しかも午後11時の門限つきでした。これでも何もなかった前年にくらべれば「1ミリ」前進だそうです。
anonymous  00:19 01/18 2014
ホームレス緊急一時宿泊施設とか入れば良いのに