MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
アメリカで働く(1) 宇宙という夢を叶えにカリフォルニアへ――NASA勤務28歳に聞くキャリアの系譜
高橋雄宇氏。火星探査機(Curiosity)の前にて。

 2014年の夏、アメリカに行ったら現地で知り合った日系アメリカ人に「君の夢は何?成功する為にアメリカに来たんじゃないの?」と聞かれた。彼が言うようにアメリカには「アメリカン・ドリーム」と呼ばれる夢を叶える土壌がある。世界中からアメリカン・ドリームを夢見てやってくるアメリカで、宇宙という大きな舞台で働く夢を叶えにやってきて、現在はNASAの研究施設に勤務する東京都出身の高橋雄宇氏(28歳)に、彼が住むロサンジェルス近郊の町パサデナで、これまでのキャリアについて、詳しく聞いた。ついでにロスで発行されている日本語のフリーペーパーで日本人向け求人情報をチェックすると、外回りの営業系で年俸1千万円超のものも見られ、アメリカの好景気を実感するのだった。

【Digest】
◇留学するなら目的を持って
◇アメリカの博士課程は、自分で研究費用を取ってくる
◇物質的な不自由はないがコロラド州ボルダーが懐かしい
◇週休2日で、働く時間は自分で選べる
◇チームで動くので、他の人とのコミュニケーションが大事
◇外人とアメリカ人は同等じゃない
◇誰かの真似ではなく、人類史上初めてのことをやってるやりがい
◇アメリカでは、何をやりたいかが重視される
◇アメリカの現地求人情報には年収1千万円超えも


 2014年9月、僕がアメリカのカリフォルニア州にあるスーパーマーケットで、現地の友人と買い物に行った際、レジに並ぶアメリカ人の多くが山のように買い物をして、クレジットカードで支払っていた。日本と違ってアメリカの景気は良い。これはカリフォルニアだけでなく、ニューヨークやコロラドでも感じた。

 そして、大量消費という生活スタイルを目の当たりに見た後、友人の車に乗って、スーパーの駐車場を出ようとすると、それぞれの出口に、それぞれ物乞いが座っている。貧富の差による格差社会・アメリカ。しかし、そのアメリカに、アメリカン・ドリームを叶えるためにやってくる人は後を絶たない。

 自身の宇宙への情熱を抑えきれず、宇宙事業というアメリカンドリームを実現しつつある日本人もいる。現在、NASAの研究施設である Jet Propulsion Laboratory(通称 JPL ) で働く、東京都出身の高橋雄宇(28歳)氏に、現在住んでいるロサンジェルス近郊の街パサデナで話を聞いた。

 高橋氏のアメリカへの道を時系列で年表に示すと、
・2004年度 ICU(国際キリスト教大学)高校を卒業
・2007年度 Embry Riddle Aeronautical University 航空宇宙工学(アリゾナ州)卒業
・2013年度 University of Colorado Boulder(博士課程)卒業
・2013年度  NASA Jet Propulsion LaboratoryにてNavigation Engineerとして勤務

【アメリカで働くにいたった経緯】
高橋氏(以下同じ) 「ICU (国際キリスト教大学)高校2年の終わりだったと思うのですが、NHK ニュースで、NASAのプロジェクト「Mars Exploration Rover を紹介したニュースを見たんです。僕の人生は、このアメリカ航空宇宙局(NASA)が火星探査計画の一環として『Spirit』と『Opportunity』というローバー2機を火星に着陸させたことをきっかけに、大きく変わるんです。

 NASAの研究施設は全米に10 箇所あるんですが、このローバーを設計し、火星までの衛星軌道を設計していたのが Jet Propulsion Laboratory (通称 J P L ) であることを知ったんです。

 この衛星が火星に着陸するまでのシミュレーション映像が滅茶苦茶格好良くて、“しびれた”んですよ。数学や物理を勉強すれば、いつかこういったことが自分にも出来るのかと、初めて学校で習う勉強と現実が結びついた瞬間でもありましたね。『これはヤバい!これこそ数学だ。そして数学、物理、化学、全て合わさった物が宇宙計画だ』と感じたのが、この瞬間でした。

 当時から僕は、物理や数学などが得意で、理系の学部に進学しようとは思っていたのですが、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



留学したEmbry Riddle Aeronautical Universityの前で
人生で最高の時期を過ごしたというコロラド州ボルダーのトレイルで
ロサンジェルスを中心にWeeklyで刊行されているフリーペーパー”LALALA”(左)とその求人案内欄(右)
LALALAに掲載されている水商売系の求人広告

関連記事
記者コメント
本文:全約10600字のうち約9200字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

アクセス数 3421 続報望むポイント
29
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
    23:10 12/06 2014
良い意味で凄すぎてなんだか現実感が無いな。