MyNewsJapanとは
書く・読む 記者 登録・変更

記事の出稿

情報提供

読者コメント

ランキング

メルマガ 登録・変更

お知らせ

HOME
会員ID :
パスワード:
会員登録・解除 お気に入り記事
マイニュース
出張中に「宴会で裸踊り」「フィリピンパブ」 隊員連続自死で判明した兵庫県警機動隊の退廃した幼児体質
在りし日の木戸大地さん。兵庫県警の警察官になって最初の職場は甲子園署地域課の交番勤務だった。やりがいを感じていたという。しかし機動隊に配属されて以降、悩むようになる。

 滋賀県警の19歳の巡査が巡査部長を射殺した事件が世間を騒がせているが、警察職場における精神衛生状態の劣悪さは滋賀県警だけの問題ではない。兵庫県警機動隊の独身寮で2015年秋、20歳代の若い隊員2人が相次いで自死した。どちらも鬱病に罹患していたとみられる。先に起きた山本翔巡査の事件に続いて、今回は、山本さんの1週間後に自死をはかった木戸大地巡査(享年24)の事件を報告する。出張中にもかかわらず、小隊長引率のもと小隊全員でフィリピンパブを含む飲み屋で頻繁に酒を飲み、宴会では部下に「裸踊り」をさせる。そんな退廃した隊の空気に大地さんは嫌悪感を持っていた。加えて遺書の記載からは、先輩から嫌がらせを受けていた疑いがあった。しかし警察は「パワハラ」を否定。納得できない遺族は国家賠償請求訴訟を起こし、真相究明に立ち上がった。

【Digest】
◇警備出張中に「裸踊り」の伝統
◇裸踊りの伝統
◇小隊長引率でフィリピンパブ
◇遺書に書かれた先輩の名前
◇カウンセリングのさなかに職権外の「尋問」
◇真相解明の鍵は「128人の調書」

◇警備出張中に「裸踊り」の伝統
 「クソッ、胸くそ悪い、腹が立って仕方がない!」

 「くそみたいな飲み会ぢゃったわ」

 「ほんま胸くそ悪い」

 これは、2014年10月13日火曜日の深夜10時半ごろ、兵庫県警機動隊員・木戸大地さん(階級は巡査)が、出張中の長崎から交際相手の女性に送ったラインのメッセージだ。

 大地さんはもうこの世にはいない。上のメッセージを書いてからちょうど1年後の2015年10月6日の昼、機動隊の独身寮「雄飛寮」(兵庫県北区芦屋)の自室で首をつって自死をはかった。蘇生治療が試みられたが、9日後に亡くなった。警察学校入校から6年、機動隊に配属されて3年目。24歳の若さだった。この寮の別の部屋では、つい1週間前に後輩隊員の山本翔さんが自死したばかりだった。

 〈自殺相次ぐ兵庫県警機動隊の陰険体質――「精神ボロボロ」の新人隊員を怒涛の「指導」攻撃で追い詰める〉

 息子が死に追いやられたのは先輩らのパワハラが原因でうつ病になったためだ――大地さんの父・木戸一仁さんら遺族はそう訴え、昨年10月、兵庫県を相手に国賠訴訟を起こした。現在、神戸地裁で審理が続いている。※

 ※平成30年(ワ)34号、原告代理人・市川守弘弁護士

 パワハラが疑われる理由と裁判の内容については後述するとして、冒頭で触れたラインのメッセージの件に戻りたい。

 「胸くそ悪い」という感情的なメッセージが意味するものはいったいなんだったのか。大地さんの死後、周囲の証言や警察の調査からわかったのは以下の事実である。

 2014年10月8日、大地さんは所属する機動隊第1中隊第1小隊のメンバーら20人態勢で、長崎に出張した。1週間の仕事が終わり、明日は神戸に引き揚げるという13日の夜、「打ち上げ」と称する宴会が開かれた。長崎県警機動隊の隊員もいっしょだった。その二次会が宿泊先の旅館の大部屋で催された。その場で大地さんは皆の前で「裸踊り」をしたという。「胸くそ悪い」の言葉は、この二次会の直後に発せられた。

 「胸くそ悪い」という表現をふつうに解釈すれば、裸踊りや飲み会がよほど嫌だったということだろう。本人の意思に反して「芸」をさせられたのではないか、遺族は警察に調査を求めた。

 はたして、兵庫県警監察官室が遺族のもとを訪ねて調査結果を報告したのは、大地さんの自死から2ヶ月後が過ぎた2015年12月だった。

 「木戸(大地)巡査が裸踊りをした事実はあったが、長崎県警機動隊との派遣先での親睦の中で、その場を盛り上げようとするための行為であり、一発芸の強要等はなかった」

 それが報告内容だった。裸踊りをやるよう強制した事実はなく、あくまで、本人が自主的にやった、嫌がっている様子はなかった。よって問題為はないというのだ。それでは「胸くそ悪い」をどう理解すればいいのか、予想外の結論に遺族は驚いた。

交番勤務時代の成績は悪くなかった。本部長から褒賞されたこともある。
◇裸踊りの伝統
 だいたい宴会での「裸踊り」など、民間の会社ならあり得ない話ではないか――

 自営業者として多くの企業や官公庁とつきあってきた実感から、一仁さんは率直にそう思った。忘年会や新年会でもない。出張中の警察官である。「一般人」の常識感覚なら宴会を開くこと自体が問題だ。それが、裸踊りまで容認する職場というのが信じられなかった。

 「裸踊りなど・・・たとえ若い隊員がやろうとしても上司がやめさせるのではないか。制止するんじゃないのか」

 報告にきた幹部警察官に、一仁さんは疑問をぶつけた。返ってきた言葉に、また愕然とする。

 「裸踊りっていうのは、.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。



兵庫県を相手取った国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論後の記者会見で、つらい心境を語る父・木戸一仁さん(2018年3月22日、神戸地裁)。
寮の部屋に残された大地さんのメモ。先輩隊員を名指しで非難しているようにみえる。
先輩から「カンニング」を認めるよう迫られて困惑する様子が記録された同僚とのラインのやり取り。「パワハラ」という言葉も使われている。
神戸地裁の法廷に向かう父・木戸一仁さんと代理人の市川守弘弁護士(2018年3月22日、神戸地裁)。

関連記事
記者コメント
本文:全約6300字のうち約4700字が
会員登録をご希望の方はここでご登録下さい

新着のお知らせをメールで受けたい方はここでご登録下さい(無料)

企画「その税金、無駄遣い、するな。」トップページへ
本企画趣旨に賛同いただき、取材協力いただけるかたは、info@mynewsjapan.comまでご連絡下さい。会員ID(1年分)進呈します。

アクセス数 2351 続報望むポイント
12
→ランキングを見る
続報望む
この記事について続報を望むかたは、以下の評価をお願いいたします。
続報を強く望む(100point〜) 強く望む(20point) 望む(3point)
(※今後の調査報道テーマ設定の優先順位付けにおいて重要な参考値となります)
読者による追加情報
お名前:
(会員の方はログインして書き込んで下さい)
コメント:
  注意事項
司法の独立は建て前  05:17 10/21 2018
【警察24時の裏】警察、検察、裁判所は腐っていることに気がついた黒木昭雄さんが見た残酷な日本司法の闇  警察、検察、裁判所という犯罪者達の饗宴 最高裁事務総局が裁判を徹底的に、統制管理 - YouTube/ 日本の総理大臣、各政党の正体 安倍総理が言ってる事とやってる事が真逆な理由 - YouTube(差別部落民の田布施村出身である為、日本も日本人も実は大嫌いと説明。)
司法の独立は建て前  05:15 10/21 2018
裁判においても、警察にせよ司法にせよ、表向きとは裏腹に企業等と癒着しており、不都合案件においては八百長紛いの判決しか基本的には出さないでしょう。 難しいと言われる国家賠償請求訴訟もその類に当たり、為政者側の仕組みをよく理解して協力を仰がなければ、せめてもの望んだ結果にすらならないと思います。 尚、政界においては、必ずしも一枚板ではないようです。森加計騒動は氷山の一角にしか過ぎないでしょう。
久しぶりの復活通読者  22:03 10/20 2018
その闇は歴史にまで遡り、人間という存在並びにその集合体たる社会が経て来た燦燦たる悲劇の積み重ねやその結果が今であるという、どうしようもなく残念な想いを抱くに至る次第であります。 願わくば、一歩ずつでも、出来得る限りに強力な改善がなされんことを祈ります。
久しぶりの復活通読者  22:02 10/20 2018
というよりも、大衆を洗脳するかの如くマスコミを使って、(主には警察発の)ニュースやTV番組を通じて大々的且つ大ぴらな工作活動を長らく続けて来ただけに、いい加減に一部の関係者以外の方々でも気付かないならば鈍いと言えそうな状況かと思われます。
久しぶりの復活通読者  22:01 10/20 2018
関係妄想や被害妄想ではなく、確かに集団ストーカー犯罪、その中でも最も質の悪い(日本一ヤバい)部類の共通被害者と言える気がします。 ちょうど本日から、NHKのTVドラマ「フェイクニュース」が放送されますが、政界内やその周辺ではお気付きになられている方もおられるようですね。
久しぶりの復活通読者  22:00 10/20 2018
元々地域柄が良いとは言えない面もありますが、隣の尼崎市でのJRの列車脱線事故や角田美代子被告による連続変死事件、それに加えて、全国を騒がす数々の事件やニュースには、一部のある筋絡みの政官財マスコミ他の癒着が匂う共通点がある風に伺われます。
久しぶりの復活通読者  21:59 10/20 2018
因みに、自殺の9割は間接も含めれば他殺であると主張する書籍もあります。 他にも、当該市内では、緘口令が敷かれた様子であるものの、某政治家の元政策秘書の方や別の政治家の母親が車内で練炭自殺していたり、怪しい変死事件等も発生しており、背後関係に何か繋がりがありそうな印象を受けます。